山形交通尾花沢線を訪ねて

三山線  高畠線  廃止鉄道ノート東北  減速進行

 地区:山形県尾花沢市 区間:大石田〜尾花沢 軌間:1067mm 動力:蒸気→内燃

山形県にはJRと接続する形で高畠鉄道、三山電気鉄道、尾花沢鉄道、庄内電気鉄道の各私鉄が敷設され、第二次世界大戦時このうち3社が統合し山形交通が生まれた。
昭和40年代にすべて廃止されたが、廃止鉄道としてはよく知られた存在かもしれない。趣味誌にも取り上げられるしWebにも情報は多い。
圧巻は高畠線の高畠駅跡だが、やはり実際に訪れて自分の目で確かめるのと、写真などから得る間接情報では雲泥の差がある。新幹線や高速道も開通し交通の便も良くなった現在、一度は訪ねたい廃線跡。


 略史

大正 15 (1926) - 8/ 16 尾花沢鉄道 開業
昭和 18 (1943) - 10/ 1 三山電気鉄道、高畠鉄道と合同 山形交通に改称
45 (1970) - 9/ 10 山形交通 尾花沢線 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと尾花沢線を表示します


 廃線跡現況

A この鉄道の起点JR大石田(A参照)は、高畠線の糠ノ目(現高畠)駅と同様、現在は新幹線停車駅となっている。
尾花沢線はこの構内から発着していたが今はすっかり整備され、立派な待合室も建ち内部には旧型車両の動輪などが展示されている。

大石田を南向きに出発するとすぐ上り左カーブで東に向きを変え、次駅で尚かつ終点の尾花沢を目指す。
02年8月
廃線跡は道路として舗装され車の通行も可能。
左カーブの終了と同時に上り勾配も終わり、未舗装のあぜ道に姿を変える。途中「東北中央自動車道 相馬〜尾花沢線」の予定地と交差(B参照)する。
道路公団民営化政策の折、果たしてこの高速道路、予定通り建設されるのかどうか。

廃止跡はさらに東へと向い、北村山高校近くでいったん平行する県道121号線と交差して位置を入替える。
B
02年8月
C その先はかなり荒れていて、足を踏み入れることが出来ない状態が国道113号線との交差部まで続く。国道の向い側からは舗装され生活道に再用されているが、自動車は通行不可となっている。

終点尾花沢(C参照)はスーパーのダイエーに変身しているが、駅としてはかなり大きな敷地を持っていたようだ。車庫を併設していたせいだろう。
中間駅のない短い路線で丁重に全線をたどったつもりだが、残念ながら鉄道の遺産と呼べるものはまったく発見できなかった。
02年8月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  尾花沢 [S40修正]
1/25000  尾花沢 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-10/14最終更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2002 pyoco3 All Rights Reserved.