上田丸子電鉄丸子線を訪ねて

西丸子線  真田傍陽線  廃止鉄道ノート北陸・甲信越  減速進行

 地区:長野県上田市 区間:上田東〜丸子町 軌間:1067mm 動力:蒸気→電気

製糸業で発展した丸子町。産業の発展を望み、碓氷峠を越えて信州にやってきた国鉄に接続すべく、地元資本を中心として丸子鉄道が敷設された。
時は流れ信越線は第三セクター化され、今この地には長野新幹線が走る。


 略史

大正 5 (1916) - 9/ 17 丸子鉄道 設立
7 (1918) - 11/ 21   〃 開業
昭和 *18 (1943) - 12/ 23 上田電鉄と合併、上田丸子電鉄となる
44 (1969) - 4/ 19 上田丸子電鉄 当日を以て丸子線廃止
5/ 31 上田交通に社名変更
平成 17 (2005) - 10/ 3 上田電鉄として独立

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと上田丸子電鉄丸子線を表示します


 廃線跡現況

A 市街地の東に位置した上田東(A参照)。国鉄上田駅とはやや距離があるが、市街地には近く利便性は高かった。

開業当初は信越線大屋止まりで、ここ上田市街へ乗入れたのはその7年後だった。
93年11月
丸子線は南東へと進路を取り、しばらくすると右に大きくカーブを描きはじめる。
跡地の一部が道路に転用され、まさに生活道といった様相を呈していたが、今ではかなり開発が進んでいる。


染屋付近にて(B参照)
B
93年11月
C 南へと向きを変えた線路跡に従って南下すると、駐車場に再利用された跡地を見つけることも出来きた。
ここも現在はかなり変貌してると思われる。

上堀付近にて(C参照)
93年11月
線路跡はそのまま南へと進路を取り、信越線(現しなの鉄道)にぶつかる。これをオーバークロスで乗越え、左急カーブで南東へと向きを変える。
この交差を証明しているのが信越線北側に今も残る橋台(D参照)


カーブが終るとすぐに信越線に寄添い並走を始める。この跡地は信越線複線拡幅用地として利用され、当時の痕跡は探しようもない。
D
93年11月
E 信越線との並走部には八日堂神川岩下東特前と各駅が設置され、その東端が大屋(E参照)で国鉄との共同駅だった。
ここも元をただせば地元要請に基づいて、信越線開通後に設置された駅だ。


丸子鉄道開業当初はここが始発駅となっていた。
93年11月
大屋はスイッチバック駅で、ここで進行方向を変えた列車は再び左急カーブを描き、丸子町へ向うべく南へと進路を取る。


廃止後しばらくは空地だった丸子線跡(F参照)も、今は駐車場等に利用されている。
F
93年11月
G 最初に開通した区間に含まれる千曲川橋梁(G・H参照)。当線内ではもっとも費用を要する難工事だった。

トラスの形状が二種あるのは、水害で丸子側が一度交換されているためだ。
93年11月
鉄道廃止後、道路橋に転用されていたが、災害で再び破損し全く新しい橋に架け替えられてしまった。
残念ながら掲載した写真の姿は現在ではもう見ることは出来ない。


丸子線はこの千曲川支流の依田川に沿って線路が延びてゆく。
H
93年11月
I 千曲川 鉄橋から丸子町までは道路として再利用され、跡地をトレースするのは容易だが、当時の痕跡を見つけるのは不可能になってしまった。


信濃石井下長瀬長瀬(I参照)上長瀬丸子鐘紡と続く各駅もすべてこの鉄道跡を再利用した道路上に位置していた。
93年11月
駅舎の一部が残るといわれる中丸子を過ぎ、上丸子(J参照)で一度道が途切れるが、その先で再び生活道として姿を現す。


沿線に「上」「下」の字を冠する地名、駅名が多く、北側が「下」、南側が「上」と付けられ、その経緯にも興味をそそられる。
J
93年11月
K 道路上を更に南に進むと現在はスーパーに衣替えした丸子線の終点、丸子町(K参照)へとたどり着く。電車区も備え、かなり大きな構内を有していたことを現状からも忍ぶことが可能だ。

一般的にはこちらを終点と呼んで良いと思うが、設立当初の経緯から書類上はここが起点となっているようだ。

また、ここから県道に通じる「駅前通」の名称が、いまだ地元で大切に使われていることに小さな感動を覚える。
93年11月

 −保存車両

丸子町文化会館に保存される電気機関車(R参照) R
93年11月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  上田 [S27応修]  小諸 [S27応修]
1/25000  上田 [該当無]  丸子 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-10/14最終更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2009 pyoco3 All Rights Reserved.