山形交通三山線を訪ねて

尾花沢線  高畠線  廃止鉄道ノート東北  減速進行

 地区:山形県寒河江市 区間:羽前高松〜間沢 軌間:1067mm 動力:電気

 略史

大正 13 (1924) - 12/ 23 三山電気鉄道 高松〜海味間 開業
昭和 3 (1928) - 9/ 17     〃 間沢まで延長
18 (1943) - 10/ 1 尾花沢鉄道、高畠鉄道と合併、山形交通に改称
49 (1974) - 11/ 16 山形交通 三山線、高畠線 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと三山線を表示します


 廃線跡現況

始点の羽前高松(A参照)はJRの一ローカル駅となり、今はただただ漠然と駅前広場が広がるばかりで、ここから別の鉄道が出発していた気配すら伺えない。


当時の山形交通線はJRのホーム脇から西に向って出発していた。
A
02年8月
B ほんの少しだが、駅の南方に当時の小高い築堤跡(B参照)を見つけることが出来、その先の小さな鉄橋(C参照)は今でも健在だ。
02年8月
その後廃線跡は大きく右にカーブを描き北西に方向を変えるが、次の新田まではほぼ農地に転換され跡地の判断は不能となる。
この農地の中には、当地の名産さくらんぼ畑も多々見受けられる。


新田の駅跡も農地に飲み込まれ、さらに少し進んで体育館の脇をすり抜けると、最上川の支流、寒河江川にぶつかる。
C
04年6月
D 川を越える「みやま橋」は掛け替えられて自転車道となるが、橋を渡った先の鉄道跡地は舗装され、自動車も通行可能な生活道に再用されている。
ただこの道は国道112号線と平行し、近年はさらにバイパスも完成したため利用する車も限られ通行量は少ない。

次の白岩もこの道路沿いで、場所は現在の中町公民館のところ。敷地の隅に、過去ここに駅があったことを記す記念碑(D参照)が建つ。

上野(E参照)は写真交差点の奥にあり、国道よりの取り付け道路が今も残る。山形交通線跡は引き続いて道路に転用されているが、このあたりは生活道というより高速で飛ばす抜け道といった趣を感じる。
02年8月
さらに進んで宮内を過ぎると寒河江川の支流「熊野川」で一旦道路が遮断されるが、川を越えれば再び道路として利用されている。
ただこのあたりまで進むと道路幅はやや狭くなり、農地のあぜ道を舗装したといったレベルに変化してくる。

熊野川橋梁も掛け替えが済んで、当時の様子は偲べない。さらに山形道をくぐり国道112号線と合流するが、この合流部手前が石田。ここから先は国道の拡張に利用されたためか当時の痕跡は見つけることが出来ない。
E
02年8月
F 次の睦合跡も国道に吸収されているようで、旧版地形図から現在のバス停付近かと推測するのみ。

この国道が緩やかに右に曲がり始めると同時に廃線跡は左に分かれ、海味を目指す。国道から離れた地点から「自転車道」として再利用され、これが終点近くまで続く。

開業当初の終点海味(F参照)には大きな駅前広場があり、今は公園として整備されているが幹線道から離れていることもあり利用者は少ない。
02年8月
海味からの連続した勾配を登り切るとそこが西海味で、駅跡は農協敷地内に「自転車広場」として整備されている。
この上り勾配の中に当時の橋梁を再利用した箇所も見受けられる。


最近一部区間でこの自転車道に沿った舗装道路が整備されはじめ(G参照)、当初の面影が失われつつある。
G
04年6月
H 余談だが西海味から西、自転車道の標識はあるものの(H参照)車両進入禁止の標識がなく、自動車も通行可能なのか判然としない。

ただ途中交差する道路からの自動車進入は禁止されているようで、規制が徹底していないだけなのかもしれない。
04年6月
道路真ん中に車道と歩道の区別らしき段差があるのも、また不思議。


さて間沢の手前で自転車道は終わるが、この10m程先の民家脇の用水路に当時の橋台(I参照)が残り、今回の調査での大きな収穫となる。
I
02年8月
J 終点間沢(J参照)はバスターミナルとして利用されているが、廃止後しばらく待合室として使われていた旧鉄道駅舎は新しく建て替えられてしまった。


これは老朽化によるものか、敷地に接する前面道路の拡張に伴うものかははっきりしないが、ファンにとって残念なことだけは確かである。
02年8月
保存車両 G
04年6月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  楯岡    左沢  
1/25000  寒河江 [S6測図]  左沢 [S45測量]  海味 [S45測量]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-11/3最終更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2002 pyoco3 All Rights Reserved.