一畑電気鉄道立久恵線を訪ねて

今市線 広瀬線 廃止鉄道ノート中国 減速進行

 地区:島根県出雲市 区間:出雲市〜出雲須佐 軌間:1067mm 動力:蒸気→内燃

県としてはやや知名度が劣るといわれる島根県、だが近年は出雲大社の遷宮もあり人気も復活している。
そんな島根県を含む中国地方では陰陽連絡鉄道が幾多も計画され、失敗に終った例も多いが、この立久恵線も設立時はその社名からわかるように広島県の宮島を目指していた。当初、出雲須佐までの第一期線と三次までの第二期線が計画され昭和初期に第一期線が開業したが、それ以降の計画は白紙に戻され水害により大きな被害を受けたのを契機にそのまま廃止となってしまった。


 路線図  略史

* 地図上にマウスポインターを置くと立久恵線を表示します


昭和 7 (1932) - 12/ 12 大社宮島鉄道 開業
13 (1938) - 6/ 9 出雲鉄道に改称
29 (1954) - 5/ 1 一畑電気鉄道に合併 立久恵線となる
40 (1965) - 2/ 18     〃   立久恵線 廃止
平成 18 (2006) - 4/ 1 一畑電車に改称

 廃線跡現況

A この鉄道の出発点はJRの出雲市(A参照)、駅の南側から山陰本線に平行し西に向って線路が続いていた。
一畑電車の本線ともいえる北松江線が駅北側に乗入れているが、直通列車の設定はなく、たまに臨時列車が出雲大社まで足を延していたようだ。その後の山陰線高架化と共に当時の痕跡はきれいに消え去っている。

数百メートルで南に大きくカーブを描き山陰本線と別れるが、このカーブ地点は既に宅地化され、鉄道が通っていたことを想像出来るものはなにもない。ただ一部はグンゼ工場に取込まれたため何らかの痕跡が残る可能性もあるが、確認を取ることは出来なかった。
14年5月
カーブを曲り切ると、そこからは国道184号線として再利用されている。どこにでもあるような2車線道路だが、単線からの大幅な拡幅のため鉄道の匂いは完全に消えている。
この国道とは終点までの長いつきあいとなる。

しばらく南下すると東にカーブするが、そこに位置したのが古志(B参照)。写真左の細い生活道との分岐付近から手前にかけて小さなホームがあったそうだ。
B
14年5月
C 駅を出ると直ぐに旧国道9号線と交差するとともに南東へと向きを変える。道なりに真っすぐ進むと目の前に堤防が迫ってくるが、これは斐伊川放水路の右岸で鉄道運行時には影も形もなかったものだ。
ちょうど放水路が神戸川[がんどがわ]に合流する地点で、改修の進んだ神戸川と共に付近一帯は大きく姿を変えている。

国道も鉄道跡地から外れ、放水路を越えると神戸川の右岸堤防上を走ることになる。立久恵線はその手前で一旦国道を横切り、そのまま北側の藪沿いに進み自動車修理工場を抜け、馬木不動尊/光明寺の前に出る。この西隣の駐車場付近が馬木不動前(C参照)
14年5月
ここから数百メートルは一車線の生活道となるが、再び宅地に突き当りそのまま国道184号線に吸収される。ただこれもわずかの距離で、すぐ東側に分離し再び一車線の生活道として姿を現す。

この道を南に進むとJAいずも朝山に突き当る。南側の民家と共にここが朝山(D参照)の跡。交換設備、貨物側線を持ち、全線で五箇所あった停車場のひとつでもあった。
D
14年5月
E 駅跡を抜けると引続き一車線道路に道路に転用され、その突き当りに最初のトンネルが姿を現す(E参照)
ただ入口がふさがれて中に立入ることは出来ない。短いトンネルで今この上には山陰道が走っている。

トンネルの先は未舗装のまま農道状の路盤がそのまま残るが(F参照)、豪雨で道床が流されたのはこの付近。これが廃止の引金となった。路盤跡は緩やかな右カーブをたどり信号交差点に出たあと、再び国道184号線として拡幅利用され始める。
14年5月
道なりに進むとかなり急な上り勾配が迫ってくる。二つ目のトンネルのあった付近だが鉄道時代のものは埋め戻され、代ってかなり高い位置に道路用トンネルが掘削された。ルートも微妙にずれ、鉄道用はほんのわずか南側に位置したはずだが今となっては道路用築堤の下敷となり確認のしようがない。

