大分交通豊州線を訪ねて

宇佐参宮線 国東線 耶馬渓線 廃止鉄道ノート九州・沖縄 減速進行

 地区:大分県宇佐市 区間:豊前善光寺〜豊前二日市15.5km 軌間:762mm単線 動力:蒸気・内燃

大分県各地に敷設された五つの私鉄。これが第二次世界大戦中に大合同し大分交通が生まれた。昭和五十年までに鉄道線は全線廃止され、その後はバス運行を主業務として現在に至っている。設立当初、日出生[ひじゅう]鉄道と称したこの鉄道は、日豊本線豊前善光寺から日出生台陸軍演習場を通り玖珠町森を最終目的地としていたため、この名が付いた。しかし残念ながら当初の目的は達成できず、豊前二日市までの開通のまま廃止を迎えた。沿線に四日市以外の大きな町はなく開通当初から経営は苦しかったが、駅館川の橋脚倒壊が廃止の引金を引いてしまった。


 略史
大正   3 (1914) - 5/ 23 日出生鉄道 開業
11 (1922) - 2/ 4    〃 全通
昭和   4 (1929) - 4/ 24 豊州鉄道に改称
20 (1945) - 4/ 20 大分交通に合同
26 (1951) - 10/ 14   〃   豊州線 休止
28 (1953) - 9/ 30   〃    〃 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと大分交通線を表示


 廃線跡現況
A JR豊前善光寺の駅前道路(A参照)や商店等が、かつての大分交通豊州線の出発点豊前善光寺の跡地となる。

この駅前道路は豊州線の廃止後に建設されたようだ。
03年1月
商店の西側に残る複線分の橋台(B参照)は、隣の機関庫とを結ぶもので、この付近では唯一の生き証人となる。

駅を出ると、右カーブで南に向きを変える。線路跡は民家や消防施設に取り込まれ、小さな用水に沿って南下する。
B
03年1月
C 途中からは藪地となった路盤が姿を現し、その後未舗装の農道(C参照)として利用され始める。

やがて駅前から延びる道路に重なると、一車線の生活道に変わる。ただ道路への転用は、県道629号に突き当たった地点で途切れる。
その先は耕地整理された農地に飲み込まれているが、この中に取り残された小さな墓地の脇から、再度生活道として南下を始める。
18年3月
道路に転換されると当時のルートをたどるのは容易だが、橋梁などは造り直されることが多く、鉄道時代の遺構は発見できなくなる。痛し痒しといったところか。

最初の駅、(D参照)もこの道路上の変則五差路付近に設けられていた。
D
18年3月
E 道なりに進むと国道10号線、続いて旧国道と交差する。この途中に位置した豊前四日市(E参照)は、バス乗り場やコンビニ等に利用されている。近年変貌の激しい場所だ。
駅を出ると道幅は変わらないものの、センターラインの引かれた二車線道路に変わる。

新豊川は宇佐市の消防格納庫付近と考えられるが、現地で確認をとることはできなかった。
03年1月
南西へと向きを変えた路線は、国道387号線の旧道と交差したのち一車線道路に変わり、さらに未舗装となって駅館川[やっかんがわ](F参照)にぶつかる。当線は16キロほどの路線の中で、この川を3度越えていた。

両岸に石積みの橋台が残るが、右岸側は橋台ではなく橋脚のような不思議な形状を見せている。なお以前、川の中央にあった橋脚は既に撤去されてしまった。流木等による災害防止がその理由らしい。
F
03年1月
G 川を越えると一車線の舗装路に転換され、右カーブを描いて国道387号線に合流し、拝田へと続く。駅は同名バス停付近と思われるが、正確な位置は探し出せなかった。

その後、国道が左カーブで南東に向きを変えると、鉄道側は右にはずれ田圃の中に消える。旧版地形図に記載のない鷹栖観音(G参照)は、カーブ途中の同名バス停付近にあったことを地元で教えてもらった。
18年3月
田圃を抜けると再び駅館川に行く手を阻まれるが、その手前に未舗装路(H参照)が続く。 H
18年3月
I 第二駅館川橋梁(I参照)では、両岸の橋台を確認することが出来る。また軽便らしからぬ壮大な橋脚は、倒壊して川床に痛々しい姿を晒していたが、こちらも災害への備えから既に撤去されている。

幾度も氾濫を繰り返した河川だが、豊州線廃止へ直接の引き金を引いたのもまた、この川に架けられた鉄橋の流失だった。
03年1月
川を渡って左急カーブを終えると、藪の中に小さな橋梁跡(J参照)を発見するが、人の手も入らず朽ち果てるにまかせられている。

その後は採石会社の構内道路を経て、国道387号線に合流する。
J
03年1月
K 但し、すぐ国道から南側に離れてしまう。孵卵場の入り口がそのルートに一致しそうだ。

山沿いを走る線路跡の大半は藪地となり、山林に同化しているが、一部に築堤が残され、溝橋跡(K参照)も認めることが出来る。路面には鉄道廃止後に成長したと思われる大木が食い込み、今にも橋台を崩しそうだ。
18年3月
平行する国道が右カーブを終了した地点で、両者は再度合流し、そのまま三又川(L参照)へとつながる。ここにはホーム跡の一部が残り、駅名標を模した案内板が整備されている。 L
03年1月
M 駅の南側で再び緩やかな右カーブを描くと、豊州線は国道と別れ一車線の舗装路(M参照)に転用される。
18年3月
そのまま東九州道をくぐり、妙見川を渡った先が香下神社前(N参照)となる。妙見川には長く鉄橋跡が残されていたらしいが、高速道の工事に伴うものか、今はきれいに撤去されている。
また駅跡も駅名標が立つだけで、特に痕跡はない。

その先は一旦国道と交差し、東側を並走するするものの、やがて国道に吸収される。
N
03年1月
O バス停の前に駅名標が立てられていた香下(O参照)。現在はなぜかベンチ裏に表示部が放置され、その役目を果たせていない。

ここからの国道は線路跡を拡幅転換したもので、旧道も絡めながら二車線道路として続いていく。途中で恵良川と名を変えた駅館川を越えるが、痕跡は認められない。
03年1月
南に向かう道路上で、同名バス停付近に位置したのが豊前円座。案内表示はないが、信号交差点南側の道路が駅前通りに相当し、突き当りが駅構内となる。

その後しばらく続く登り勾配が終了すると、終点豊前二日市(P参照)に到着する。現在は道路拡幅工事中で、駅跡の目印となっていた酒店は既に立ち退いてしまった。
P
03年1月
Q ただ道路脇には当時の給水塔(Q参照)が保存され、駅名標と共にその説明書も添えられている。

戦後まもなく廃止され半世紀以上を経過した鉄道だが、地元でまだまだ記憶にとどめられていることは大いに心強い。
03年1月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  宇佐 [S2修正]    豊岡 [S2要修]
1/25000  宇佐 [該当無]  下市 [該当無]

 
 お断り&連絡先     ページtop
最終更新2018-5/2  無断転載禁止 Copyright (C) 2003 pyoco3 All Rights Reserved.