大分交通国東線を訪ねて

宇佐参宮線  豊州線  廃止鉄道ノート九州・沖縄  減速進行

 地区:大分県杵築市 区間:杵築〜国東 軌間:1067mm 動力:蒸気・内燃

大分県各地に敷設された五つの私鉄。これが第二次世界大戦中に大合同し大分交通が生まれた。昭和五十年までに鉄道線は全線廃止され、その後はバス運行を主業務として現在に至っている。

国東線は地方鉄道には珍しく快速列車なども運行され経営もそれなりに順調だったが、集中豪雨による思わぬ橋梁流失が廃止の引金を引いてしまった。もし現在まで残っていれば大分空港への直行便として大活躍していたかもしれない。


 略史

明治 45 (1912) - 2/ 1 国東鉄道 設立
大正 11 (1922) - 7/ 7   〃 開業
昭和 20 (1945) - 4/ 20 大分交通に合同
41 (1966) - 4/ 11   〃   国東線 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと国東線を表示します


 廃線跡現況

A 日豊本線との連絡駅でもあり、この鉄道の始発駅杵築(A参照)はJR駅北側に隣接していたが、今は利用目的もない留置線が広がるばかり。
駅の東方に置かれていた車庫跡は、一部運輸会社等に利用されている。

ここから東に向って出発し、短い舗装路を抜けると、すぐに県道644号と合流し、この道に沿って廃線跡(B参照)が続く。
16年7月
県道に吸収されたわけではなく、道路脇に未舗装の空き地が広がりはっきりと区別が可能だ。
参考地形図にはこの県道の記載はないが、国東線健在の時期に鉄道に沿って建設され、その後国東線が廃止されたと考えるのが妥当だろう。

最初の駅、八坂もこの県道沿いで、スーパーの前に駅跡とわかるそれなりの空き地が広がる。
B
02年12月
C
02年12月
駅を出てしばらくすると県道から離れ、狭いが舗装された生活道(C参照)として利用される。この道の途中にあったアーチ橋は既に新たなコンクリート橋に変更され、参考資料に載った写真は見つけることができない。
この道を進むと中平バス停の少し手前で再度県道と合流し、後は県道に吸収されて東へと向う。

次の杵築祇園の駅跡もこの県道沿いで、道路脇に小さな空き地を見つけるが正確な位置の確認は取れない。ただ、旧版地形図からは、同名のバス停付近であることが読みとれる。
続いて県道を進み市街地に入ると、この鉄道の主要駅であった杵築市に到着するが、今は各方向へ延びるバスターミナルとして活用されている。
鉄道跡はここから県道を北にはずれ左にカーブを描きだすが、跡地は家電量販店や国東観光バスの車庫に取り入れられている。鉄道の境界線は、今もはっきり確認することができる。

余談だがこの国東観光バス、大分交通グループの会社で、社名に観光と付くものの車庫内には観光用と思われるバスは一台もなく、運行は路線バスが主体のようだ。

バス車庫から高山川までの間は高層マンション脇に未利用のまま放置され、さらに高山川には両岸に橋台(D参照)を確認できる。
D
02年12月
E 川を渡ると次の大内までが2車線道路に転用される。大内でこの道は左に曲がるが、鉄道跡はそのままセンターラインのない生活道としてさらに東へと延びる。

その先で入り江となった大内川を橋梁(E参照)で越すと道は途切れ、民家に突き当たり、その先は国道213号線に吸収されてしまう。
02年12月
海岸沿いの灘手付近は沿岸が埋め立てられてしまったため当時の詳細はわからないが、鉄道が海岸側、旧道が内陸側を走っていた。新国道は、鉄道跡より海岸に張り出した埋め立て地に建設されている。当時の様子は参考資料の小さな写真から偲ぶことができる。
駅の東、江頭川に架かっていた橋梁(F参照)は国道脇の歩行者専用道として利用されている。

国東線はここから安芸の手前まで、一部を除いてこの2車線の国道をトレースし始める。
F
02年12月
G 守江駅もこの道路沿いだが、この東、天村川に架かる橋梁は国道拡張からはずれ、橋台、橋脚(G参照)は今も原形をとどめたままでその姿をさらしている。
川の東からは再度国道に吸収され東守江へと続くが、この駅名、参考地形図2では住吉浜となっている。次の狩宿とともに、駅跡らしく道路にそれなりの広がりを見せる。

