近畿日本鉄道小房線/(大阪電気軌道)畝傍線を訪ねて
長谷線 法隆寺線 旧大和鉄道 廃止鉄道ノート関西 減速進行

 小房線   地区:奈良県橿原市   区間:久米寺~畝傍(3.5km程)
     
橿原神宮前~分岐点(1.5km程)
  軌間:1067mm単線   動力:電気
 畝傍線   地区:  同上   廃止区間:八木西口~橿原神宮駅(2.1km程)   軌間:1435mm複線   動力:電気
大阪電気軌道、大阪鉄道、吉野鉄道と三社の路線が集中した橿原神宮。紀元2600年を控え、神宮と共に神武天皇陵を擁する橿原市は周辺の整備を進め、二路線が都市計画によって付け替えられた。現在は、それぞれが近鉄の路線網に組み込まれ、盲腸線となった小房線だけが廃止されている。

略史

大正 12(1923) - 3/ 20  大阪電気軌道 畝傍線 平端~旧橿原神宮駅 延伸
13(1924) - 11/ 1  吉野鉄道 橿原神宮前~畝傍 延伸
昭和 4(1929) - 8/ 1    〃 大阪電気軌道に合併 吉野線となる
14(1939) - 7/ 28  大阪電気軌道 八木西口~橿原神宮駅、線路移設 橿原線となる
   〃       橿原神宮駅~畝傍、線路移設 小房線となる 
16(1941) - 3/ 15  関西急行鉄道に改称
19(1944) - 6/ 1  近畿日本鉄道に合同
27(1952) - 4/ 1       小房線 廃止

路線図

近鉄小房線路線図



廃線跡現況

-小房線-
A
21年1月
畝傍駅跡写真
桜井線に隣接していた畝傍(写真A)。おそらく島式ホームで2線以上有していたと思われる駅跡は、道路と宅地に細かく分割され、終着駅の雰囲気は一切感じ取れない。ただJR駅構内の片隅に、橋台(写真B)の片割れが姿を見せている。河川は既に埋められ、南半分が道路下となるものの、その位置から小房線の遺構と考えてよさそうだ。

駅を出た後、桜井線に沿って西に向かう路線上にも、小橋梁跡(写真C)が残されている。

B
21年1月
畝傍駅跡写真
近鉄小房線跡写真
C
19年4月

D
19年4月
近鉄小房線跡写真
ここから大きな右カーブで一気に向きを変える。直後には路盤上に建つ数軒の民家(写真D)も認められるが、その先は区画が整理された市街地に飲み込まれてしまう。
E
19年4月
近鉄小房線跡写真
路線がほぼ南に向いた地点で、再び跡地を利用した建物が数軒現れる。
この一画に設けられた側溝(写真E)はコンクリートが幾層にも重なり、一番下の層が当時の橋台に相当すると聞いた。
F
19年4月
近鉄小房線跡写真
右カーブはさらに続き、今度は線路跡(写真F)に住宅がずらりと建ち並ぶ。

途中で飛鳥川を越えるが、堤防に取り付く築堤もきれいに撤去され、徐々に広がる用地幅に当時の勾配を思い描くのみだ。
G
19年4月
近鉄小房線跡写真
川を越えた後、建ち並ぶ住宅の間に、突如として橋台(写真G)が姿を見せる。径間は短く開渠レベルだが、前後の盛土が取り除かれているためか、相当な圧迫感がある。越えていたはずの水路は、既に跡形もない。
H
21年1月
小房駅跡写真
さらに進み左手に公園が見えると、中間駅の小房(写真H)に着く。線名と同じく[おうさ]と発音する。

駅の先で国道169号線を横切るが、その後は街の区画が変わり、跡地のトレースは不可能となる。
I
19年4月
初代橿原神宮前駅跡写真
途中の畝傍北小学校内で新旧路線が分離する。旧線側はそのまま区画整理された市街地を抜けるため、やはりルートの特定は難しい。都市計画による付替であったことが、大きく影響しているようだ。

初代橿原神宮前(写真I)も正確な位置は掴み切れず、おそらく神社前駐車場の一画と推測する。
J
19年4月
大阪電気軌道小房線跡写真
旧線が吉野線と接続していたのは、二代目橿原神宮前(写真J)の南大阪線側となる。大阪鉄道との接続駅で、当初の駅名は久米寺とされていた。
K
19年4月
近鉄小房線跡写真
畝傍北小学校内で分離した新線側は、小さな左カーブを描いて現橿原線に合流する。東側にそれらしき空き地が残されるものの、昭和20年代の空中写真を重ね合わせると、線路跡の中心は隣接する道路との境界付近(写真K)にあることを確認できる。
L
19年4月
二代目畝傍御陵前駅写真
合流後の二代目畝傍御陵前(写真L)は下りホームが島式で、上屋も両端が跳ね上がるY字型となる等、小房線と共用していた形跡が残されている。

ホーム幅分だけ離れていた両線は、駅の南方で距離を縮め、そのまま横に並んで進む。
M
19年4月
近鉄小房線跡写真
しばらく南下し道路への転用が終了すると、今度は路盤上に残されたレール(写真M)が目に入る。しかし軌間は1435㎜で、小房線の1067㎜と異なる。新たに橿原線の側線として再利用されたようだ。
N
19年4月
二代目橿原神宮前駅写真
支線は二代目橿原神宮前(写真N)までだが、線路はさらに吉野線に直通していた。その名残なのか、駅構内には狭軌の留置線が今も多数残されている。

-畝傍線-
O
20年8月
大阪電気軌道畝傍線跡写真
現在の橿原線は八木西口の南で飛鳥川を渡り、ゆるやかな左曲線を描く。畝傍線と呼ばれていた時代の旧線はここで別れ、そのまま真っすぐ南下していた。
分岐点(写真O)には病院が建ち、続けて警察署を抜け、さらに国道165号線を横切る。
P
20年8月
大阪電気軌道畝傍線跡写真
国道南側の駐車場を過ぎると、今度は樹木帯(写真P)がはじまる。いわゆる鎮守の森と呼ばれる一帯で、この東端を旧線が走っていた。
Q
21年1月
大阪電気軌道畝傍線跡写真
途中、やや場違いとも思えるコンクリート塊(写真Q)を見つける。位置としては初代畝傍御陵前付近にあり、駅設備の残骸と考えてもおかしくはない。

駅のすぐ南にある大久保神社参道の側溝には橋台(写真R)が残され、さらに南下すると水路用の橋台(写真S)も姿を見せる。径間は短いが複線用でもあることから、なかなかの存在感を見せつけている。

R
20年8月
大阪電気軌道畝傍線跡写真
大阪電気軌道畝傍線跡写真
S
20年8月

T
20年8月
初代橿原神宮前駅跡写真
最後に県道125号線と鋭角に交差し、終点の初代橿原神宮前(写真T)に到着する。旧小房線と隣接し両線の接続駅となっていたが、やはり正確な場所は把握できず、神社前駐車場付近と推し測るのみだ。

参考資料

  1. 近畿日本鉄道80年のあゆみ

参考地形図

1/50000   桜井   吉野山
1/25000   桜井 [S4鉄補]   畝傍山 [S4鉄補]

お断り・連絡先     ページtop
制作公開日2021-1/26 
転載禁止 Copyright (C) 2021 pyoco3 All Rights Reserved.