大分交通国東線を訪ねて

宇佐参宮線 豊州線 耶馬渓線 廃止鉄道ノート九州・沖縄 減速進行

 地区:大分県杵築市 区間:杵築〜国東30.3km 軌間:1067mm単線 動力:蒸気・内燃

大分県各地に敷設された五つの私鉄。これが第二次世界大戦中に大合同し大分交通が生まれた。昭和五十年までに鉄道線は全線廃止され、その後はバス運行を主業務として現在に至っている。国東線は地方鉄道には珍しく快速列車なども運行され経営もそれなりに順調だったが、集中豪雨による思わぬ橋梁流失が廃止の引金を引いてしまった。もし現在まで残っていれば、大分空港への直行便として大活躍していたかもしれない。


 略史

大正 11 (1922) - 7/ 7 国東鉄道 開業
昭和 20 (1945) - 4/ 20 大分交通に合同
41 (1966) - 4/ 11      国東線 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと国東線を表示

 廃線跡現況

A 日豊本線の杵築(A参照)がこの鉄道の始発となる。構内の北側にホームが設けられ跨線橋で結ばれていたが、今は使用されない留置線が放置されるばかり。
駅の東方にあった車庫跡は空き地に変わっている。
16年7月
東に向かう路線は、短い舗装路を経て県道644号に合流する。但し県道に吸収されたわけではなく、道路脇の空き地(B参照)としてつながっていく。

最初の八坂もこの県道沿いで、同名バス停が設けられ、駅跡とわかる広がりも見られる。
B
02年12月
C 駅を出るとやがて県道から離れ、一車線の生活道(C参照)に転換される。

その道路上を進むと、中平バス停の少し手前で再び県道と合流する。この先の県道は鉄道用地を拡幅転換して建設されている。
02年12月
次の杵築祇園もこの道路上で、同名バス停付近と思われるものの、正確な位置の確認は取れない。

その後、連続した下り坂が終了すると、当線の主要駅であった杵築市(D参照)に到着する。大きな構内を持った駅跡は、バスターミナルや各種店舗として活用されている。
D
02年12月
E 国東線は駅の先から左にカーブを描き始め、県道から北に分離する。その線路跡は駐車場や通路(E参照)、バスの営業所等に取り込まれる。

路線に沿った土地の境界線も多数残され、ルートの確認は比較的容易だ。
02年12月
カーブが終わり北東に向きを変えると、高山川にぶつかる。堤防擁壁に隠されているものの、今も両岸の橋台(F参照)を確認することができる。 F
02年12月
G 川の北には暗渠跡(G参照)も残され、若干改修された上でガスボンベの置き場として使用されている。
18年03月
鉄道跡はこの北方から二車線の市道に変わり、大内へとつながる。駅は十字交差点の西側に位置したが、すでに痕跡はない。

道路はそのままセンターラインのない生活道として東へ延び、大内川を越す。鉄道時代の橋梁(H参照)が再利用されているため、道幅はかなり狭くなる。
川幅に比べてなぜか橋の長さが極端に短いのが面白い。
H
02年12月
I 道なりに進むと、やがて民家に突き当たって道路(I参照)は終了し、その後国道213号線に合流する。
18年03月
灘手付近は鉄道が海岸沿いに敷設され、旧道が内陸側を併走していた。沿岸が埋め立てられてしまったため当時の詳細は不明だが、駅跡は現国道北側の住宅地に埋没している。

駅の東、江頭川に架かっていた橋梁(J参照)は、国道脇の歩行者専用道として再利用されている。
J
02年12月
K 川を渡ると一旦国道上に戻り、そのまま守江を過ぎて今度は天村川にぶつかる。橋台と橋脚(K参照)が残されるが、こちらは歩道橋として利用されるでもなく放置されたままだ。
02年12月
国東線はここで再び国道と分離し、しばらくはその北側を並行する。路盤跡は空き地(L参照)や民家等に変わっている。

