名古屋鉄道(旧)西尾線を訪ねて

廃止鉄道ノート東海  減速進行

 地区:愛知県岡崎市 区間:岡崎駅前〜港前(17.4km)西尾〜吉田港(9.8km) 軌間:762→1067mm 動力:蒸気→電気

明治の後期、官設の東海道線から遠く離れ鉄道の恩恵から取残されてしまった西尾地区。軽便鉄道によって岡崎と結ぶ計画が早くから進められ、他社に先行した開業は経営も順調に推移した。ただその後、競合社の路線が開設され、特に名古屋へ向うには不利な立場に追込まれた西尾鉄道は、合併という形でその経営を愛知電気鉄道にゆだねた。
なお区間別に岡崎駅前〜西尾を岡崎線、西尾〜港前を平坂線、西尾〜吉田港を吉田線と分けて呼ぶ場合もあった。その吉田線は改軌、電化を経て今も名古屋鉄道の路線網に組み込まれている。


 略史

明治 44 (1911) - 10/ 30 西三軌道 開業
45 (1912) - 1/ 25 西尾鉄道に社名変更
昭和 1 (1926) - 12/ 25 愛知電気鉄道に合併
10 (1935) - 8/ 1 名古屋鉄道に合併
18 (1943) - 12/ 16       岡崎駅前〜西尾 休止
26 (1951) - 12/ 1       岡崎駅前〜福岡町 福岡線として営業再開
34 (1959) - 11/ 25       福岡町〜西尾 廃止
35 (1960) - 3/ 27       西尾〜港前 廃止
37 (1962) - 6/ 17       福岡線 廃止

 路線図


 廃線跡現況

A 東海道本線の岡崎駅前からは、ふたつの私鉄がそれぞれ正反対の方向に向って路線を延していた。市内電車の岡崎電気軌道は路上から、西三軌道は南西に岡崎新と称する始発駅を構えていた。その後名古屋鉄道に統合されると両線は直通運転を開始し、両駅は岡崎電気軌道の岡崎駅前(A参照)に統合されている。

93年撮影の写真左手奥が開業時の駅跡で、廃止後は運送会社の営業所として利用されていたが、現在は駅前の再開発と共に大きく変貌し、道路の付け替えも実施されたため当時を偲ぶのもはほぼ消滅してしまった。
93年5月
第二次世界大戦中に休止に追込まれた路線だが、戦後岡崎近郊区間のみ福岡線として復活している。ただそれも長くは続かず10年程で再び廃止の道をたどり、その後はバス専用道として整備され現在に至っている。

駅前広場を抜けるとその専用道が始まる。ここに柱町東若松(B参照)とバス停が続くが、これは福岡線時代の同名駅跡に相当する。
B
16年1月
C 専用道入口には一般車の通行を規制する立て看板があるものの、道路沿いには既に駐車場や民家が建ち、地元住民の利用が日常化して専用道の名称は有名無実化している。

ここから先は開業時と改軌後のルートが分かれる。新線側は東海道本線からやや東に離れたのち、右カーブでその東海道本線をアンダークロス(C参照)し、南東に向きを変える。
93年5月
真っ直ぐ南下していた旧線側は変電所等に利用され、その跡地をトレースすることは出来ない。東海道本線との交差は、新線側のやや南寄りにある砂川の橋梁部(D参照)を利用していたと考えられるが、河川も若干手が加えられているようで現地で確証を得ることは出来なかった。

南西に向かう両者が一旦合流すると、福岡線時代の西若松に着く。やはり同名のバス停が設けられて駅跡を示している。
D
16年1月
E 道なりに進み、市道との立体交差を過ぎると砂川が左から接近してくる。ここから旧線は左に別れていたが、大規模な河川改修工事が進行中で跡地に入り込むことは出来ない。

