京福電気鉄道越前本線を訪ねて

永平寺線 丸岡線 廃止鉄道ノート北陸 減速進行

 地区:福井県大野市 廃止区間:勝山〜京福大野8.6km 軌間:1067mm単線 動力:電気

豪雪地として知られる福井県大野市。県都福井への交通路は九頭竜川の増水によって度々閉ざされた。状況を改善し、年間を通じての輸送手段確保を目的に越前電気鉄道線が開業した。地域の発展を目指す県の後押しも大きかった。しかし昭和の半ばに越美北線が開通すると、競争力を失った勝山〜大野間は惜しまれつつ廃止された。残された区間はその後、小康を保っていたが、平成に入り二度の大きな事故を起こし存続の危機に面した。最終的には二年以上の休止期間を経たのち、沿線自治体の応援を得て第三セクターのえちぜん鉄道として再出発している。


 略史
大正 3 (1914) - 2/ 11 京都電灯 越前電気鉄道線 開業
昭和 4 (1929) - 9/ 21          〃 全通
17 (1942) - 3/ 2 京福電気鉄道として独立
49 (1974) - 8/ 13     〃   勝山〜京福大野 廃止
平成 15 (2003) - 2/ 1 えちぜん鉄道に改称 (譲渡)

 路線図



 廃線跡現況
A えちぜん鉄道勝山永平寺線の終点勝山(A参照)は、市街地との間に九頭竜川が流れ、やや不便な場所に設けられている。
以前はここから大野市内までレールが続き、その跡地は県道168号線として南に延びる。
16年4月
県道はすく右にカーブするが、こちらは旧ルートに相当し短い中島トンネルが掘削されていた。車両の大型化が計画されると狭いトンネルと急カーブがネックとなり、東側に新線が敷設された。

新線側は堤防沿いのあぜ道(B参照)から農地の中を通り抜け、旧線に合流する。橋梁も一箇所あり、道路橋として改修されているものの、橋台の下部は鉄道時代の再利用と思われる。
B
16年4月
C 旧線側のトンネルは道路転換とともに開削され(C参照)、今では切り通しに変わっている。
新旧の合流点近くに蓬生が設けられていたが、痕跡も見つからず、正確な場所の特定は難しい。以前置かれていた同名のバス停も、路線廃止により既に撤去されている。

県道上を南に進むと次の大袋に着く。遅羽公民館の前に位置し、道路に面して大袋停留所跡の標柱が立てられている。
16年4月
周囲に全く人家のないウ崎を過ぎ、九頭竜川に沿って左岸を進む。鉄道の跡地は県道の拡幅に利用されているが、無償で払い下げられた郡道を改修して線路を敷設した区間で、半世紀以上を経て元に鞘に戻ったことになる。

しばらくして県道から右に離れると、路盤は放置され藪地に変わるため、通り抜けが不可能となる。その藪地を抜けた先に位置したのが下荒井六呂師口(D参照)。空き地となるものの駅跡らしい雰囲気を持っている。
D
16年4月
E ここで新旧ルートが再び分離する。新路線側は駅を出ると右に曲がって、すぐ下荒井トンネル(E参照)に入る。

トンネルを抜けると両線は合流し、そのまま清滝川を越える。
16年4月
旧線側は駅から真っ直ぐ進み、旧下荒井を過ぎると県道170号線沿いの山腹に沿って大回りする。鉄道の跡地は一部に落石防護柵が設置されるものの、大半は放置され荒れ地となる。ただその中に短い旧トンネル(F参照)が、当時のままで姿を見せている。

この線路付け替えも中島トンネル同様、車両の大型化に対応するために実施された。
F
16年4月
G この先は旧国道の脇に位置を移し西側を併走していたが、今は道路の拡幅に利用されている。道なりに進み中津川新在家と各駅を過ぎるが、駅跡は共に同名のバス停が目印となる。

大野市街地に入ると道路上から左に分岐し、この区間の廃止原因ともなった九頭竜線と交差(G参照)する。
16年4月
交差後は一車線の生活道に変換され、さらに農地や民家等を抜け、県道240号線に近づく。ここに計画当初の終点大野口が設置されていた。やはり同名のバス停が駅位置を特定している。

その後延伸されて終点となった京福大野(H参照)は、市街地の三番交差点東南角に位置し、その地名から開業当初は大野三番と称していた。
駅跡は銀行などに変わり、終着駅の雰囲気は既に消し去られてしまった。
H
16年4月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  永平寺 [S28応修]  越前勝山 [S28応修]  大野 [S25応修]  荒島岳
1/25000  山王 [S44測量]  越前勝山 [S44測量]  越前大野 [S48測量]  荒島岳 [S45測量]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開2016-6/2  無断転載禁止 Copyright (C) 2016 pyoco3 All Rights Reserved.