両者は同名バス停が目印となる東守江付近で再合流する。この先の国道は線路跡を拡幅転換して建設され、快適な二車線道路となる。
L
18年03月
M 次の狩宿は同名バス停のやや北に置かれ、その後国道上に続く奈多八幡(M参照)北奈多志口は駅跡にバス停が設けられている。
02年12月
国道から県道34号線へと移った路線は、安岐(N参照)の手前で道路から外れ、県道の東奥を北に進み、駅へと進入する。

主要駅として広い構内を持った駅跡は、既に道路沿いに立つ数軒の店舗に取り込まれ、その脇に申し訳程度のバス待合所が置かれている。
N
02年12月
O 駅の北に当線の運命を決めた荒木、安岐の両河川が流れるが、川底の橋脚跡らしき塊以外に痕跡を見つけることはできない。

橋の先は再び道路に転用されるが、今度は一転して細い生活道に変わる。途中の古城(O参照)は、海水を売りにした珍しい銭湯の北側に位置した。
02年12月
その後生活道は一旦国道213号線に合流したのち、下原北交差点で東に分離し大分空港の正面に向かう。

大海田(P参照)は空港玄関前の駐車場付近で、利用者には特等席ともいえる場所を占めていた。現在まで国東線が残っていれば、まさに「ドアtoドア」の空港直行便として大活躍していたのかもしれない。
P
18年03月
Q 大分空港を後にした路線は、二車線道路として海岸沿いを北上する。この途中、沿線海水浴場への利便を図るため、夏場だけ設置された行者原の駅跡を探したが、有力な手掛かりを見つけることは出来なかった。

道路はやがて平行する国道213号線へ合流し(Q参照)、ここからの国道は廃線跡を拡幅利用したものとなるが、残念ながら鉄道の痕跡はすべて消し去られてしまう。
02年12月
武蔵は国道西側に平行した取付道路が残るものの、正確な場所の特定は難しい。続く池ノ内綱井黒津崎の各駅も同様で、目印となるバス停等の設置はなく、旧版地形図を頼りにおおよその位置を推測するにとどまる。

しばらくして国道が左急カーブで西に向きを変えると、北に向かう鉄道側は右に分離し、サイクリングロード(R参照)に転用される。この中に設置されていた小原も痕跡はなく、駅跡の確定は無理だった。
R
02年12月
S 駅の北で三尾谷川を渡ると、連続した上り勾配が始まる。一部に民家も建つが、大半は当時の路盤(S参照)がそのまま放置され、足を踏み入れることが難しい箇所もある。
02年12月
勾配が終わり太陽光パネルの一角を過ぎると、再び一車線道路となり、国東(T参照)の駅跡を利用したバスターミナルへつながる。

バスの待合室となった駅舎や日通の営業所、駅前のビルもすでに無く、当時は町の中心であったろう昔日の面影はどこにもない。むしろ人の往来の少なさとも相まって、周辺はかなり寂れた印象さえ与えている。
T
02年12月
U この先さらに北に向けて延長線が計画され、建設工事もかなり進んでいたようだ。
いわゆる未成線に相当する区間で、現在の国道213号線(U参照)とほぼ一致する。但し国東市街地に関しては、そのルートの推測は難しく、正解は見つかっていない。
18年03月
免許申請時の本来の終点、富来(V参照)の予定地は富来川の真ん中あたりと思われる。といっても川は後年氾濫対策として新たに開削されたもので、川の上に駅を造る計画があったわけではない。このあたりの経緯は、TOMさんより「ご記帳処」にお寄せ頂いた文中に詳しい。

なお駅位置は昭和30年代の空中写真より類推し、国道の東側を平行する一車線道路延長線上と判断した。
V
18年03月

 参考資料

  1. 郷愁のローカル鉄道国東線/清原芳治 編/大分合同新聞社
  2. 鉄道ピクトリアル通巻333号/大分交通国東線廃線跡を訪ねて/田口雅延 著

 参考地形図

1/50000  鶴川 [S26応修]    豊後杵築 [S26応修]          
1/25000  下原 [該当無]  鶴川 [該当無]  住吉浜 [該当無]  若宮 [該当無]    杵築  [該当無]

 
 お断り&連絡先     ページtop
最終更新日2018-5/7  無断転載禁止 Copyright (C) 2003 pyoco3 All Rights Reserved.