京福電気鉄道丸岡線を訪ねて

永平寺線 越前本線 廃止鉄道ノート北陸・甲信越  減速進行

 地区:福井県坂井市 区間:本丸岡〜西長田 軌間:762→1067mm 動力:蒸気→電気

「一筆啓上 おせん泣かすな馬肥せ」で近年一躍有名になった丸岡町。明治時代に北陸線が開通したが、市街地をやや外れて敷設されたため、その丸岡駅と中心部を結ぶ目的で開業したのが丸岡鉄道。
昭和に入り永平寺鉄道が開業し、さらに三国芦原鉄道の開業に合わせ西長田まで路線を延長したことによって、戦後の京福電気鉄道ネットワークの一部を形作っていた。ただ、距離が短く鉄道の利点が生かせないことや、当地方の中心地福井市への直通が出来ないこと等から廃止時期は早かった。


 略史

大正 4 (1915) - 6/ 22 丸岡鉄道 開業
昭和 5 (1916) -    〃 改軌、電化
19 (1944) - 12/ 1 京福電気鉄道に合併 同社丸岡線となる
43 (1968) - 7/ 10     〃   丸岡線 当日を以て廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと京福電気鉄道丸岡線を表示します


 廃線跡現況

A 永平寺線との乗換駅でもあった本丸岡(A参照)。その永平寺線も廃止され、跡地はバスターミナルとして活用されている。

この地に駅を設けたのは丸岡線の前身である丸岡鉄道が先で、当初は一路線の終端駅として存在していた。
北西に向いた列車が走り出すと、すぐに左カーブで西に向きを変える。
94年3月
鉄道跡は二車線の舗装路に再利用され、当地の大動脈国道8号線福井バイパスと交差する(B参照)。なお、このバイパスは丸岡線廃止後に計画、建設されたものだ。
中心部に近いためか双方とも交通量は多い。


国道を越えやや交通量の減った道を進み、南北集落のど真ん中に位置していたのが一本田
B
94年3月
C 集落を抜けるとのどかな田園風景が広がる。丸岡線跡を利用した二車線道路をしばらく走り、小さな十字路を越すと、南側に平行する県道10号線に吸い寄せられるように左へと曲線を描き出す。

道路への転換はここまでで、鉄道跡は道路とは逆に右へとカーブを切っていた。その分岐点である小さな交差点の西側が舟寄(C参照)
一時期は跡地に建物が建てられていたが、今ではそれもきれいに消えている。
94年3月
その先はほ場整備された農地の中に姿を消し、兵庫川の北を西に向って進む。
やがて北陸線に近づくと、90度に近い角度で北に反転し丸岡駅を目指すこことなる。

このカーブ途中には新福島(D参照)が設けられていたが、当時の痕跡を見つけ出すことは不可能に近く、鉄道の匂いすら感じることは出来ない。
D
94年3月
E ほぼ真北に向きを変えた路線は一車線の生活道に姿を変え、新庄の集落を目指す。ただこの道路、当時の路盤を正確にトレースしたものではなく、一旦区画を整理した後に新たに建設されたと考えるのが自然だ。

旧版地形図では路線沿いに集落や家屋等は見あたらないが、現在はJR駅に近い地区は民家が建並んでいる。そんな中で、当時の用水路であったと思われる場所に橋台(E参照)を見つけることが出来る。西長田への分岐点もこの付近。
94年3月
民家の中を進み、北陸線に近づくと丸岡(F参照)に到着する。JR駅の東側に丸岡線の列車がすべり込んでいた。

ここでスイッチバックの形を取り、さらに西へと路線が続いていくが、丸岡方から西長田方への直通客は少なく、乗客の流れは当駅で分断されていた。
F
94年3月
G 一旦南に逆進し、先程の分岐点で西に分れると一気に高度を上げ北陸線をオーバークロスしていく。 この交差部の両側には今も橋台(G参照)が残り、その正確なルートを教えてくれると同時に、丸岡線の存在をも大きくアピールしている。

このようなコンクリート構造物は取壊しに費用が掛るため、崩落の危険等の差迫った理由が発生しない限り、しばらくの間は現状維持を続けるものと思われる。
94年3月
北陸線を越えたあとは、やはりきれいに区画の整理された農地の中を西に向った進むため、鉄道跡を見つけるのは困難となる。あえて言うなら、一本の水路がその跡地に沿って延びているが、これとて当時の路盤をそのままトレースしたものではない。

東長田もまさに田圃の中で、ここに鉄道が通っていたと主張しても果してどれだけの人が信じてくれるのか、全く自信はない。

その西で兵庫川を渡り、南に90度曲がると西長田(H参照)。ここで三国芦原線と接続する。以前は分岐駅らしき雰囲気も残っていたが、今ではそれも完全に消えてしまった。
H
94年3月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  永平寺 [S28応修]  福井 [S24応修]
1/25000  丸岡 [S35資修]  越前森田 [S33修正]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2013 pyoco3 All Rights Reserved.