新線側はまっすぐ続き、福岡町跡を利用したバスターミナル(E参照)に突き当たる。福岡線時代の終着駅で、現在も全てのバスはここで折り返している。駅の手前には当時の橋台が一部顔を覗かせている。
93年5月
バスターミナルの先は住宅地内に空地のまま放置され(F参照)、一部は地元で生活道として利用されるものの、荒れ地となり足を踏み入れることを躊躇する箇所もある。やはり通行禁止の立て看板が設置されているが、地元住民の利用は黙認されているようだ。

南西にほぼ直線で続く鉄道跡は、福岡町上高須交差点から坂左右交差点の短区間のみ二車線道路に転用される。ここで新旧路線は一旦重なるが、すぐに再び二手に別れる。
F
16年1月
G 新ルート側はその後も空地として放置され、さらに地元生活道の北側に並んでからは一部が駐車場等に利用されながら進み(G参照)、そのまま占部川を渡る。

ただ現在の水路は鉄道廃止後、改修事業によって新たに開削されたもので、当時は現在地のやや西寄りを流れていた。従って下流側に架設されていた旧線の橋梁を含めて、その痕跡を見つけることは不可能となっている。
93年5月
福岡町内の旧線側は既に農地や宅地、工場等に取り込まれ、路線のトレースは難しい。そんな中にもJAあいち三河福岡支店の片隅に標柱(H参照)が立てられ、開業時の駅跡を示している。当初の駅名は土呂と称していた。

占部川を渡ると一旦農地や宅地内を通過したのち、生活道の南側に隣接しつつ県道43号線を越える。新旧両路線はここで合流し、しばらくは同じルートをたどる。
道路脇の路盤は圃場整備で農地に取り込まれたり、宅地等として活用されている。
H
16年1月
I 道なりに南西方向へしばらく進むと、旧占部村の中心地より延びる道路と交差する。この十字路に建つ喫茶店付近が大正時代に廃止された占部(I参照)

店舗と道路の間には鉄道用地が残され、家庭菜園などに利用されている。当時は道路と線路の間に狭い用水が流れていたとの話も聞いた。
16年1月
駅の先でごくわずか右に曲ると、今度は区画整理された農地の中に飛込み、ルートのトレースは困難となる。やがて新幹線に近づくと一車線の生活道(J参照)として姿を現わし、そのままほぼ直角にアンダーパスする。

更にほんの少し南寄りに向きを変えると、三度目となる県道43号線との交差で広田川の右岸に接近する。堤防脇を走っていたルートは、流路変更を含む河川改修により一部が堤防に飲み込まれたとも聞いた。
J
16年1月
K 川に沿って進むと中島(K参照)に着く。構内は駐車場となり、道路脇には同名のバス停も設置されている。

駅の南からは堤防道路の脇に生活道が現われ、これが旧西尾線のルートと一致する。ただ地元で確認しても確かな答は戻ってこなかった。
南西に向かう道路はアパートに突き当たり一旦クランクを描くが、鉄道側は真っ直ぐその中を通り抜け、幼稚園の手前で右に曲がり、今度は一車線道路の北側に沿って西を目指す。
93年6月
なお中島町内では開業時からルート変更があったこと、駅も数百メートル移動したことが下記参考資料に記されているが、その旧線の痕跡や資料、情報等は一切収集することが出来ず残念ながら調査を断念した。

ほぼ真西に進む路線は空地や農地、宅地、駐車場等に利用される。以前は道路脇に橋台(L参照)を見つけることも出来たが、現在は水門の設置により消滅してしまった。
L
93年6月
M 三和小学校を抜けると隣接していた用水路から徐々に離れ、三江島(M参照)に至る。一時期は農協の倉庫が建っていたようだが、現在は幼稚園前の駐車場として活用されている。

ここからは再び開業時と改軌後のルートが分かれる。
16年1月
新線は駅から真っ直ぐ西に向って延び、安藤川を越える。両岸には複線分の橋台(N参照)が残り、橋脚の基礎部分も水の中から顔を出している。
川を越えたのちは、ふれあいの道公園を抜け、農地の中を一車線の舗装路として南西方向に向かい、川田集落の北端では旧線が合流してくる。

