京福電気鉄道永平寺線を訪ねて

越前本線 丸岡線 廃止鉄道ノート北陸・甲信越 減速進行

 地区:福井県永平寺町 区間:金津〜永平寺 軌間:1067mm 動力:電気

社名からは京都と福井を結ぶ目的だったことが読みとれるが、実際には両都市に別れてそれぞれに路線を延していた。福井側の路線では平成に入り二度にわたる列車同士の正面衝突事故を起し、その存続が危ぶまれたが、沿線自治体の出資による第三セクター「えちぜん鉄道」が設立され、何とか廃止だけは免れた。
永平寺線は曹洞宗の本山永平寺への参宮鉄道でもあったが、道路交通の発達に伴って二度に分けて廃止されている。ここでは昭和時代に廃止された路線を取上げる。


 略史

大正 14 (1925) - 9/ 16 永平寺鉄道 開業
昭和 19 (1944) - 12/ 1 京福電気鉄道に合同
44 (1969) - 9/ 17       金津〜東古市 当日を以て廃止
平成 13 (2001) - 6/ 25        福井地区全路線休止
14 (2002) - 1/ 31       東古市〜永平寺 当日を以て廃止
2/ 1 えちぜん鉄道 京福電気鉄道の福井地区路線を譲受
7/ 20    〃    営業再開

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと永平寺線を表示します


 廃線跡現況

今は芦原温泉と名を変えた北陸線の金津(A参照)。当時の国鉄駅東隣りから永平寺線が出ていた。特に大きな変貌もなく駅跡の雰囲気を感じ取ることが出来る。
ここから京福電気鉄道とは逆方向に出発し、漁港の町三国を目指していた三国線も既に廃止となっている。

駅を南に出ると一旦左にカーブし、南東方向を目指すこととなる。一部が沿線工場の専用線に転用され、しばらくは貨物列車が運行されていたが、いまはそれも廃止されている。
94年3月
専用線廃止直後にはレールがそのまま放置されていた時期もあったが(B参照)、今は道路に転用されてしまった。

その先は工場敷地に組込まれるものの、そこを抜けると菅野。付近の線路跡には建物が建てられている箇所があるが、放置されたままの当時の築堤も一部で見つけることが出来る。
B
94年3月
C その後は県道123号線に合流し、この県道の拡幅に一役買っている。北側のみ広い歩道が設置されているがこれが鉄道用地を利用したもの。

伊井(C参照)の跡にはバス停が設けられているが、現在名は集落名に合わせて矢地となっている。
この先は県道と同一方向ではあるものの微妙にずれて進んでいく。永平寺線がやや左へ、県道がやや右へと向っている。従って道路への転用はなくなり、いまでは区画がきれいに整備された農地の中に、その姿を完全に隠してしまった。
94年3月
熊坂川を越え、NTTの中継アンテナの東付近に位置した御簾ノ尾にも何の痕跡も見られない。

ほぼ真東に向いたまま工場敷地内を通過し、右急カーブで南東に向きを変えると同時に、鉄道用地を利用した二車線道路が姿を現す。入口には駐在所が控え、さらに消防団、公民館、小学校を順に過ぎるとJAの建物が姿を現す。
ここが坪江(D参照)で、JAによって駅位置が特定出来るのは、まさに廃止された地方鉄道の典型といったところか。
D
94年3月
E ただ二車線道路として活用されるのもこの集落を抜ける短区間だけで、その先国道8号線に突き当る手前で南に向きを変えると、一車線の生活道に転換される。この道は国道と平行しつつ直線路が続くが、その中に爪生も設けられていた。

南へと向う鉄道跡転用道路が丸岡町に入ると平行する国道はやや西に進路を変え、この転用道路と交差した後にその距離を徐々に離していく。
鉄道側も国道との交差後は、その跡地を農地の中にかき消されてしまう。
94年3月
乗兼にも民家が建ってしまったが、その後出来たバス停が駅跡を示している。集落内は敷地が分断され跡地をたどることは難しいが、小さな用水路には当時の橋梁跡(E参照)を見つけることも出来る。

