大分交通宇佐参宮線を訪ねて


国東線 豊州線 耶馬渓線 廃止鉄道ノート九州・沖縄 減速進行

地区:大分県宇佐市 区間:豊後高田〜宇佐八幡8.8km 軌間:1067mm単線 動力:蒸気・内燃

大分県各地に敷設された五つの私鉄。これが第二次世界大戦中に大合同し大分交通が生まれた。昭和五十年までに鉄道線は全線廃止され、その後はバス運行を主業務として現在に至っている。国鉄の駅が豊後高田の町と「八幡さま」の中間地点に設置されたため、それぞれを結ぶような格好で宇佐参宮線が計画・敷設された。一時は豊後高田から東に線路を延長し、国東半島を一周する計画も持上がったが、これは夢に終った。


 略史

大正 5 (1916) - 3/ 1 宇佐参宮鉄道 開業
昭和 20 (1945) - 4/ 20 大分交通に合同
40 (1965) - 8/ 21     宇佐参宮線 廃止

 路線図
* 地図上にマウスポインターを置くと大分交通線を表示

 廃線跡現況
A 今はバスターミナルに変わった豊後高田(A参照)。正月等の繁忙期に備え、長大編成が発着可能な長いホームを有していた。市内のやや奥まった場所にあるが、案内標識がないのは淋しいところ。

・・・駅の北東に広がる町並みは桂川を中心に程よくまとまり、のんびり散策したくなる魅力を持つ。近年は昭和の町として観光客を集め、都会からの移住先としても人気が高い。・・・
03年1月
南に向って出発した路線は、県道34号線と交差するまでの間、バス専用進入路(B参照)として活用されている。

その後は住宅地に飲み込まれ痕跡は消えるが、明野川を越えると一車線の市道に接近し、東側を併走し始める。一部に放置された路盤(C参照)が姿を見せ、その中に橋梁跡(D参照)も残されている。
B
18年3月

C D
03年1月 18年3月

E しばらく隣り合わせで進んだ鉄道と道路は途中で合流し、線路用地を転用した一車線道路に移行する。

その後、田笛川を渡り農地の中を一直線に進むと、突然T字路に突き当たって道は消える。突き当たりの南西に封戸[ふべ](E参照)が置かれていたが、すでに圃場整備された農地に飲み込まれ、駅跡の雰囲気は一切感じられない。
18年3月
農地内の路線を直接トレースすることは不可能だが、数百メートル迂回すると再び舗装路(F参照)として線路跡が姿を現す。ただ道路はすぐ未舗装路へと変わり、そのまま切通跡の藪地(G参照)につながる。

切通を抜けると、やはり未舗装のままで木工所への進入路として再利用されている。工場の先に続いていた築堤は既に削られ農地に変わるが、その西端に石積の橋台(H参照)を見つけることができる。
F
03年1月

G H
18年3月 18年3月

I さらに藪地、農地を交互に過ぎたのち、左急カーブを描くと宇佐(I参照)に到着する。当時の駅はJR駅の東側に隣接し、跨線橋で結ばれていた。跡地は既にJR構内に統合され、立ち入りは禁止されている。

駅を出ると一旦ルートを左に振った後、右急カーブで反転し、JRおよび国道をオーバークロスする。当線のハイライトともいうべき箇所だが、交差部に痕跡は無く、また前後の土地も区画が変えられたため、昔日の面影を偲ぶことは難しい。
03年1月
北西に向きを変えた路線はやがて向野川を越えるが、両岸に当時の橋台(J参照)、堤防東隣に暗渠(K参照)が残されている。

川を渡ると右手に岩崎神社が近づく。この西を流れる用水路にも、放置された橋台跡(L参照)を確認できる。
J
03年1月

K L
18年3月 18年3月

M 橋台の先は切通がそのまま放置されたため路盤は荒れ放題で、加えて湧水と思われる水も流れ、湿原のような状態を呈している。

切通を抜け路面がやや改善されると(M参照)、今度は一車線の舗装路として再利用され始める。
18年3月
コンクリート舗装された道路はやがて民家に突き当たって終了するものの、その先の農地内に当時の築堤(N参照)が姿を見せる。

さらに連続した左カーブで進む路線は、次いで寄藻川を横断し、ここにも鉄道時代の橋台、橋脚跡(O参照)、更に暗渠跡(P参照)を認めることが出来る。
N
03年1月

O P
03年1月 18年3月

Q 川を越えると廃線跡は宅地や工場等に転用され、ルート上を直接たどることは難しくなる。ただその中には、用水を跨ぐ小橋梁の石積橋台(Q参照)も隠されている。
18年3月
旧国道との踏切脇に設けられていた橋津(R参照)は、会社事務所に生まれ変わっている。

一旦南に向きを変えた宇佐参宮線は、ここから再び生活道(S参照)に転換され、右カーブで方向を西に変える。途中に設けられた橋梁(T参照)も、鉄道用が再利用されている。
R
18年3月

S T
03年1月 18年3月

U 道路は途中で堤防上の未舗装路に変わり、S字カーブを経て旧国道に合流し消滅する。鉄道側はここから、旧国道の南脇を併走し始める。

その跡地は既に農地や宅地等に取り込まれ痕跡は消えるが、一カ所だけ側溝の橋台(U参照)を見つけることができる。
18年3月
旧国道は一旦現国道10号線に重なったのち、すぐ左に分離する。その南側に続く線路跡をしばらく進むと、再び石積の橋台(V参照)が目に入り、また跡地に立つ民家の庭先には暗渠も垣間見える。

更に南西に向かっていた路線が右カーブでやや北に向きを振り、旧国道と位置を入替えると宇佐高校前に着く。高校へ続く道路の東側にホームだけの駅が置かれていた。
V
18年3月
W 線路跡はその後、宇佐神宮の駐車場に吸収されるような形で、終点宇佐八幡(W参照)へと続く。

大きな構内を持った駅跡もすでに駐車場等として整備され、残念ながら鉄道を偲ぶものは全て消し去られている。
18年3月

 保存
宇佐神宮境内に手入れの良い保存車両(X参照)が展示されている。 X
03年1月

 参考資料
  1. 鉄道ピクトリアル通巻186号/奈良崎博保・谷口良忠 著・・・私鉄車両めぐり
  2. 郷愁のローカル鉄道宇佐参宮線/清原芳治 編/大分合同新聞社

 参考地形図

1/50000  宇佐 [S2修正]
1/25000  豊後高田 [該当無]

 
 お断り・連絡先     ページtop
最終更新日2018-5/4  無断転載禁止 Copyright (C) 2003 pyoco3 All Rights Reserved.