旧線側は安藤川の手前で左にカーブを描き、左岸堤防に沿ってしばらく進んだ後に川を渡る。それらしき舗装路もあるが、鉄道跡であるかの確認は取れなかった。また安藤川には痕跡が無く、橋梁やそれに続くルート、及び新線への合流点も探し出すことは出来なかった。
N
93年6月
O 合流点の西方に設けられていた三和川は謎の多い駅で、地形図に記載はあるものの、改軌前には既に廃止されていたと考えられるため、やはり位置の特定は難しい。

そのまま道路上を進むと国道23号線と交差する。矢作古川を越える築堤(O参照)のあった場所だが、国道の開通によってきれいに消し去られてしまった。また橋梁の痕跡も見つけることは出来ない。
93年6月
川を渡ると再び新旧ルートが分離する。新線側は当時の築堤がそのまま残り、一車線の生活道に転換されている。平行する県道43号線から八ツ面山公園への進入路との交差点東に、八ツ面(P参照)が設けられていた。今はゴミ集積場があるためか、電車ではなく自家用車がよく停車している。

旧ルートはより南寄りを走り、勾配も急でかなりの難所だった。その跡地は既に区画整理された場所も多く、直接たどることは不可能となっている。
P
16年1月
Q 県道に最接近する近辺(Q参照)の商店が旧駅に一番近いと思われるものの、聞き取り調査してもまるで要領を得ない。開業当初の非電化路線は、既に地区の記憶からは消し去られているようだ。なお写真左側の築堤が新線跡で、中央の畑が旧線跡となる。

背後に控える八ッ面山は大正期の地形図には雲母山と記され、時代と共に名称も変化する事を教えてくれる。
16年1月
西に向う路線が市民病院前交差点で県道479号線にぶつかると、その先が久麻久。ここで新旧ルートが合流する。駅跡だけ道路転用をはずれているものの、すぐ一車線の舗装路(R参照)に戻る。

道なりに進むと現西尾線が目の前に現われ、ここでも新旧路線が二手に別れる。新線側は左曲線を描いてそのまま現線に合流する。合流点に設けられていたのが西尾口だが、連続高架事業によって駅も新装され、当時の面影は既に消えている。
R
93年6月
S 現西尾線は西尾市の都市計画に沿ってルートが変更された区間で、碧海電気鉄道の延伸と時を同じくして移設されている。

当初は周囲に学校以外何もなかった西尾(S参照)も、その後の市域拡大によって大きく変貌した。
93年6月
駅の南方に建つ西尾消防署付近で線路は二方向に分れ、一方の平坂線は廃止されたが、他方の吉田線は前述の通り西尾線と名称を変えて現在も運行中で、同じ旧西尾鉄道線の間にも大きな差が出ている。

平坂線は急な右カーブで西に分岐し、途中には空地(T参照)として放置される箇所も見つけることが出来たが、今は洋菓子店の駐車場として活用されている。
T
93年6月
U 更に動物病院を抜け矢曽根町交差点に出ると、県道43号線に合流する。ここからの県道は鉄道路盤を拡幅利用して造られたもので、快適な二車線道路となっている。

旧線側は西尾口の北で現西尾線と交差したのち、店舗や変電所の中を通り抜けて、市街地を流れる北浜川にぶつかる。その川底に木橋跡らしき痕跡(U参照)を発見する。ただルートには一致するものの、旧西尾線の遺跡である可能性は微妙なところ。
16年2月
川を越えた後、左に大きく曲がると、伊文神社の直近には天王門(V参照)が置かれていた。駅跡は料理店及びその駐車場として利用されている。当時は柳の大木があったこと、隣を流れる将監用水で洗濯をしていたこと等を地元で耳にした。

