琴平参宮電鉄を訪ねて
琴平急行電鉄 廃止鉄道ノート四国 減速進行

 地区:香川県丸亀市  区間:坂出~琴参琴平(20.8km)/多度津桟橋通~善通寺赤門前(6km)  軌間:1067mm  動力:電気

金比羅さんへの参拝客輸送を目的として、この電鉄は設立された。主要な乗客として本州からの渡航客が含まれ、各航路に接続する形で琴参、琴急、琴電、国鉄と4つの鉄道がつばを競っていた。今でこそ本四間のメインルートである瀬戸大橋がこの地区につながっているが、大橋建設以前は宇野~高松間が主要な航路で、大半の渡航客は県都である高松を経由していた。さらに歴史を遡れば各地に連絡航路が点在していた時期があり、坂出、丸亀もその一つに数えられた。
晩年、本州からの太いパイプを持たない琴平参宮電鉄は軌道用の車両で細々と営業を続け、一時は休止状態の琴平急行電鉄を合併もしたが、やがて他の軌道の例に洩れず姿を消すこととなった。まさに本州との連絡路の変遷に翻弄された鉄道だった。

略史

大正 11(1922) - 10/ 22  琴平参宮電鉄 丸亀通町~善通寺赤門 開業
昭和 3(1928) - 3/ 20     全通
23(1948) - 7/ 1      琴平急行電鉄を合併
38(1963) - 9/ 15      当日を以て廃止

路線図

琴平参宮電鉄路線図


廃線跡現況

全線は四路線に分かれ別々の線名が付けられていたが、実際の運用は一体化されていた。
-坂出線-
坂出駅跡写真 A 坂出(A参照)付近はJRの高架化工事にともなって大きく整理され、駅跡はまったく不明。聞き取り調査もしたが旧版地図との不一致があり、納得出来る返答はなかった。変貌が大きすぎるため地元の人の記憶もかなり曖昧になっているのだろう。

同じ場所に合併した琴平急行電鉄の坂出駅も並んでいたはずだが、こちらも痕跡はない。
16年03月
琴平参宮電鉄は予讃線の坂出駅前を出発すると、しばらくは並行して西進する。

次の富士見町も駅のあったことすら記憶の彼方に忘れ去られようとしているが、このすぐ西、JRの高架脇に橋台(B参照)がしばらく残されていた。
B 琴平参宮電鉄廃線跡写真
95年01月
新浜駅跡写真 C 予讃線と共に築かれた築堤上に新浜(C参照)が設置されていた。高架橋の工事により築堤は削られたが、駅の東に位置する防災用スピーカーはいまだ同じ場所にそびえ立っている。
95年01月
駅西方の小道にも、これを越える橋台(D参照)が認められたが、こちらも既に過去の話となっている。

坂出市と宇多津町の境界付近までは予讃線と並んでいたが、宇多津に入ると両者は別れ、琴平参宮線の跡地は二車線道路として利用され始める。
瀬戸大橋架橋にともなってJR側も線路を移設し、その旧線跡も目に飛び込んでくる。
D 琴平参宮電鉄廃線跡写真
95年01月
大束川橋脚跡写真 E 鉄道跡地を転換した道路が宇多津新町を過ぎ、右急カーブを描くと大束川にぶつかる。現在は人道橋が架かるが、当時の橋脚の土台(E参照)が川底に眠っている。
03年10月
米田氏提供
川を渡ると宇多津駅前に着く。予讃線が遠く離れてしまったことにより、駅前の呼称が意味不明となってしまった。

ここからは生活道(F参照)などに転用されるが、利用は地元の人に限られるようだ。
F 琴平参宮電鉄廃線跡写真
95年01月
琴平参宮電鉄廃線跡写真 G 青ノ山をその山腹に沿って越えると、一部は宅地化され住宅の横にその過去の遺産(G参照)を今も示す。

宇多津市街地を抜けた廃線跡は宇夫階を過ぎると再び二車線道路に転換され、今では車両の通行量もかなり多い。
その後県道33号線に合流し、丸亀の市街地に向かう。
16年03月
丸亀市街地に入る手前の土器川には上下別線となる蓬莱橋が架かるが、この真ん中付近に鉄道時代の橋脚(H参照)が倒壊した状態で放置されている。

ただし干潮時のみ姿を現すので、時期が悪いと発見することは困難となる。川を渡ると道路の南端に沿って走っていたが、現在は全て県道の拡幅に飲み込まれている。
H 土器川橋脚跡写真
03年10月
米田氏提供

-丸亀線-
琴平参宮電鉄廃線跡写真 I 丸亀通町を過ぎてすぐに向きを南に90度変え善通寺を目指すが、ここからの路線が丸亀線と呼ばれていた。この先の大半は併用軌道で、残念ながら当時の活躍を示すものはほとんど残されていない。一部には専用軌道もあったが、こちらも道路に転換され痕跡を見つけることは出来ない。
県道33号線となったこの区間に亀山公園前グランド前中内本社前番神田村原田と各駅が続いていく。

