三重電気鉄道松阪線を訪ねて
 地区:三重県松阪市 区間:松阪〜大石/平生町〜大口 軌間:762mm 動力:蒸気→電気

廃止鉄道ノート東海  減速進行松坂牛の産地、本居宣長の生誕地などで有名な松阪。他にも三井家発祥の地として知られる一方、道に迷いやすく、観光バスの運転手泣かせの街としての評判もある。
この松阪から西に向って櫛田川沿いの大石まで軽便鉄道が延びていた。


 略史

大正 1 (1912) - 8/ 17 松阪軽便鉄道 開業
* 8 (1919) - 7/ 松阪鉄道に改称
昭和 3 (1928) - 1/ 20 松阪電気鉄道に改称
19 (1944) - 2/ 11 三重交通に合併 同社松阪線となる
23 (1948) - 1/ 21     〃   平生町〜大口間 休止
39 (1964) - 2/ 1 三重電気鉄道として鉄道部門分離独立
12/ 13     〃   松阪線 当日限りで廃止
40 (1965) - 4/ 1 近畿日本鉄道に合併

 路線図




 廃線跡現況

A 国鉄駅に隣接していた松阪(A参照)は廃止後三交百貨店に生れ変わったが、それも今は閉鎖されてしまった。
94年11月
平生町茶与町間、旧伊勢街道との交差部(B参照)
松阪線の跡地の一部は、地元の生活道路として利用されている。



茶与町の駅跡は三交旅行等、関連会社に利用され、駅を出ると再び一車線の生活道として転用、その後国道42号線と交差する。        
B
94年11月
C 次の花岡では伊勢電気鉄道と立体交差し連絡通路も設けられていたが、今では両線共に舗装道路となり、上方を通過していた伊勢電気鉄道の遺構が一部残るのみとなっている。


駅部田を過ぎると廃線跡の一部は民地となり、他は放置(C参照)されている。
94年11月
蛸路(D参照)にはホーム跡が残るが、雑草に被われうっかりすると見落してしまう。

駅の手前からは未舗装の道路に転換され、地元の農道として利用されている。
D
94年11月
E 松阪線の路盤を利用した農道上に、下蛸路(E参照)中万と続き、道路は未舗装路から舗装路へと変る。


この先は県道700/701号線として全線が道路に転用される。
94年11月
射和(F参照)は側線を持っていたその広い構内を生かし、バスロータリーに転換された。 F
94年11月
G 続く阿波曽御麻生園(G参照)と連続して駅跡がバス停に変っている。
94年11月
更に大師口片野橋と続くが、拡幅された県道にはその痕跡を見つけることは出来ない。


終点の大石(H参照)構内はバスターミナルに使用され、三重交通バスの拠点となっている。
H
94年11月
I 当時は海運が重要な輸送手段でもあったため、伊勢湾に面する大口港へも線路が延びていた。

平生町で分岐するとすぐに国鉄と近畿日本鉄道線を線路橋で越えていたが、この痕跡は見つからない。
下を走る近畿日本鉄道線は当線より後年に開通しているため、線路橋の改造が必要だったはずで、当時どのような工事が実施されたのか興味を引く。

その先の廃線跡は用水路や農道(I参照)に利用され、途中に天神が設けられていた。
94年11月
終点の大口(J参照)は民間会社の資材置場として利用され、駅跡の雰囲気はない。


軽便の線路はこの先更に扶桑金属工業(現住友金属工業)まで続いていたが、工場閉鎖により平生町〜大口間と共に休止となった
J
94年11月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  松阪 [S24応修]  二本木 [S12二修]  丹生 [S32要修]
1/25000  松阪 [S12二修]  松阪港  大河内 [S34資修]  横野 [該当無]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-10/14最終更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2009 pyoco3 All Rights Reserved.