富山地方鉄道旧黒部鉄道線を訪ねて

射水線 立山軽便線 廃止鉄道ノート北陸・甲信越 減速進行

 地区:富山県黒部市 廃止区間:黒部〜電鉄黒部(1.1km)黒部〜石田港(1.9km) 軌間:1067mm単線 動力:電気

黒部川水系の電源開発を目的として開業した黒部鉄道。地元からの要望で旅客列車も走らせたため、終点の宇奈月温泉は全国的にも有名な温泉地に発展した。当初は北陸本線の黒部駅に接続していたが、富山電気鉄道の路線が電鉄黒部まで延伸されると並行区間は廃止され、黒部駅での乗り換えは不可能となってしまった。なお残り路線の大半はいまも本線に組み込まれて活躍している。


 略史
大正 11 (1922) - 11/ 5 黒部鉄道(宇奈月線) 開業
昭和 5 (1930) - 4/ 10     石田港線 開業
15 (1940) - 3/ 27       〃  富山電気鉄道に譲渡
6/ 1 富山電気鉄道 石田港線 廃止
18 (1943) - 1/ 1 黒部鉄道 富山電気鉄道に合同
2/ 12 富山地方鉄道に改称
44 (1969) - 8/ 17        電鉄黒部〜黒部 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと黒部鉄道線を表示します


 廃線跡現況
A 宇奈月に向かう路線は北陸本線黒部の北東角から出発していた。今は「あいの風とやま鉄道線」へと移行されているが、駅構内の片隅に当時のホーム(A参照)が残され、駅舎跡の大半は駐車場等に利用されている。なお当初の駅名は三日市と称していた。

駅の北にはかなり痛んだコンクリート暗渠(B参照)と、信号の基礎部分(C参照)を確認することができる。
16年4月

B C
16年4月 16年4月

構内を抜けると右カーブを描いて北陸本線から離れる。その跡地は宅地等に飲み込まれ、既にルートのトレースは難しい。

カーブが終了しほぼ90度向きを変えると、本線に並行して東に進む。当時の路盤(D参照)は本線脇に残され、あたかも確保された複線用地といった状況を示している。
D
16年4月
E 電鉄黒部(E参照)は富山電気鉄道との接続駅で、黒部鉄道の昇圧前は車両の直通が出来ず、富山方面からの乗客はここで全て乗り換えていた。

この駅も当初の西三日市から電鉄桜井を経て現駅名に改称されている。
16年4月
石田港線は北陸本線黒部の西側にホームが設けられていたが、こちらは何の痕跡も認められない。駅を出ると左カーブで宇奈月線とは正反対の西方向を目指し、カーブ途中の水路には橋台跡(F参照)を見つけることもできる。かなり削られてはいるものの、崩しきれない部分がブロック塀の中に上手く組み込まれているが面白い。

その先は一旦民家や農地に取り込まれ、やがて東西に延びる一車線道路に合流する。ここに設けられていたのが堀切口だが、残念ながら現地で詳細を知る人を探し出せず、位置の特定は出来なかった。
F
16年4月
G しばらく西に走ると用水路が道路に接近し、北から道路、用水、鉄道の順に並ぶこととなる。

更に国道8号線バイパスをアンダーパスすると、現本線となった富山電気鉄道線と平面交差する。ただ本線側は曲線の中間でカントが付けられており、どのような交差方法だったのか興味を惹かれる。
考えられる一つは、カントを設けず本線側車両は超低速走行で通過していた、あるいは富山電気鉄道線敷設と同時に石田港線は休止となり、実際に平面交差は存在しなかった、思い浮かぶのはこの二つだが、どちらも現地で情報を得ることは難しい。
16年4月
本線を越え、農地に転用されていた路盤上に住宅が建ち並び始めると、当時の橋台(G参照)がほんの少しだけ顔を出す。ちょうど自動車店の入り口にあたる。

生地口は岡交差点の南西に位置し、今は跡地に酒店が建つ。ここからは左にカーブを描き、向きを南に変える。カーブ地点は学校内に取り込まれ、続く農地を抜けると終点の石田港(H参照)に到着する。駅跡は既に道路や民家等に取り込まれ、終着駅の雰囲気はどこにもない。
なお駅名には港の文字が入るものの、特に貨物輸送に力を入れたわけでもなく、むしろ黒部鉄道自身が開発した海水浴場への誘客を目的としていた。
H
16年4月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  三日市 [S5修正]
1/25000  三日市

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2016-6/29  無断転載禁止 Copyright (C) 2016 pyoco3 All Rights Reserved.