上田丸子電鉄丸子線を訪ねて

西丸子線 真田傍陽線 廃止鉄道ノート北陸・甲信越 減速進行

 地区:長野県上田市 区間:上田東〜丸子町11.9km 軌間:1067mm単線 動力:蒸気→電気

製糸業で発展した丸子町。産業の発展を望み、碓氷峠を越えて信州にやってきた国鉄に接続すべく、地元資本を中心として丸子鉄道が敷設された。しかし、時代の移り変わりと共に丸子線は廃止され、今では信越線も第三セクターへ移行し、その隣を北陸新幹線が通り抜ける。


 略史

大正 7 (1918) - 11/ 21 丸子鉄道 開業
昭和 *18 (1943) - 12/ 23 上田電鉄と合併、上田丸子電鉄となる
44 (1969) - 4/ 20 上田丸子電鉄 丸子線 廃止
5/ 31 上田交通に社名変更
平成 17 (2005) - 10/ 3 上田電鉄として独立

 路線図



 廃線跡現況

A 駅名そのままに、上田市街地の東に位置した上田東(写真A)。JR上田駅とはやや距離を置くが、市街地には近く利便性は高かった。

駅跡は長く駐車場として利用されていたが、18年時点ではドラッグストアに変わっている。
93年11月
駅の東に狭い路地が続き、すぐ二車線の市道に合流(写真B)する。線路跡を拡幅、転用した道だ。

しばらく進むと道路は左に曲がるが、鉄道側は右カーブで南に離れ一車線道路として続いていく。
B
18年10月
C カーブの終了地点が染屋(写真C)で、跡地には店舗等が建てられている。

駅の南側は病院の東脇から国道18号線沿いのロードサイド店舗裏を通り、信州大学の構内に入り込む。
18年10月
大学の先は住宅地となるため路線を直接たどることはできないが、線路用地に建つ民家(写真D)数軒を見つけることもできる。 D
18年10月
E さらに、国道141号線との交差点南に置かれていたのが上堀(写真E)で、今はリサイクル会社に利用されている。

その先も市街地に埋没するが、一部に鉄道の境界線を確認できる。
18年10月
路線はそのまま南へと進路を取り、信越線にぶつかるとこれをオーバークロスし、左急カーブで南東に向きを変える。当時の交差を証明しているのが、北側に残る石積の橋台(写真F)だ。

なお同区間の信越線は、北陸新幹線開業と同時に第三セクターのしなの鉄道へ変わっている。
F
18年10月
G 信越線を越えた後は一車線道路の南脇を走り、変則交差点横には小さな橋台跡(写真G)を見つけることができる。
18年10月
この東側は放置された空き地(写真H)から小さな藪地に移り、さらに信越線に接近し南側を並走し始める。

丸子線廃止後はその用地を信越線の下り線分として提供し、複線化に利用されたため、当時の痕跡は探しようもない。
H
18年10月
I 信越線に並んでから最初の駅が、信濃国分寺史跡の真っただ中となる八日堂(写真I)。島式ホームを備えた列車交換可能駅で、八日堂と呼ばれた国分寺の縁日には大混雑したと伝えられている。

構内の東端に何らかの基礎らしきコンクリート残骸も残されているが、丸子線との関連は不明。
18年10月
続く神川(写真J)は築堤上に設置されていたため、ホームは鉄骨で支えられていた。当時、駅東側の道路は鉄道と平面交差しており、その踏切南側に入口が接していた。 J
18年10月
K 岩下(写真K)は自動車修理店の東端附近だが、痕跡は見つけられない。

東特前(写真L)は同名企業の南方、小さな踏切の西側に位置し、線路脇には空地も広がる。上田市による工場誘致に伴って、新たに開設された駅でもある。
駅の東側には信越線と共用のアーチ橋(写真M)が残され、確認は取れなかったが、石積であることから当時の設備と判断した。
18年10月

L M
18年10月 18年10月

さらに信越線に沿って進むと、国道152号線の下で丸子側から来た路線と合流する。 廃止後しばらく空地だった線路跡(写真N)も、今は側線部を含めて駐車場等に利用されている。 N
93年11月
O その駐車場を抜けると、国鉄との接続駅大屋(写真O)に滑り込む。信越線下りホームの南側を使用していたが、改札は別個となっていた。

丸子線はここでスイッチバックし、進行方向を変えた列車はすぐ左急カーブで南へと進路を向ける。カーブ地点は住宅が建ち並び痕跡は消えるが、市道との交差後は線路跡を転換した二車線道路が現れる。
93年11月
道路上を南進すると千曲川に突き当たる。橋梁(写真P)は当初トラスとデッキガーダーの混成だったが、水害により丸子側が交換され、以後は二種のトラスが使用されていた。ただこの時、国鉄から払い下げを受けた曲弦トラスが若干短かったため、左岸橋台まで届かず、わざわざ数メートル手前に橋脚を一基設けている。

鉄道廃止後は道路橋に転用されていたが、これまた水害で破損し、現在は新しい橋に架け替えられてしまった。
P
93年11月
Q 橋の先も道路として再利用され、跡地をトレースするのは容易だが、当時の痕跡を見つけるのは不可能と言ってもいい。

国道152号線との交差点北側が信濃石井(写真Q)、信号のない十字交差点北側が下長瀬(写真R)となるが、共に正確な位置の特定はできなかった。
長瀬(写真S)はJA関連施設に利用され、西側を通る国道152号線からのアクセス路も残されている。
18年10月

R S
18年10月 18年10月

上長瀬(写真T)はS字カーブの途中で、ホームもかなり急な曲線だった。続く丸子鐘紡(写真U)は駅名が示すように紡績会社に近く、工場に向かう専用線が分岐していた。工場はすでに閉鎖され中央病院へと変わっているが、その裏手まで延びていた線路跡も、大半は道路に転用されたようだ。

鉄道関係者の住居となった中丸子(写真V)は駅舎が今も残り、北側の駐車場付近までホームがあったことを耳にした。
T
18年10月

U V
18年10月 18年10月

W 上丸子(写真W)で一度道路は途切れるが、駅の先から再び生活道として姿を現す。駅跡は消防倉庫や駐車場に利用されている。

当時の写真を見ると駅前に洒落た劇場が写るが、残念ながら今はその跡形もない。
93年11月
道路上を進むと、現在はドラッグストアに衣替えした終点の丸子町(写真X)へたどり着く。電車区も備え、かなり大きな構内を有していたことは、現状からも偲ぶことが可能だ。

また西方の県道交差点は今も駅前通の名称が使われ、鉄道への思いがまだまだ強いことを感じさせる。
X
93年11月

 −保存

Y 丸子町文化会館に保存される電気機関車(写真Y)
93年11月
千曲川橋梁で使用されたトラス桁(写真Z)が、総合体育館に保存されている。歩行者用として、りんどう橋の名が付き、説明書きも添えられる。 Z
18年10月

 参考資料

  1. なつかしの上田丸子電鉄/唐沢昌弘 著/銀河書房
  2. RM LIBRARY73/上田丸子電鉄(上)/宮田道一・諸河久 著/ネコ・パブリッシング・・・沿革と現役時代の紹介

 参考地形図

1/50000  上田 [S27応修]  小諸 [S27応修]
1/25000  上田 [該当無]  丸子 [該当無]

 
 お断り&連絡先     ページtop
2018-11/23最終更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2009 pyoco3 All Rights Reserved.