南西に向かう県道が国道11号線に続いて国道319号線と交差したのち右カーブを描くと、ここからの琴平参宮鉄道は道路を徐々に左に離れ金倉川を渡る。川には痕跡は見られないが、その西側に建つ空きビルの脇に橋台(I参照)が残されている。
16年03月
そのまま事務所や住宅の中を抜け、金倉寺の北側を通り過ぎる。更に小さく左に曲がると、鉄道用地に沿って建つスレートの倉庫や住宅(J参照)を見つけることが出来る。

ここで再び左に曲がり伊予街道と呼ばれる県道25号線に合流する。すぐ南の金蔵寺交差点付近に金蔵寺が設けられていた。また道路の西脇を走っていたこと、廃止後は道路拡幅に利用されたこと等を地元で耳にした。
J 琴平参宮電鉄廃線跡写真
16年03月
琴平参宮電鉄廃線跡写真 K 道なりに進む路線は樫藪変電所前を過ぎ、上吉田町交差点の手前で県道から西にカーブを描いて別れていく。
分岐点は特定のしようがないが、カーブ途中には橋台跡(K参照)が残されている。
16年03月
ここからは土讃線を越えるために高度を上げ、その手前のたこ焼き店駐車場に当時の石積み擁壁(L参照)が残る。橋台跡と考えるが、上部がかなり削られたか、あるいは暗渠跡の可能性もある。

土讃線と位置を変えたのちは農協の敷地内を通り抜け、県道24号線に突き当たる。
真っ直ぐ進むと一方通行の細い道路が現われ、これが開業当初の善通寺駅前への線路跡に相当する。開廃年月や駅位置は不明だが、レールが敷設されていたことは地元で確認が取れた。
L 琴平参宮電鉄廃線跡写真
16年03月
善通寺赤門前駅跡写真 M 県道24号線に戻り西に向かうと善通寺車庫前、続いてもう一駅設置れていたがこちらの駅名は不明なまま。

更に市街地の中心まで進むと善通寺赤門前(M参照)に到着する。永く駅舎が残され民間の店舗として活躍していたが、残念ながら現在は取り壊されて更地となってしまった。ここで多度津線と合流し、新たに琴平線として複線で最終目的地琴平を目指す。
95年01月

-琴平線-
南に向かう琴平参宮電鉄は専用の軌道敷を進むこととなり、その跡地は現在道路として活用されているものの、国道が平行するためか通行量はいたって少ない。

善通寺南口生野風折大麻岩崎と痕跡のない各駅を順に過ぎると、併走していた土讃線からやや離れる。ここに掘削されていた岩崎トンネル(N参照)も当時の複線用の姿を保ったままで再利用されている。
N 岩崎トンネル写真
94年12月
琴平参宮電鉄廃線跡写真 O 大麻神社前からは県道208号線沿いの民家や店舗に変わっているが、そんな中にも道路脇に複線分の石積橋台(O参照)を見つけることが出来る。現在は地区のゴミ収集場として利用されている。

ただこの跡地は旧土讃線のルートとも重なり、それに関連する情報を一切集めることが出来なかったのは、やや残念なところ。
16年03月
終点琴平(P参照)の手前から駐車場が始まり、駅跡はその名をとどめる立派な観光ホテルに生まれ変わっている。 P 琴平駅跡写真
94年12月

-多度津線-
多度津桟橋通駅跡写真 Q この路線も複線として開業したが、晩年は片側のレールが取り外され単線として運行されていた。 出発点の多度津桟橋通(Q参照)はタクシーの営業所となったが、現在は閉鎖されている。この西方に唯一の痕跡である桜山トンネルが残されている。

琴平線と同様大半が専用軌道で、その路盤跡は県道212号線及び216号線に利用され、二車線の快適な道路となっている。
途中には多度津鶴橋青木三井筆岡中村吉田と人名のような駅が北から並んでいたが、県道上から当時の様子をうかがい知ることは難しい。
95年01月

最新の情報


参考資料

  1. 鉄道ピクトリアル通巻151号/琴参電鉄廃止・・・簡単な紹介のみ
  2. 鉄道廃線跡を歩く Ⅴ/宮脇俊三編著/JTB

参考地形図

1/50000   丸亀 [S32要修]
1/25000   丸亀 [S7鉄補]   善通寺 [S7鉄補]

 No9・20・30・39・43・84・94・132に記帳いただきました。
お断り・連絡先     ページtop
最終更新日2017-11/7 
転載禁止 Copyright (C) 2002 pyoco3 All Rights Reserved.