北陸鉄道能美線を訪ねて

加南線 小松線 金名線 廃止鉄道ノート北陸・甲信越 減速進行

 地区:石川県能美市 区間:新寺井〜鶴来 軌間:1067mm 動力:電気

路線名の元となった能美郡、これを「のみぐん」と読む。地名には難読なものが多々あるが、この路線を巡ると他にもおもしろい地名に出会うことが出来る。
平成の大合併により沿線の根上、寺井、辰口の各町が合併し能美市に生れ変わったため、この能美郡も今では一町を残すのみとなってしまった。
能美電気鉄道は小松と鶴来を結ぶ目的で設立、開業されたが、残念ながら小松までは路線を延すことは出来なかった。第二次世界大戦時に北陸鉄道に合同し同社の能美線となったが、市の誕生25年前に廃止されている。


 略史

大正 12 (1923) - 9/ 9 能美電気鉄道 設立
14 (1925) - 3/ 21    〃 開業
昭和 14 (1939) - 8/ 1 金沢電気軌道に合併、同社能美線となる
16 (1941) - 7/ 29 北陸合同電気に合同、同社交通部となる
17 (1942) - 1/ 27 北陸合同電気より交通部独立、北陸鉄道(旧)となる
18 (1943) - 10/ 13 北陸鉄道(新)に合同
55 (1980) - 9/ 13    〃  能美線 廃止

 路線図


 廃線跡現況

A 国鉄との接続駅新寺井(A参照)は北陸本線寺井駅前にあった。今でこそ平成の大合併で能美市と名を変えたが、ここはそれまで旧根上町の中心地。隣町の旧寺井町の名を駅名に冠するとは、なんとも不思議というほかない。

その根上町の名も米大リーグで活躍する松井選手の出身地として全国区になったが、残念ながら合併により消滅してしまった。その駅跡は、現在遊歩道と広場に変っている。
94年10月
ほぼ真南に向いた駅を出ると、能美線は左急カーブで東に向きを変えていた。このカーブは歩行者専用道となるが、その先の廃線跡は2車線の舗装道路に模様替えしている。

最初の駅加賀福岡(B参照)はこの道路上で、当時の所在を示す駅跡の案内標が建つ。
B
94年10月
C 続く中ノ庄(C参照)もこの2車線道路上に位置していたが、さすがに鉄道のにおいは消えている。
94年10月
廃線跡を利用した2車線道路は高架の国道8号線金沢西バイパスにぶつかり終了する。この手前に位置したのが五間堂(D参照)

駅跡は公民館の駐車場として利用されている。
D
94年10月
E ここにも案内標(E参照)が設置され、能美線の簡単な紹介文が書かれている。
このような跡地整備を見ると、この地の皆さんの能美線への想いがよく伝わってくる。
94年10月
金沢西バイパスから東は路盤が放置され、農道の状態で寺井西口(F参照)へとつながっていく。 F
94年10月
G 寺井の集落に沿った急なS字カーブで寺井中学校寺井病院の脇を駆抜けると本寺井(G参照)。ここは合併前の旧寺井町玄関口で、合併後の能美市役所もこの地区に置かれている。
駅名は旧根上町に設置された国鉄寺井駅と区別する必要から、本寺井と名付けられたのだろう。駅跡はしばらく駐車場だったが、その後寺井図書館が建設されている。

ここ寺井は九谷焼の主産地、探索のついでに軒を並べる九谷焼販売店を覗いてみるのも一興だ。
94年10月
この先の能美線跡はヘルスロードとして舗装、整備されている。
大きく拡幅された個所はなく、また自動車も一部では通行止、あるところでは農耕車のみ通行可能と区域によりまちまちで、各地に散見されるサイクリングロードとは微妙に異なる。

その中で最初にたどり着くのが末信牛島(H参照)。ここは小さな公園に変ったが、今はアスファルトで覆われている。
駅名は近くの末信町と牛島町の集落名をつなげて命名されたようだ。
H
94年10月
I 次の加賀佐野で北東に向きを変えると、湯谷石子。ここも湯谷と石子の両集落の間に設置されていた。

更にそのまままっすぐに北東方向へ進み、少し距離をおいて設置されていたのが徳久(I参照)
94年10月
右カーブでやや東向きに方向を変えると今度は上開発(J参照)に到着する。
「かみかいほつ」と読むが同じ読みをする地名が隣県の福井にもあり、えちぜん鉄道の駅名に採用されている。

廃線跡を利用したヘルスロードには自動車の進入を制限するものは何もなく、地元民の生活道といった様相だ。
J
94年10月
K 旧辰口町の中心には開業当初「辰口」と称した辰口温泉(K参照)が設置されていた。ただ駅名の元となった温泉までは数百メートルの距離があり、やや離れているいった感は否めない。

駅跡地に北陸鉄道のバス停が設けらてれいるが、こちらの名称は「辰口」。「辰口温泉」は一区南のバス停名に付けられている。また、この能美線では珍しいが、駅前に廃止路線でのお約束ともいえるJAの建物がある。
94年10月
そのまま舗装路を進み来丸、続いて火釜と集落に合わせ短い区間に駅が続く。
残念ながらここでヘルスロードは一旦終り、その先は圃場整備で跡地をたどることが出来なくなる。

次に姿を現すのは岩内の集落南端にあった加賀岩内(L参照)。今は小公園となり記念の石碑も設けられている。
L
94年10月
M ここからからヘルスロードが復活し再び廃線跡をトレースし始めると、すぐ東で加賀産業道路と呼ばれる県道22号と交差する。

その先直線で東へと続くヘルスロードだが、この区域は農耕車の通行が許可されている。途中に設置されていた三ッ口(M参照)には、残念ながら駅跡の痕跡が全く見あたらない。
94年10月
次の宮竹(N参照)は公園として整備された。 N
94年10月
O 灯台笹(O参照)と書いて「とだしの」と読み、線路跡は未舗装の農道として利用されていたが、今はヘルスロードの一部を担う。
94年10月
その先の岩本は県道4号線の一部に取込まれているが、そこから本鶴来までは県道に沿って路盤が放置され、この路線唯一の天狗山トンネル(P参照)もいまだに確認することが可能だ。続く手取川鉄橋は河川改修によりその面影は消えている。

比較的平坦であった能美線敷設工事の中で、この区間が最大の難所であったろうことが偲ばれる。
P
15年9月
Q 手取川の東に位置し、その手取川から取水する七ヶ用水の橋梁(Q参照)は、錆付きながらも当時の姿を残している。
94年10月
石川線との分岐駅、鶴来に近接する本鶴来(R参照)は跡地が現石川線沿いに残り、排水溝の配置が当時の境界線を如実に物語っている。

この駅は石川線にはなく、能美線のみに設けられていた。
R
94年10月
S 石川線の鶴来(S参照)、ここから能美線が分岐していた。

今でも野町行は発着するが、新寺井行と白山下行は過去のものとなってしまった。
94年10月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  鶴来 [S50修正]    小松  
1/25000  鶴来 [S48修正]  粟生 [S48修正]  美川 [S50修正]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2015-10/16  無断転載禁止 Copyright (C) 2006 pyoco3 All Rights Reserved.