浜松電気鉄道中ノ町線を訪ねて
奥山線 笠井線 廃止鉄道ノート東海 減速進行

 地区:静岡県浜松市  区間:馬込~中ノ町/6.7km  軌間:762mm/単線  動力:蒸気・内燃

浜松から東に延びていた軌道で、旅客輸送と共に天竜川を経由する貨物輸送も視野に入れていた。しかし人家の密集する東海道上を蒸気動力で走るため、煙害等に対しての抗議が続き、やがて休止に追い込まれてしまう。その後内燃動力で復活するものの乗客はバスに流れ、長続きすることはなかった。

略史

明治 42(1909) - 3/ 3  大日本軌道 浜松支社 開業
大正 5(1916) - 3/ 27        中ノ町線 全通
8(1919) - 10/ 12  遠州軌道に改称  (譲渡)
10(1921) - 8/ 23  遠州電気鉄道に改称
14(1925) - 4/ 8  浜松軌道に改称 (譲渡)
昭和 2(1927) - 1/  浜松電気鉄道に改称
12(1937) - 2/ 18       中ノ町線 廃止

路線図



廃線跡現況

板屋町駅跡
A
94年9月
開業時は同一会社だった遠州鉄道西鹿島線は、起点の板屋町(写真A)から北に向かっていたのに対し、東方向に進んでいたのが中ノ町線。
ただし駅を出た直後は南へと経路を振り、一旦東海道本線を目指す。この区間は、その後延伸された西鹿島線の廃線跡とも一致する。
B
94年9月
その途中、国道152号線との交点に置かれていたのが新町(写真B)となる。ここも起点同様、大規模な再開発が行われ、今では何の痕跡も見いだせない。
C
21年4月
駅の南で観光バスの駐車場を通り抜け、すぐ南新町(写真C)に到着する。楽器博物館の北東角にあたり、浜松駅前一帯では唯一鉄道用地の境界線が残される場所だ。
D
21年4月
その先は東海道本線に接近し、両線の隣接地点に馬込(写真D)が設けられていた。院線との貨物受け渡し拠点となっていたようで、資料によっては馬込積込場とされ、スイッチバック駅となった三代目とは場所が若干異なっている。

なお、起点から当駅間の廃止許可が昭和2年12月、1067㎜軌間の西鹿島線が同区間を延伸したのが大正13年2月で、両路線が併走した時期があるとも取れるが、西鹿島線延伸時に中ノ町線を廃し、届を後から出したと考えるのが合理的で、762㎜との三線軌条だった可能性も多少残されている。
E
94年9月
路線はその後北に向かい、馬込川を越える。木橋だったこともあり、河川内に痕跡はない。橋を渡った後、国道152号線との合流地点には木戸が置かれ、さらにその先の信号交差点東に初代馬込(写真E)もあった。
しかし、ここまでの区間は駅の開廃が数次に及んだもようで、その正確な駅名や位置の変遷は未だ把握しきれていない。
F
94年9月
国道上を併用軌道で進む中ノ町線はしばらくして次の天神町(写真F)に達するが、軌道は撤去されたうえ道路も拡幅され、今では何の痕跡も見つけられない。
G
94年9月
次の天神町東(写真G)は同名バス停が目印となり、さらに子安交差点西側に植松(写真H)、浜松アリーナの東に永田(写真I)と、併用軌道らしく細かく駅を刻んでいく。

H
94年9月
I
94年9月

J
21年4月
橋羽(写真J)にはやはり目印となるバス停が設けられ、続く薬師安間橋(写真K)も同様だが、両駅とも地形図に記載はなく、同名バス停付近と推測するにとどまる。

安間川を渡ると道路が二手に分かれ、中ノ町線は右側の旧東海道上を進む。分岐点のすぐ東、姫街道市野宿への安間追分に位置したのが安間(写真L)となる。

K
94年9月
L
21年4月

M
21年4月
次の萱場(写真M)はやはり地図に記載がなく、駅間距離により松林禅寺の正門付近かと想像するのみだ。

駅の東には軌道跡を示す標柱(写真N)が立ち、路線の簡単な概略を紹介している。
N
21年4月

O
21年4月
ここからは道路上を離れ、北側の住宅地内を専用軌道で進んで行くことになる。大半の線路跡はマス目に区切られた市街地に埋没するものの、一部の通路(写真O)や土地境界線が当時のルートに重なる。
P
94年9月
さらに県道313号線を越えた先に、実質的な終点中ノ町(写真P)が設けられていた。蒸気機関車に必要な各施設を備えた駅跡は、現在、地元の公民館として活用されている。
旅客に関しては当駅どまりだが、天竜川を使った物流を中継する目的で、貨物専用線が河畔に向かって南へと続いていた。しかしそのルートは謎に包まれたままで、終点国吉の位置さえ判然としない。

参考資料

  1. 鉄道ピクトリアル通巻185号/遠州鉄道/武田彰 著・・・私鉄車両めぐり
  2. 今は昔 しずおか懐かし鉄道/中ノ町線 東海道にラッキョウ軽便走る/静岡新聞社

参考地形図

1/50000   浜松   磐田
1/25000   浜松 [S2部修]   磐田 [T6測図]

お断り・連絡先     ページtop
制作公開日2022-1/9 
転載禁止 Copyright (C) 2022 pyoco3 All Rights Reserved.