北陸鉄道金名線を訪ねて

加南線 小松線 能美線 廃止鉄道ノート北陸・甲信越 減速進行

 地区:石川県白山市 区間:鶴来〜白山下 軌間:1067mm 動力:蒸気→内燃→電気

金沢と名古屋を結ぶ壮大な構想を元に始動した鉄道、金名鉄道。計画は白山連邦に阻まれ潰えたが、その想いは国鉄バスの路線に引継がれ桜の植樹など今でも時折話題となっている。
会社は第二次世界大戦によって北陸鉄道に合同し同社の金名線となったが、昭和の終りに廃止となってしまった。廃止の原因ともなった手取川に沿って走り、沿線には渓谷や滝など見所も多い。


 略史

大正 15 (1926) - 2/ 1 金名鉄道 加賀広瀬〜白山下間 開業
昭和 2 (1927) - 6/ 12   〃 加賀一の宮〜加賀広瀬間 延伸
12/ 28   〃 鶴来〜加賀一の宮間 延伸
4 (1929) - 3/ 11   〃 加賀一の宮〜鶴来間 金沢電気軌道に譲渡
18 (1943) - 11/ 25 北陸鉄道に合同、金名線となる
59 (1984) - 12/ 12   〃 金名線 休止
62 (1987) - 4/ 29   〃   〃  廃止

 路線図




 廃線跡現況

A 金名鉄道が開業したのは鶴来から南だが、鶴来加賀一の宮間は金沢電気軌道に譲渡され現在も石川線として運行されている。

金名線の廃止で石川線の終点となってしまった加賀一の宮(A参照)。駅の南側には架線と共に錆付いたレールが数百メートル残されているが、車両の留置にでも使うつもりだったのだろう。
94年10月
南に向う廃線跡(B参照)は国道157号線バイパスの下を抜ける。

加賀一の宮手取中島間にて。
B
94年10月
C しばらくはこの国道沿いに金名線の路盤が残り、手取川支流に架かるガーダー橋(C参照)等も望むことが出来る。


加賀一の宮手取中島間にて。
94年10月
右に急カーブを切り国道から離れると手取中島(D参照)

線路跡は手取川に向って延びていく。
D
94年10月
E 駅を出るとすぐに手取川を横切るが、それまでの穏やかな廃線跡と比べこの川の表情は険しい。

橋台が残る手取川橋梁(E参照)の強度低下が金名線の休止、そして廃止を決定した。

対岸の左急カーブで再び川に平行すると、その先が広瀬。手取川をはさんで短い区間に二駅が配置されていた。
94年10月
手取川の左岸に移った金名線は県道44号に平行し、南西方向に向っていた。

路盤はレールが剥がされたままの状態で農道(F参照)として利用され、この間に瀬木野服部加賀河合(G参照)と各駅が続いていく。

広瀬瀬木野間にて。
F
94年10月
G ただ近年は、上記手取川橋梁をも含めてサイクリングロードへと整備が進んでいる。
94年10月
集落名と云うより、近くを流れる川にちなんで駅名が付けられたのではないかと思われる大日川(H参照)

一時期は近くの河合鉱山で採掘する陶石の積込みも行われた。貨車への積込みが直接行われたかは不明だが、鉄道運行時からあったホッパーはいまだに健在。
H
94年10月
I 駅を出ると県道44号線から別れ、大日川を渡る。ここに架けられたのが大日川橋梁(I参照)

廃止後しばらくはガーダー橋が当時の姿で残っていたが、今は「てどり桜街道」として2車線の舗装道路に架替えが済んでいる。
94年10月
下野町の集落脇にあった下野(J参照)

鉄道跡地も廃止後しばらくは未舗装の農道として利用されていたが、今は上記「てどり桜街道」の一部に組込まれてしまった。
J
94年10月
K 写真右の建物は鉄道在りし頃の駅前商店だったのだろうが、主がなくなり所在なげにポツンと取残されてしまった。

未舗装の跡地はやはり「てどり桜街道」となって舗装、再利用されている。

手取温泉(K参照)にて。
94年10月
釜清水(L参照)は道路に転用されることもなく、交換設備のあった広い駅跡が当時の雰囲気をかすかに残している。

今では貴重な存在となった。
L
94年10月
M この先の廃線跡もやはり未舗装の農道として地元で利用され、なかには廃止された踏切(M参照)等も残っていたが、近年加賀一の宮側と同様自転車道への整備が完了している。


釜清水下吉谷間にて。
94年10月
廃線跡を利用した自転車道は次の下吉谷(N参照)を過ぎると、手取渓谷の名所、綿ヶ滝の脇を通り抜ける。
名所といっても土産物屋もないような場所だが、付近の景色からは想像できない厳しい景観が特徴で、探索の息抜きに立寄るには最適。
全体を見渡せる展望台もあるが、すこし乱暴なつくりの急な階段で川底に下りるとその落差を一層楽しむことが出来る。
付近は道路整備の真っ最中だが、ちいさな無料駐車場も用意されている。
N
94年10月
O この先にも小さなガーダー橋(O参照)等の遺構が各所で確認できたが、残念ながら自転車道への転換が進んだためこれはかなり減ってしまった。


下吉谷西佐良間にて。
94年10月
続いて手取川左岸の集落に合わせて西佐良三ツ屋野(P参照)と二駅が順に設置されていた。 P
94年10月
Q 終点の白山下(Q参照)はその用地を利用してバスターミナルとなっていたが、自転車道の整備と共に規模を縮小した。

ただし当時の駅舎(R参照)は現在もそのまま待合所に活用されている。
94年10月
地元の方には失礼だが、駅跡地に立って周りを見回すとよくぞここまで旅客鉄道が延びてきたものだと感心してしまう。
沿線に大きな集落があるわけでもなし、ましてや最終目的地の名古屋は影もかたちも見えない遙か彼方だ。

物資の運搬が敷設の目的だったとしてもその路線が昭和の終盤まで残っていたのだから、まさに驚きとしか表現のしようがない。
R
94年10月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  鶴来 [S50修正]    白峰 [S50修正]  
1/25000  鶴来 [S48修正]  口直海 [S58修正]  別宮 [S58修正]  市原 [S55修正]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14   無断転載禁止 Copyright (C) 2006 pyoco3 All Rights Reserved.