さらに南へ向かう路線は竹田川を渡るが、ここに橋台の一部(F参照)が残されている。川を越えたのちは生活道の東脇を併走することとなる。既に農地に組み込まれているものの、その中に小橋梁跡が二箇所(G・H参照)顔をのぞかせている。
F
94年3月

G H
15年9月 15年9月

I ここから先は道路になったり、宅地になったり、放置されたりと様々だが、土地の境界線は連続して続き、跡地をトレースすることは比較的容易だ。
さらに県道147号線に接近するとホーム跡の残る長畝(I参照)に到着する。
16年4月
「一筆啓上賞」で全国に名を馳せた丸岡町。平成の大合併で坂井市丸岡町と名を変えたが、その丸岡町市街の北端に位置するのが丸岡口

市街地では宅地等への転用が進み、かつて鉄道が走っていたことを知る手掛りは少なくなっている。そんな中にも、丁寧に辿れば当時の橋台(J参照)や路盤に沿った土地の境界線を見つけることが出来る。
J
94年3月
K 北陸線丸岡駅へ接続する丸岡線との乗換駅でもあった本丸岡(K参照)。その広い構内を利用してバスターミナルに生れ変わり、今では頻繁にバスが発着している。
94年3月
駅の南側は道路なのか空地なのか、判別不能な状況(L参照)が県道10号線との交差点迄だらだらと続き、その後は一車線の舗装路に再利用される。 L
94年3月
M ゆるやかな左カーブで南東に向きを変えると今度は県道167号線にぶつかり、再び宅地や農地、未舗装の生活道等に細分化される。この中に西瓜屋(M参照)のホーム跡が残されている。道路への転換話が立ち消えて以来、取り壊しに費用のかかるホームは放置状態とのこと。

しばらくは同様の状態で続くが、北陸道との交差直前で北から南下してきた県道17号線に合流すると、歩道を完備した二車線道路に一変する。
ここから先、県道は永平寺線の跡地を利用して建設されている。
15年9月
南東へ向う県道上を進むと左手にJAの建物が見えてくる。先程から何度か同じ光景を目にしているが、やはりここが駅跡、末政(N参照)だ。痕跡は全く見受けられないが、JAの手前から東に延びる細い道は当時の駅前道路か。

続く油為頭交差点の手前にはがあった。この油為頭、難読地名の一つに入れてもいいかと思うが[あぶらためとう]と発音し、この付近の集落名を表している。駅名がなぜだけになったのかは不明。
N
94年3月
O さらに県道を進むと友末楽間と各駅が続くが、道路建設に伴って鉄道の構造物は何一つ発見出来なくなっている。

道なりにしばらく進むと県道112号線にぶつかり、ここで二車線道路への転用は終る(O参照)。その先は農道状の形態が続き、九頭竜川を越えるため右に大きくカーブを切る。
カーブ途中には鳴鹿があったが、今では民間の工場に利用されている。
94年3月
この路線建設で最大の難所であったろう九頭竜川橋梁、左岸には橋脚(P参照)がそのまま顔を出し、その急な流れを見つめているようだ。
当時の地形図を眺めると、道路用の鳴鹿橋はやや上流の川幅の狭い箇所を選択しているが、永平寺線はその倍近い川幅の箇所を選択して架橋している。当時としてはかなりの決断が必要だったろう、などと考えるのもまた楽しい。

川を渡ると越前本線の永平寺口につながっている。当時は東古市と呼ばれていたが、永平寺までの路線が廃止されたのちに駅名が変更されている。
こちらの廃止部分も、時期を見て訪ねてみようと考えている。
P
94年3月

 参考資料


 参考地形図

1/50000 大聖寺 [S28応修] 三国 [S8要修] 永平寺 [S28応修]
1/25000 越前中川 [S44測量] 三国 [S44測量] 丸岡 [S33二修]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2016-6/2   無断転載禁止 Copyright (C) 2013 pyoco3 All Rights Reserved.