琴平電鉄塩江線を訪ねて

廃止鉄道ノート四国  減速進行

 地区:香川県高松市 区間:仏生山〜塩江 軌間:1435mm 動力:内燃

琴平電鉄の系列として開業した塩江温泉鉄道。今では珍しいと思われるガソリンカーでの運行だが、開業当時はこれが世の流れでもあった。
琴平線と同様の標準軌を採用したが、動力の違いからか最後まで直通運転することなく10数年の短期間でその使命を終えた。


 略史

昭和 4 (1929) - 11/ 12 塩江温泉鉄道 開業
13 (1938) - 5/ 1 琴平電鉄に合併 同社塩江線となる
* 16 (1941) - 5/ 10    〃  塩江線 廃止
18 (1943) - 11/ 1 高松琴平電気鉄道に合同

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと塩江線を表示します


 廃線跡現況

A 琴平線仏生山駅の東側、現在の留置線付近が軽便仏生山の乗場(A参照)
ここから南に向って舗装路が延びるが、これが廃線跡。伽羅土過ぎまでは道路に転用され「ガソリン道」と呼ばれている。


各地には「汽車道」「電車道」と称する廃線跡道路が多数あるが、「ガソリン道」と呼ばれるのは大変珍しく貴重な存在。
ただ、この名称でかつての鉄道跡と理解出来る人はどの程度いるのか、やや疑問ではある。


駅北に位置する琴平線車庫の一部は、当時塩江線用として使われていた。
94年12月
沿線では各所でガソリン道の案内板(B参照)を見つけることが出来る。 B
95年1月
C 南南西方向に延びていた路線がほぼ真南に向きを変えると、ここが船岡(C参照)
当地には大きな河川が少なく、農業用水を確保するための貯水池が各所に設けられているが、この駅も「平池」「船岡池」の各貯水池に挟まれた場所に位置する。


そのまま南に進み、やはり貯水池の「市宮池」脇に設けられていたのが浅野。駅跡を示すかのように道路にふくらみが見受けられる。
95年1月
次駅は伽羅土(D参照)
近年の地図では伽羅土と記されるが、当時の旧版地形図では加羅土となっている。
[からと]と呼ぶ。


この先は一部が塩江街道と呼ばれる県道280号線に取込まれ、連続する小さなカーブを過ぎると油山トンネルが県道横に姿を現す。
D
95年1月
E トンネルを抜けると「竜満池」の西側ふちに沿うように走り、川東へと達する。
塩江線はその先で再び塩江街道にぶつかり、街道と平行しつつその東側を走っていた。


製材所として生れ変わった岩崎を過ぎ、平成元年に開港した高松空港誘導灯の下を鉄道跡道路(E参照)が抜けている。
大分空港旅客ターミナルの真ん前を抜けていた大分交通線とまではいかないものの、現在まで路線が残っていたら空港連絡線として活躍していたかも知れない。
95年1月
ここまで来ると市街地は既に抜け、除々に地形が険しくなる。塩江線は瀬戸内に注ぐ香東川に平行するように、その右岸に路線を延していた。
また左岸には国道193号線と名を変えた塩江街道が今も走る。

岩部までは大半が舗装道路に転用され自動車の通行も可能だが、一ヶ所のみ歩行者/自転車専用橋が存在する。

路線の中間点に位置し上下列車の交換駅でもあった鮎滝(F参照)も、この転用道路の中に含まれる。
F
95年1月
G 付近の第一香東川橋梁で一旦その左岸に渡り、再び第二香東川橋梁で右岸に戻った後、しばらく行くと今は安原保育所となった安原へと着く。



その先道路転用からはずれた一部の跡地では、民家の敷地に食込んだ橋台跡(G参照)なども見つけることが出来る。
95年1月
道沿いにホーム跡が顔を出す中村を過ぎると架道橋の橋台跡(H参照)がそのまま残る。


廃止から長い年月が経つ割には各所に遺構が多く、探索するものにとってはありがたい。
H
95年1月
I 険しい地形のためトンネルは数カ所掘削され、また川沿いに進むにも橋梁が用意されていた。
第三(I参照)、第四香東川橋梁がそれで、その橋脚は独特の円柱形状を持っている。


中村岩部間にて。
95年1月
廃線跡は一車線道路に転用された箇所が多いが、路盤がそのまま農道(J参照)として地元で利用されている区間もある。


中村岩部間にて。
J
95年1月
K 岩部は工場と民家に変り、鉄道の面影は消えている。
ここから先は岩部トンネル(K参照)を含み、放置された箇所や、民地、農地に変った箇所も多くなり、線路跡は細切れに分断される。


第五香東川橋梁で香東川を一気に越えるが、今も橋脚とそれに続く築堤の一部が残されている。
95年1月
左岸に移った塩江線の路盤は公園や道路として利用される。

その転用道路を進み内場川を渡ると、大半が駐車場に生れ変わった終点塩江(L参照)へと到着する。
L
95年1月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  志度 [S7鉄補]
1/25000  高松南部 [S7鉄補]  川東 [該当図無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-10/14最終更新   無断転載禁止 Copyright (C) 2009 pyoco3 All Rights Reserved.