東濃鉄道笠原線を訪ねて
 地区:岐阜県多治見市 区間:新多治見〜笠原 軌間:1067mm 動力:蒸気→内燃

駄知線  廃止鉄道ノート東海  減速進行東海地方には有名な陶磁器の生産地が数多く点在する。「せともの」の語源となった愛知県の瀬戸、中部セントレア空港の地元常滑、万古焼の三重県四日市等。また岐阜県の多治見を中心とする東濃地方で焼かれた陶器は美濃焼と呼ばれ、こちらも古くからその名が知られている。
駄知鉄道と同じく地場の主力産業である陶磁器やその原材料の輸送を目的に、中央線と連絡すべく設立された笠原鉄道。短距離であることから経営は苦しく、東濃鉄道として統合後も駄知線とは異なり電化されずにその使命を終えた。
廃線跡は地元に返され、大半はサイクリング道として整備されている。


 略史

昭和 3 (1928) - 7/ 1 笠原鉄道 開業
19 (1944) - 3/ 20 駄知鉄道と合併 東濃鉄道となる
46 (1971) - 6/ 13 東濃鉄道 笠原線 旅客営業廃止
53 (1978) - 11/ 1      〃 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと笠原線を表示します

 廃線跡現況

JR中央線の多治見駅前に位置した当路線の始発駅新多治見(A参照)
南に向けた急カーブ途中にあった駅跡は、今は駐車場に生れ変わっている。

中央本線との接続は名古屋寄りで行われ、貨物は直通が可能だったが旅客は徒歩での乗換えを必要とした。

駅を出ると市街地を南に抜け、土岐川を渡る。
線路跡は一部を除き関連会社の施設等に利用されている。
93年6月
土岐川は河川改修が進んで橋脚等の痕跡は見つけられないが、対岸の平和町には国道248号線を跨ぐ跨線橋跡(B参照)や築堤などが残されている。
93年6月
C 国道を越えると最初の駅本多治見(C参照)。跡地は関連会社に利用されるが、その裏手に廻ると当時のホーム跡を見つけることが出来た。

鉄道のにおいが強かった場所だが、近年「陶彩の径」と名付けられた遊歩道に変っている。
93年6月
ここからの廃線跡は笠原川に沿い、前出の遊歩道(D参照)として再生され、滝呂町へと南東方向に続いていく。


本多治見市之倉口間にて。
93年6月
当路線の大口顧客、東京窯業(現TYKI)に隣接していた市之倉口(E参照)
今はその構内に取込まれた。


笠原川の対岸を廃線跡に平行して笠原町へ向う道路は、国道248号線から県道13号へとバトンタッチしている。
93年6月
下滝呂は遊歩道の中にあるが駅跡の雰囲気は消えている。
当時、駅へは民家の裏庭を通るような細い細い道を利用していたが、これが私道であったことを地元の方から教えて頂いた。


一旦笠原川を越え右岸に移ると、滝呂(F参照)。この地区の中心で、今は公園に整備されている。
93年6月
G 再び笠原川の左岸に戻り、県道13号に突き当ると遊歩道が終る。

ここからは山あいに入るため(G参照)廃線跡は放置され、一時は足を踏み入れることさえ難しかったが、今は草木も伐採され比較的容易に笠原川岸までたどり着ける。
路面には真新しい杭が連続して打たれ、何らかの整備計画があることを物語っている。
93年6月
この先で笠原川を二度越えるが、笠原寄りの橋梁跡(H参照)を平行する県道13号より望むことが出来る。 H
07年2月
I 今は多治見市の一部に組込まれた笠原町。
市街地の入口で平園川が合流し、この河川を越える橋梁跡と共に築堤(I参照)が最近まで残っていたが、残念ながら既に削られ姿を変えている。


廃線跡と云ってもいつも同じ容姿でたたずむものではなく、絶えず変化の危機にさらされている。
残念ではあるが、また一方でこのような移り変りを追いかけるのも楽しみのひとつだ。
93年6月
貨物運搬が主流の鉄道だけに終点の笠原(J参照)はさすがに広い構内を備え、機関区も併設されていた。


今は路線バスのターミナルとして活用されるが、その広い敷地をややもてあまし気味。
J
93年6月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  瀬戸  
1/25000  多治見 [S48修正]  高蔵寺 [S52修正]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2014-10/14   無断転載禁止 Copyright (C) 2007 pyoco3 All Rights Reserved.