北陸鉄道能登線を訪ねて

河南線 金名線 小松線 能美線 廃止鉄道ノート北陸・甲信越 減速進行

 地区:石川県羽咋市 区間:羽咋〜三明25.5km 軌間:1067mm単線 動力:蒸気→内燃

七尾線のルートから取り残された、能登半島西側の外浦沿岸。羽咋と輪島を結ぶ新たな鉄道が、富来町の有力者を中心として計画された。ただ全国的な鉄道ブームに浮かれていた時期でもあり、見通しの甘さは否めず、結果的には計画の半分にも満たない三明までの開通が精いっぱいで、運動の中心となった富来町にすら届かなかった。ただ北陸鉄道に合同したことが幸いしたのか、沿線に大きな集落が少ない割に、廃止時期は比較的遅かった。


 路線図  略史

* 地図上にマウスポインターを置くと能登線を表示

大正 14 (1925) - 3/ 3 能登鉄道 開業
昭和 18 (1943) - 11/ 25 北陸鉄道に合同
47 (1972) - 6/ 25     能登線 廃止

 廃線跡現況
A 七尾線との接続駅であり、能登線の起点でもあった羽咋(A参照)

JR駅の東側に隣接していた駅跡は、線路跡を転用した羽咋県民自転車道や東口の整備に利用されている。
17年9月
その自転車道を北に向けて出発すると河川が二本連続し、北側の羽咋川では鉄道の橋梁(B参照)がそのまま道路用として使われている。南側の子浦川は残念ながら確認を取れない。 B
17年9月
C 川を渡ると徐々に高度を上げつつ大きく左に曲がり、そのまま七尾線を乗り越える(C参照)。ここの跨線橋もやはり当時のものだ。

その後は一車線道路と並走しながら国道249号線をくぐる。左手に高校があるため、通学時間帯は自転車道もかなり混雑する。
17年9月
緩やかな上り坂が終わり、のと里山海道の下を通り抜けると、右から二車線道路が合流してくる。この先の道路は、鉄道跡を拡幅転用して建設されたもの。

合流点では西側の歩道部分(D参照)が路盤に相当するが、途中で道路の東に移り、さらに右に分離して細い舗装路として現れる。
D
17年9月
E その細道の先が能登一ノ宮(E参照)。気多大社の大きな鳥居の前が駅跡で、正月に乗り入れてくる国鉄列車用に長いホームを備えていたため、今も大きな空き地が広がっている。

駅を出て道なりに進むが、この区間は自転車道に含まれていないのか、車両通行止等の標識はない。しばらく北上し一ノ宮公民館まで来ると、やっと車止が設置され、車の進入は不可能になる。
17年9月
その後、左にカーブし、向き西へと変えた地点で道路下に小橋梁(F参照)を見つける。石積橋台は当時のものと考えられるが、桁に関しては判断が難しい。

全線を通して同様の橋梁が何か所もあるが、道路用に造り直されたり、あるいは当時の橋台が隠されていたりと、形態は様々だ。
F
17年9月
G 続く(G参照)は列車交換可能駅でもあり、その大きな構内は公園や空き地等に変わっている。
公園側に駅舎が設けられ、乗客は南の県道から出入りしていた。
17年9月
駅を出ると一旦県道に合流し、その歩道(H参照)を担うものの、滝町の集落を抜けると再び単独の自転車道としてつながっていく。ただ、羽咋県民自転車道の案内が一切ないのは、なんとも残念なところ。 H
17年9月
I この先は景色の良い海岸沿い(I参照)を走る。道路そのものに歩行者専用道の標識はなく、途中に置かれたコンクリート製の大きなブロックが車の通行を阻止している。

柴垣海岸の近くまで来て初めて標識に出会うものの、道路上にはなぜか車の走行跡が刻まれている。
17年9月
柴垣(J参照)は公園兼自転車道の休憩所となり、南側に漁協の施設も建つ。夏季には海水浴客を満載した国鉄直通列車が乗り入れ、SL牽引の8連客車に対応する大きな構内、ホームを有していたはずだが、今その面影は微塵もない。

続く甘田は駅跡と思われる小さな空き地が残され、当時の取り付け道路は既に海岸まで突き抜けている。引き続き北に向かう自転車道は、両脇を藪地に囲まれながら緩やかにアップダウンを繰り返す。
J
17年9月
K 大島は大島集会所が目印となる。東西の二車線道路が駅前通りに相当し、駅舎は羽咋寄りにあったと聞いた。

更に自転車道を道なりに進むとやがて二車線道路へと変わり、ほどなく能登高浜(K参照)に到着する。駅跡はバスターミナルに利用され、待合室には当時の駅名標、運賃表なども展示されている。
17年9月
駅を後にした道路は於古川を渡り、右手の大きなJA施設を過ぎると左急カーブで向きを変える。能登線はここで直進し、再び自転車道に転換されて北東に向かう。

その最初の十字路に志賀町(L参照)が位置した。道路がやや広がり、三角の駅前広場らしき空き地も残る。
L
17年9月
M 次第に雑草が増え始めた自転車道を進むと、国道249号線との交差手前で突然通行止標識に行く手をふさがれる。迂回して廻り込んだ国道の北側には、築堤が一部残され、橋梁(M参照)も一か所健在だ。

路面は舗装されているものの既に自転車道としては放棄され、遠くない将来に圃場整備で姿を消す可能性が高い。
17年9月
さらに橋梁の撤去された米町川を渡ると、再び一車線の舗装路に転換される。ただこの道も、すぐ国道に突き当り終了する。その手前に設けられた堀松は、現在の民家付近と思われるが、正確な位置の確認は取れなかった。

その後、堀松交差点の西方をかすめ、左に折れた国道を再び越えると、一旦消滅した自転車道が復活する(N参照)。ここからは国道の東側を並走しながら北を目指す。
N
17年9月
O 連続した上り坂が終わり、緩やかな下りに入ると大笹に着く。同名のバス停が目印となるものの、駅跡の雰囲気は一切感じられない。次の米町[こんまち]にはトイレと駐輪場が造られているが、一台の利用もないのはやや寂しいところ。

直海(O参照)は国道に隣接しつつ、一段低い路盤上を走っていたようだ。同名バス停もあるが、鉄道駅は北側の三叉路付近に設けられていた。
17年9月
国道脇を走る路線は志賀町せせらぎ自然公園を過ぎたのち、小さな峠(P参照)に挑む。この区間は国道側の拡幅工事により、線路跡と自転車道のルートが若干ずれた可能性もある。 P
17年9月
Q 峠を越え緩やかな下り坂が終わると同時に、米町川を横切る。ここでは鉄道時代の橋梁(Q参照)が、道路用として再利用されていることを確認できる。
17年9月
そのまま国道沿いを北西に進み、わずかな距離で終点三明(R参照)に到着する。小さな集落に設けられた駅で、鉄道の終点としてはやや寂しいが、当時の能登鉄道に輪島まで開業する余力はなく、当駅以北の建設は断念せざるを得なかった。

鉄道廃止後はバスターミナルに転用されていたものの、現在は駐車場と公園に変わり、駅を偲ぶ石碑も飾られている。
なおルートを共にしてきた羽咋県民自転車道は、この先巌門まで続いていく。
R
17年9月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  能登高浜 [S35資修]  氷見 [S35修正]
1/25000  能登高浜 [S41測量]  羽咋  中島  柴垣

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2017-10/23  無断転載禁止 Copyright (C) 2016 pyoco3 All Rights Reserved.