鶴居村営軌道を訪ねて
 地区:北海道釧路市 区間:新富士〜中雪裡/下幌路〜新幌路 軌間:762mm 動力:馬力→内燃

廃止鉄道ノート北海道  減速進行

北海道には入植者のために数多くの簡易軌道が建設されその足を支えたが、やがて道路の整備とともに消えていった。その中でも、この鶴居村営軌道は遅くまで活躍した軌道の一つであった。大地に戻った簡易軌道が多い中で、ここには路線の位置を特定できる遺構が比較的多く残っている。 


 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと旧路線表示に切り替ります


 廃線跡現況

富士の市街地を抜けるとすぐ目に飛込んでくるのが雄別鉄道との交差跡(A参照)

雄別鉄道跡が舗装された自転車道となり、これと交差する村営軌道は民家の間を抜け写真右上方向の上幌呂方面へ向かう。


かつて鶴居村営軌道と共に道東の産業を支えた雄別鉄道も今はない。
A
94年5月
B この軌道は富士市街地において路線の変遷があり、開通当初の旧線は雄別鉄道と立体交差していた。

自転車道として再利用される雄別鉄道跡をたどると、モアイ像のような跨線橋台跡(B参照)が突如として目に飛び込んでくる。

開業当初の村営軌道はここで雄別鉄道をオーバークロスしていた。
94年5月
温根内下幌呂間の釧路湿原内を流れる温根内川で橋台(C参照)を発見。

湿原内では近づくすべもなく、遠くから写真に収めるのが精一杯。

この軌道の中では比較的費用のかかった設備と思われるが、再利用の当てもなく自然の中に放たれたままだ。
C
94年5月
D 同じく温根内下幌呂間では連続性を持った軌道の跡地が生活基盤の埋設場所として再利用され(D参照)、立ち入りが禁止されている。
94年5月
下幌呂跡。(E参照)
跡地は生活道路として利用されている。地形図から判断してこのあたりに乗降所があったと思われるが、位置の特定はすでに不可能。
E
94年5月
F 釧路の人気スポット「鶴見台」。(F参照)

観光客でにぎわう場所だが、見学者の立っている場所を簡易軌道が走っていたと思われる。
94年5月
今はごみのいえ?と化した中雪理付近(G参照)。こんな場所でもやはりごみは出るのかな。

村営軌道は左の林の中を切り裂いて左上(新富士)に向かっていた。軌道跡のみ今も植林されず、はっきり跡地と確認する事ができる。
G
94年5月
H

中幌呂上幌呂間には足を踏み入れることが可能な場所に、崩れかけたかつての築堤(H参照)がそのまま残っていた。

94年5月
旧上幌呂機関庫。(I参照)

用途は不明だが、場所を移転し地元民に再利用されている(らしい)。
I
94年5月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  中雪裡 [S30測量]    徹別 [S30測量]    大楽毛 [S30測量・S36修正]  釧路 [S30測量]
1/25000  上幌呂 [S34測量]  下幌呂 [S33測量]  大楽毛 *[S33測量]  鶴居 [S33測量]
 釧路港 [S33測量]  徹別 [S34測量]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2000 pyoco3 All Rights Reserved.