東濃鉄道駄知線を訪ねて
 地区:岐阜県土岐市 区間:土岐市〜東駄知 軌間:1067mm 動力:蒸気→内燃→電気

笠原線  廃止鉄道ノート東海  減速進行東海地方には有名な陶磁器の生産地が数多く点在する。せとものの語源となった愛知県の瀬戸、中部セントレア空港の地元常滑、万古焼の三重県四日市等。また岐阜県の多治見を中心とする東濃地方で焼かれた陶器は美濃焼と呼ばれ、こちらも古くからその名が知られている。駄知鉄道はこの原材料、製品輸送を目的に設立された。
土岐川支流の肥田川沿いに位置する陶器の町、駄知。土岐川北岸の中央本線に接続するには肥田川沿いに下るのが最良のルートと考えられた。だが実際に敷設された線路はトンネルで山越えし、妻木川沿いに下石を経由して土岐津駅に至っている。これは肥田川の一部に険しい地形が待ちかまえること、そして何より同じく鉄道を望む下石地区と協力できたことが大きく影響している。
第二次世界大戦により東濃鉄道に統合し、今は名鉄グループの一員として活躍している。


 略史

大正 11 (1922) - 1/ 11 駄知鉄道 開業
昭和 19 (1944) - 3/ 20 笠原鉄道と合併 東濃鉄道となる
25 (1950) - 7/ 1 東濃鉄道 駄知線 電化
47 (1972) - 7/ 13      〃 土岐川橋梁流失により休止
49 (1974) - 10/ 21      〃 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと駄知線を表示します

 廃線跡現況

A JR土岐市駅の片隅(A参照)からこの鉄道は始る。西に向ってしばらく中央線と並走した後、左へと分れる。
並走部は駐車場、その先は歩行者用道路となるが、南へと向きを変えるとすぐ土岐川に行く手を遮られる。
水害により流失し駄知線と命運を共にした橋梁の痕跡は既になく、やや東に位置する道路橋の永久橋は平成16年7月竣工となっている。

川を越えると再び歩行者用道路として転用され、旧国道との交差部手前に最初の駅神明口があった。
93年3月
構内の荷扱所は関連会社の東鉄運送本社営業所に変り、短い東側道路から駅への進入道路も残されている。

歩行者用道路はそのまま南へと延び土岐口(B参照)に達する。
ホームが当時の姿でたたずんでいるが、住宅地のど真ん中でこれだけ人の手が入らず残されているのは珍しい。ただ近年撤去され倉庫に変ってしまったことは大変残念と云うしかない。

線路跡をトレースした歩行者用道路は緩やかなカーブで徐々に高度を上げ、土岐市立総合病院の前に出ると共に県道19号に合流する。
93年3月
C この先は県道整備に利用され、歩行者用道路は一旦途切れる。県道から下を覗くと旧道のガードレールが顔を出しているのが分る。
不思議なのは鉄道廃止前に既に一部の県道が完成していたこと。これは下記参考地形図から読みとれる。まるで鉄道廃止を織込んでルートが決められたかのような印象を与えている。

その後妻木川に沿って南下し、山あいを抜け、下石市街に入って最初の裏山口交差点で県道と分れると、再び遊歩道(C参照)として整備される。
93年3月
下石[おろし](D参照)は東鉄ターミナルとして、タクシーの営業所と共にバスも発着している。 D
93年3月
E 駅を出ると東に向きを変え、県道66号線との立体交差(E参照)が当時のまま残されている。
鉄道を越えるだけの跨線橋が、鉄道廃止後もそのまま使用され続けることは珍しく、貴重な存在だ。
鉄道運行時代を知らない人には不思議な存在だろう。

ここからは連続した上り坂で、右手に下石小学校や土岐江陵高校を見ながら一気に高度を上げていく。遊歩道もしばらくは民家と距離を置き、サイクリング道の雰囲気も漂う。
93年3月
廃線跡は土岐市総合公園の裏手付近に位置する勤労青少年ホーム前を通り、ここからは車道として自動車の通行が可能となる。


山神(F参照)は製陶工場に隣接し製品の輸送に一役買っていたとおもわれるが、その工場は陶器製造に関連する転写紙会社の近代的な工場に変ってしまった。
当時のホームがそのまま残り桜の木もいまのところ健在。ただ、これが姿を消すのも時間の問題のような気がする。
F
93年3月
G ここから先は以西とは一転し、鉄道用地は再利用されることもなく自然に飲込まれるのを待つばかりとなる。

駅のすぐ東で、細い生活道そして県道66号と連続して道路を跨ぎ、ここに当時の橋台跡(G参照)を見つけることが出来る。

その先は県道から離れた山の中へと続き、駄知へ抜ける日帰トンネルも設けられていた。
トンネルは駄知市街地をバイパスする県道66号の真下にあたるが、既に埋められて跡地をたどることは難しい。
93年3月
山神側の入口は今だ健在との情報もあるが、荒廃した状況から探索はおすすめできるものではない。

トンネルを出て旧道と交差すると再び遊歩道に転用され始め、北へとカーブを切る。
カーブ途中で右に分れると駄知(H参照)左に分れると東駄智へと向う。
ただ東駄知へ直接向うことはなく、一旦駄知へ入線した後スイッチバックで本線上に戻り、下り勾配で市街地を駆け下っていった。
その市街地では旧道とは2度交差し、その跡には共に歩道橋が設けられ、廃線跡であることが一目で分る。
H
93年4月
I 終点東駄知(I参照)は東鉄バスのターミナルに利用されるが、一部は製陶会社の倉庫にも組込まれている。
道路交差点名は東駄知だが、地名は今でも東駅を名乗る。
なお下記参考資料3駄知東駄知間に小川町が存在した時期があったこと、レールは東駄知の東に位置する製陶会社まで延びていたこと等、興味深い資料を掲載している。

ちなみに駄知付近も西駅の地名を温存し、どちらも鉄道の存在を強烈にアピールしている。
93年3月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  美濃加茂 [S46資修]    瀬戸 [T14鉄補]
1/25000  多治見 [S43測量]  土岐 [S48測量]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2007 pyoco3 All Rights Reserved.