大分交通豊州線を訪ねて

宇佐参宮線 国東線 耶馬渓線 廃止鉄道ノート九州・沖縄 減速進行

 地区:大分県宇佐市 区間:豊前善光寺〜豊前二日市 軌間:762mm 動力:蒸気・内燃

大分県各地に敷設された五つの私鉄。これが第二次世界大戦中に大合同し大分交通が生まれた。昭和五十年までに鉄道線は全線廃止され、その後はバス運行を主業務として現在に至っている。設立当初、日出生(ひじゅう)鉄道と称したこの鉄道は、日豊本線豊前善光寺から日出生台陸軍演習場を通り玖珠町森を最終目的地としていたため、この名が付いた。しかし残念ながら当初の目的は達成できず、豊前二日市までの開通のまま廃止を迎えた。沿線に四日市以外の大きな町はなく開通当初から経営は苦しかったが、駅館川の橋脚倒壊が廃止の引金を引いてしまった。


 略史

明治 45 (1912) - 6/ 8 日出生鉄道 設立
大正   3 (1914) - 5/ 23    〃 開業
11 (1922) - 2/ 4    〃 全通
昭和   4 (1929) - 4/ 24 豊州鉄道に改称
20 (1945) - 4/ 20    〃  大分交通に合同
26 (1951) - 10/ 14 大分交通 豊州線 休止
28 (1953) - 9/ 30    〃 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと大分交通線を表示


 廃線跡現況

JR豊前善光寺の右手駅前商店(A参照)、ここがかつての大分交通豊州線の出発点豊前善光寺。この商店の隣に橋台が2線分残るが(B参照)、駅から機関庫への線路跡で、この付近では唯一の生き証人。
駅前商店は正月のためか扉を閉め、角地にひっそりとたたずんでいる。

この駅前のシーン、どこかで一度会ったなと、いろいろ頭の中の引出しを検索してみたら、なんと仙台鉄道の西古川だった。東北と九州で大きく離れ、気候、生活風習なども違うはずだが、駅前の雰囲気がこれほどまで似かよっているのはどうした偶然なのか・・・。
A 03年1月
さて現在のJR駅から南に向って延びる駅前通は豊州線の跡地を利用したものだが、豊前善光寺からこの道に沿ってしばらく進むと、鉄道跡は駅前通から左にはずれ中央線のない生活道へと変化する。

この道路への転用は、一旦県道629号に突き当たった地点で途切れる。その南は農地として整備されているが、この中に小規模な墓地が取り残されており、鉄道跡はその脇から再度舗装された生活道として利用され始める。
B 03年1月
最初の駅もこの道路上の変則的な交差点付近で、駅跡は旧版地形図と比較してやっとわかる程度。道路に転用されると当時の線路跡をたどるのは容易だが、橋脚などはことごとく造り直され、鉄道時代の遺構は何一つ発見できなくなる。痛し痒しといったところか。

さらに南進すると当地の主要道国道10号線と交差し(C参照)、続いて旧国道とも交差する。この手前にあった豊前四日市も痕跡はなく、今は向かいにJAの大きな建物が控えている。この旧国道、センターラインもなく何とも狭い道だが、比べて交差する廃線跡は2車線の立派な道路に生れ変わっている。
C 03年1月
新豊川もこの道路上で、旧版地形図から判断して現在のJAの近くが妥当と推測する。
さらに進むと旧国道387号と斜めに交差し、1車線の狭い道へと変化するが、その先で周防灘へ注ぎ込む駅館川とぶつかる。豊州線は16キロほどの短い路線の中で、この駅館川を3度越えていた。

駅館川は[やっかんがわ]と読み、現在三又から上流は恵良川と名を変えるが、以前は駅館川の名称のまま上流まで延びていた。当時の橋脚・橋台(D参照)が現在も残るが、川を越えると跡地は農地等に転換され、たどることが困難になる。
D 03年1月
鉄道跡は右カーブを描き、コンビニのあたりで新国道387号に合流・吸収され拝田へと続く。
この後国道と合流したままの状態がしばらく続くが、国道が拝松集落で大きく左カーブを描くと、廃線跡はこぼれ落ちるように右にはずれ、田圃の中に消える。付近に鷹栖観音駅があったはずだが痕跡はまったく発見出来ず、さらに旧版地形図を頼りに進むと再度駅館川に行く手を阻まれる。

川を渡る第2 駅館川橋梁取付け部の築堤が、今も民家前の地道として残っており、橋台も確認することが出来る。また、橋には軽便らしからぬ壮大な橋脚が用いられていて、一部は最近までその姿をとどめていたらしいが、今はすべて倒壊し川床に何とも痛ましい姿(E参照)を晒している。
E 03年1月
全路線の中で一番建設資金を要したと思われる橋梁の崩落が、豊州線の息の根を止める直接の原因になったことを考え、この現状を目の当りにすると何とも複雑な心境にとらわれる。

さて、駅館川を越えた対岸の藪の中に小さな橋梁跡(F参照)を発見するが、人の手も入らず朽ち果てるにまかせられている。
この後は一旦狭い舗装路に転用され、続いて並走する国道387号に再度合流するが、ここから先は廃線跡を国道に転用したもので、旧道も絡めながら終点まで続く。
F 03年1月

次駅の三又川から香下神社前香下までは、当時の所在を示す駅跡の標識(G・H・I参照)が国道沿いに整備されている。

ただし、参考とした下記旧版地形図には香下神社前の記載はない。
G 03年1月

H 03年1月 I 03年1月

さらに国道387号を南下すると豊前円座。表示はないが、現在のバス停付近。


終点豊前二日市(J・K参照)には、道路脇に給水塔跡(L参照)が保存され、その説明文も添えられている。
J 03年1月 K 03年1月

戦後まもなく廃止され既に半世紀を経過した鉄道だが、地元ではまだまだ記憶にとどめられている様子で、ファンにとっても大いに心強い。
L 03年1月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  宇佐 [S2修正]    豊岡 [S2要修]
1/25000  宇佐 [該当無]  下市 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新後2017-7/4  無断転載禁止 Copyright (C) 2003 pyoco3 All Rights Reserved.