上田丸子電鉄西丸子線を訪ねて

丸子線  真田傍陽線  廃止鉄道ノート北陸・甲信越  減速進行

 地区:長野県上田市 区間:下之郷〜西丸子 軌間:1067mm 動力:電気

のちに合併することとなる丸子鉄道に対抗すべく西丸子線を計画し、丸子への開通を急いだ上田電鉄。だが先に上田への延伸を完成させた丸子鉄道には到達時間等で及ばず、業績は伸び悩んだ。上田〜丸子間で競合した両者だが、その後第二次世界大戦中に国策による合併が成立し、この地の交通体系が一体化された。
丸子線も既になく社名も上田交通と変った今、この地に残るのは別所線のみとなっている。


 略史

大正 9 (1920) - 1/ 5 上田温泉軌道 設立
11/ 15 上田温泉電軌に社名変更
10 (1921) - 6/ 17    〃 開業
昭和 14 (1939) - 9/ 1 上田電鉄に社名変更
*18 (1943) - 12/ 23  丸子鉄道と合併、上田丸子電鉄となる
*36 (1961) - 6/ 29 上田丸子電鉄 西丸子線休止
38 (1963) - 10/ 30    〃 当日を以て西丸子線廃止
44 (1969) - 4/ 19    〃 当日を以て丸子線廃止
5/ 31 上田交通に社名変更
平成 17 (2005) - 10/ 3 上田電鉄として独立

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと上田丸子電鉄西丸子線を表示します


 廃線跡現況

A 別所線からの分岐駅、下之郷(A参照)
現在の引上げ線脇に当時のホームが姿を見せている。ここから西丸子線の電車が細々と発着していた。


当線の目的は上田と丸子を結ぶことだったが、思惑通りに事が運ばないのは世の常で、結局両地のメインルートになり損なってしまった。
93年11月
左カーブで別所線と分れると、すぐ生活道への転用箇所が見つかる。ここに宮前(B参照)が設置されていた。 B
93年11月
C 生活道が途切れると線路跡は左カーブで東に向きを変える。このカーブ途中にあったのが東塩田(C参照)


丸子線跡は宅地に転換された箇所も多いが、一部では道路として再利用もされている。しかし道路は全体につながりがなく、突然目の前に跡地を利用した農道が現れたりするといった状態だ。まさに地元の生活道といった雰囲気を強く感じ、大屋以南をほぼ全線通して舗装改良した丸子線との違いが際だっている。
93年11月
ただ、このような多様な利用方法は、探索する者にとってはまさに楽しみの宝庫となる。当然放置された箇所も数多く、遺構もそれなりに見つけることが出来るからだ。
東塩田〜富士山間に残る尾根川橋梁跡(D参照)もその一つ。


この橋梁からは東に向って道路が延び、これが西丸子線跡と重なる。舗装路も未舗装路もあるが、この途中に冨士山が設置されていた。
D
93年11月
E 線路跡を利用した農道といった趣の道路を更に東に進むと馬場(E参照)にたどり着く。当時のホームが一部残り、駅舎も農家の資材置場として使われている。

駅の東で一旦平行する県道82号線と交差し、その後仁ッ木峠に掘削されたトンネルを目指すこととなる。西丸子線唯一のトンネルではあるが、災害により当線を休止に追いやる一因となったトンネルでもある。

残念ながら峠付近は県道拡幅、工業団地造成により路線のトレースが難しく、トンネルも既に開削されている。
93年11月
整備された峠を越えると線路跡の大半が放置された状態に移り、依田(F参照)もこの中に位置する。
確認は出来なかったが、写真の商店は当時の駅前商店だったのだろう。


ここで右に大きくカーブし徐々にその行先を南へと変えた西丸子線は、順に御岳堂上組と駅が設置されていた。
F
93年11月
G 続く川端を過ぎると、丸子町との間に横たわる依田川を渡る。この鉄橋も災害により破損し、西丸子線休止の要因となってしまった。当然のことながら桁のガーダーは撤去されているが、一部の橋台、橋脚(G参照)は当時の姿で放置され、ここに鉄道が走っていたことを我々に教えてくれる。

川を越えた右岸にも寿町河原町と各駅が続くが、丸子町内は再開発により当時の痕跡は消え去り、今となっては跡地をたどることも不可能となってしまった。

終点の西丸子も丸子消防署の駐車場に利用され、鉄道のにおいはどこにも残っていない。
93年11月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  上田 [S27応修]  坂城 [S12二修]  小諸 [S27応修]
1/25000  上田 [該当無]  別所温泉 [該当無]  丸子 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-10/14最終更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2009 pyoco3 All Rights Reserved.