は地形図に記載がなく、朝山郵便局のあたりかと想像するばかり。
F
14年5月
G 立久恵線跡を転用した国道上を南に進み、ゆるやかに左に曲ると旧道が西から合流する。そのまましばらく走ると小さなトンネルがあったはずだが、既に開削され場所の特定すら難しい。さらに右カーブが続くがその終了点が所原(G参照)。跡地はJAに利用され地方鉄道の定石とも言うべきパターンに落着いている。なお旧道はカーブ手前で既に西に分れている。

この先、平行する神戸川がぐるっと180度反転しているが、立久恵線も同じ軌跡をとる。ここは出雲須佐行列車が唯一北西方向を向く場所となるが、ここに殿森があった。比較的新しくできた駅で、旧道と斜めに交差する付近と思われるが痕跡等は見つからない。
14年5月
蛇行する神戸川に沿って進行方向を再び南西方向に戻すと、次第に左右から山が迫り急峻な地形へと入り込む。
旧道と鉄道用地を一体利用した国道がしばらくは続くが、名勝立久恵峡に近づくと更に地形の険しさが増すと同時に上下線が分離し、南行が旧道利用、北行が鉄道利用の一方通行路に変る。もちろん両線とも国道であることに変わりない。

立久恵峡(H参照)は現在の立久恵峡中バス停付近、北行線内に位置する。
H
14年5月
I 2Km程で一方通行路は終了するが、ここで旧道と鉄道跡が交差する(I参照)。写真右の南行一方路から左手に抜ける道が旧道。奥から大きなカーブで手前まで伸びるのが鉄道跡。
14年5月
この南に乙立(J参照)があった。駅跡は郵便局のあたりだと教えてもらったが、貨物ホームも備えた停車場のひとつであったため、JAいずも乙立付近までが構内であったと推測する。

なお旧道はここから神戸川の対岸に渡る。
J
14年5月
K 国道上を進み再び左カーブでやや東に向きを変えると一旦神戸川を渡り、初めて左岸に出たあとトンネルに入る。
拡幅され自動車用に整備されたトンネルを右カーブで抜けると、再び神戸川と交差し右岸に戻る。ここに位置したのが向名(K参照)で、現在のバス停付近と考えられる。

当時の地形図を見ると旧道がこのトンネルの上を大きく迂回していることがうかがえる。
14年5月
国道184号線はしばらく神戸川に沿って進むが、佐田の町へ入る手前でみたび神戸川を渡る。ただ立久恵線跡はそのまま右岸を直進し最後のトンネルに飛込んでいく。
トンネルは2本連続し、廃止当初は信号閉塞による一方通行の県道として提供されていたようだが、対岸に国道が開通した現在は通行止となって中に立入ることは出来ない。
用の無くなったトンネル入口には除雪車らしき車両が留置されている(L参照)
L
14年5月
M トンネルの南で国道と合流し、そのまま神戸川を越える。橋の前後、やや道路幅が広がっているが、これは現在の道路橋と当時の鉄道橋の位置が微妙にずれていることを物語っている。ただし橋脚等で確認出来るものは何もない。

最後に右カーブで西に大きく向きを変えると佐田消防分署、出雲市役所佐田支所を通り抜け、立久恵線四度目でかつ最後の神戸川越えとなる。
両岸には当線唯一ともいえる橋台がそのまま残り(M参照)、焼却炉やアンテナ等が設置され地元で上手く利用されているようだ。
14年5月
終点出雲須佐(N参照)は銀行から郵便局、一畑バス営業所のあたりで、機関庫や給炭、給水設備を備えた一大ターミナルであったため構内も広く、JAスーパーもその一翼を担っていた。なお駅名に須佐の名が付くものの、有名な須佐神社を擁する須佐地区とは3キロ程離れている。

この地に立ってそのレールの行く先を見つめると、三次への鉄路計画がまさに夢のまた夢であったとの実感がわき上がってくる。
N
14年5月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  今市  木次 [S28応修]  石見大田 [S28応修]  大社
1/25000  出雲今市 [S34資修]  稗原 [該当無]  神西湖 [該当無]  大社 [S29資修]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-10/14最終更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2014 pyoco3 All Rights Reserved.