青果市場への引き込み線もあったようだが、その市場はどこを探しても見つからず、関連する情報も全く集まらないため、やむなくルートの調査は諦めた。
V
16年2月
W 旧線はそのまま用水に沿って進み、農協付近で二車線の市道に合流したのち南西に向かう。この市道も鉄道用地を利用して建設されたもの。

なお改軌・電化に備えて曲線を緩和する新線が計画され、北浜川(W参照)と将監用水(X参照)には複線用に造られた橋台が残されている。
ただ実際には花の木耕地整理に協力する形で路線が東に移動したため、鉄道用としては使用されることもなく、西側半分を道路用に譲って今に至っている。
93年6月
余談だが北浜川には桜並木が続き、シーズンには多くの人出で賑わう。また1915年の完成当時は北浜悪水路と呼ばれ、今でも悪水路の標記を残した欄干も存在する。
あまりなじみのない呼称だが、昔は人工的に開削された排水路によく用いられていた。
X
16年1月
Y 市道上を南西に進むと、永楽町4丁目交差点付近から鉄道跡は徐々に道路を離れ、旧西尾(Y参照)に達する。

廃止後は一時期警察署に利用されていたが、現在は民間の倉庫等が建つ。主要駅として大きな構内を有していた跡地は細かく分断されてしまい、駐車場に変った駅前広場がほんの少しだけ駅跡の雰囲気を漂わせている。
16年1月
駅を出た旧線は、その先で平坂方面と吉田方面への路線が分岐していた。ただ既に住宅が建ち並び、調査の手だてはない。

吉田方面は左カーブでほぼ真南に向きを変え、県道43号線との交差後は再び北浜川を渡るが、ここに木橋の痕跡(Z参照)を発見する。同河川の上流部の件(U参照)と合わせ、ルート上に同様の痕跡が二箇所残るとなれば、旧線の遺構と断定してもよいと考える。
さらに川を渡ると圃場整備の済んだ農地の中に飛び込み、現西尾線へとつながっていく。
Z
16年2月
AA 平坂方面は右カーブで西に向きを変え、県道となった新線に合流する。この西方に位置していたのが住崎

ここからは丘陵地となり列車は掘割りの中を進んでいたが、既に県道として拡幅されたため鉄道の雰囲気はすべて消え、見るべきものは何もない。なお主に北側車線が鉄道跡地に相当する。
16年2月
県道上を西に進むと羽塚(AA参照)に着く。地形図を比較すると、新旧両路線で微妙にそのルートが異なり、駅位置も移動していることを読み取れるが、現地でその違いを探し出すことは困難だった。

続いて既に廃止となった三河線と立体交差していたが、跨道橋(AB参照)は取壊され、北側にレールの剥がされた築堤が残るのみとなっている。
AB
93年6月
AC 更に平坂小学校まで進むと、県道から南に二車線道路が分岐する。これが平坂線跡で、左カーブで南西に方向を変えていく。カーブ途中には平坂が設置され、北西方向から延びてくる一車線道路が当時の駅前道路に相当する。

再び右カーブで西に向きを変えると、終点の港前(AC参照)に着く。駅は平坂港東交差点の東側に位置し、同名のバス停も設けられている。
93年6月
旅客営業はここまでだがレールはこの先まで続き、貨物駅として平坂臨港(AD参照)が設けられていた。港と言っても海に面している訳ではなく、川と呼んでもいいような平坂入江に接していた。その跡地には住宅等が建ち並び物流の拠点であった面影はどこにもない。

岡崎、西尾の都市と平坂、吉田の港を結んでいた西尾鉄道。現在とは異なり、当時はまだまだ船運が物資輸送の重要な地位を占めていた事を教えてくれる。
AD
16年2月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  岡崎
1/25000  岡崎 [T9測図/S34二修]  幸田 [S2鉄補/S34二修]  西尾 [T9測図/S5鉄補]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2016-2/24  無断転載禁止 Copyright (C) 2016 pyoco3 All Rights Reserved