名古屋鉄道渥美線を訪ねて

廃止鉄道ノート東海  減速進行

 地区:愛知県田原市 区間:新豊橋〜黒川原20.8km 軌間:1067mm全線単線 動力:電気
  * 廃止区間は三河田原〜黒川原/2.8km

島崎藤村の「椰子の実」で知られる渥美半島。この地で地元資本により豊橋〜福江間の鉄道が計画されたが、実際に開業したのはやや中途半端な黒川原までとなってしまった。昭和に入ると、半島先端に位置する陸軍施設への輸送を目的に、国が主体となり福江までの延伸計画を復活させ、豊橋伊良湖線として用地買収から建設工事へと進んだ。渥美電鉄本体も国鉄が買収する計画だったが、実際には名古屋鉄道に合併するにとどまっている。ただその後の第二次世界大戦の戦局悪化にともなって延伸工事は中止となり、さらには先端部の一部廃止も実施されてしまった。


 略史

大正 13 (1924)- 1/ 22 渥美電鉄 開業
昭和 2 (1927)- 10/ 1   〃  新豊橋〜黒川原 全線開通
15 (1940)- 9/ 1 名古屋鉄道に合併 同社渥美線となる
19 (1944)- 6/    〃   三河田原〜黒川原 休止
29 (1954)- 10/ 1    〃   新豊橋〜三河田原 豊橋鉄道に譲渡
11/ 20    〃   三河田原〜黒川原 廃止

 路線図


 廃線跡現況

A B
93年9月 93年9月
終端部が廃止されたことにより終着駅となった三河田原(A参照)。ここから西に向って更に路線が延びていた。廃止後しばらくは未舗装のまま、沿線工場の構内道のような形で利用されていた(B参照)が、今はきれいに舗装され地元の生活道となっている。この道は緩く左カーブを描くと、清谷川にぶつかる。


C D
93年9月 93年9月
川を越えた先は空地として放置され(C参照)、足を踏み入れることも困難な箇所も存在したが、今はこの付近も舗装され、地元の生活道に転換されている。道路上を南西に進み、ゆるやかな上り勾配を過ぎると加治に到着する。駅の東方は未舗装ながら以前から道路として提供されていた(D参照)


E F
93年9月 93年9月

更に南東に進むと国道259号線に合流する。ここからの国道は鉄道用地を拡幅利用して建設されたもので、二車線の快適なつくりとなっている。その国道の大久保南交差点手前に位置していたのが終点黒川原(E参照)。豊橋鉄道の路線としてはここまでだったが、この先福江までの延伸が国鉄線として計画され、大半の路盤は完成していた。仲ノ坪付近(F参照)にもその跡を見つけることが出来たが、今は渥美線同様、国道に転用されている。

G 現行路線の神戸から小野田セメント工場への専用線(G参照)も延びていたが、こちらも廃止されてからかなりの年数が経つ。

また植田から分岐する海軍専用線が敷設開始されたが、国鉄豊橋伊良湖線同様未成に終り、今は道路等に利用される跡地を見つけることが出来る。
93年9月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  田原  伊良湖
1/25000  田原 [S15二修]  野田 [S15二修]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開2014-12/18  無断転載禁止 Copyright (C) 2014 pyoco3 All Rights Reserved.