奈多八幡にはサイクリングロードの案内地図等も備わり、続く北奈多志口と同様バス停として利用されている。
このような道路転用地を探索すると、どうしても集中力がとぎれがちで、肝心なものを見落しがちになる。探索時のちょっとして落し穴だ。
02年12月
しばらく続いた国道への転用も安岐の手前で一旦途切れ、廃線跡は旧道の東沿いの民地の中を進みながら駅へと進入する。
駅跡はスーパーの駐車場(H参照)に変身し、この北に国東線の運命を決めた安岐、荒木の2河川が流れるが、今は橋梁橋脚等を見つけることはできない。

橋の前後は民家が建ち、その先は再び道路に転用されるが、今度は一転して細い生活道となっている。
H
02年12月
I
02年12月

道沿いに進むと古城(I参照)に達するが、旧版地形図からおおよその場所を判断するのみで、駅跡の特定はできなかった。
さらに進むと再度国道213号線に交わるが、昭和46年に周辺一帯が大分空港として大規模な開発整備がなされたため、次の大海田を含めて当時の面影はどこにもない。

旧版地形図を最新版と重ね合せると、この大海田駅は空港玄関前の一番便利な場所を占めていたことが読みとれる。もし大分交通線が現在まで残っていれば、まさに「ドアtoドア」の空港直行便として大活躍していたのかもしれない。
また空港には全国的にも珍しい大分市直行のホバークラフト乗り場が併設されていて、こちらもなかなか勇壮な走行姿で楽しませてくれる。

さて大分空港の玄関をかすめた廃線跡は、ここから先、2車線の県道として空港の西沿いを北上する。
沿線には今も海水浴場が多く、夏場の海水浴客用として設置された行者原臨時駅は、県道が小さく左カーブする地点の建設資材置き場に、その雰囲気を感じ取ることができる。ただし参考地形図にも記載がなく、あくまで推測の域を出ない。

ここを過ぎると西側を走る2車線の国道213号へと合流し、廃線跡も道路上をトレースしさらに北へと続く。国道は国東線の跡地を拡幅利用したものだが、まさにどこにでもある地方のバイパス道といった様相を呈し、鉄道の匂いはどこにも感じられない。もちろん痕跡等もあろうはずはなく、時間をかけて探せば探すほど失望感に見舞われる。

武蔵は特に目印やバス停もなく、場所の特定は難しい。参考地形図から判断するしかないが、この国道に絡む格好で、当時の駅への取り付け道路かと思われる奇妙な道が残っている。
続く池ノ内綱井黒津崎の各駅跡も同様に場所を特定できる材料は少なく、旧版地形図から推測するにとどまる。

鉄道跡はその北、小原の手前で国道から分かれ右カーブを描く(J参照)が、ここから短い間だが自動車通行不可のサイクリングロードに変る。駅跡は堤防沿いにそれらしき空地が今も残るが、やはり特定は難しく、また駅の北で三尾谷川を渡るが、こちらも橋脚等を見つけることはできない。
J
02年12月
K 川の北岸には一部民家も建つが、その先は旧道の東側に当時の路盤がそのまま放置されている。ここは終点国東に向って連続の上り勾配だが、かなり荒れていて足を踏み入れることは難しい。
勾配は国東中学校付近で終り(K参照)、その先は駐車場、商店に取り込まれる。商店はスーパー風だが、現在廃業状態でシャッターも閉り屋号も消されている。

これを抜けると再び舗装された狭い路地として姿を現し、その続きが国東駅跡を利用したバスターミナル(L参照)への進入道につながる。
進入口には一般車進入禁止の標識等はとくにないが、誤進入する車もあまりいないのだろう。ただ、このターミナルは主要道からの案内標識がなく、旅行者にはわかりづらい場所に位置する。
当時の駅舎はバスの待合室となり、隣接してタクシーの営業所が建つ。正面には小さいロータリや、かなり古いが日通の営業所もあるし、また対面にはスーパー、ボーリング場などが入っていたと思われるビルもあり、鉄道運行時にここが町の中心だったことが十分偲ばれる。
02年12月
残念ながら現在はビルが閉鎖され、人の往来の少なさとも相まって周辺はかなり寂れた印象を与えている。

国東から先、富来までの延長線が計画されており、参考地形図に1kmほど未成線造成部が記載されているが、これは現在の国道213号線と一致する。この国東線、未成部も含めて国道の建設に大いに貢献したようだ。
免許申請時の本来の終点、富来の駅予定地は資料がなく正確な場所は不明だが、富来郵便局や大分銀行のあるあたりではないかと勝手に想像している。
L
02年12月

 最新の情報


 参考資料


 参考地形図

1/50000  鶴川 [S26応修]    豊後杵築 [S26応修]  
1/25000  下原 [該当無]  鶴川 [該当無]  住吉浜 [該当無]  若宮 [該当無]
 杵築 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2017-4/25  無断転載禁止 Copyright (C) 2003 pyoco3 All Rights Reserved.