羽後交通横荘線を訪ねて

雄勝線  廃止鉄道ノート東北  減速進行

 地区:秋田県横手市 区間:横手〜老方 軌間:1067mm 動力:蒸気→内燃

秋田県南部の主要都市、横手、湯沢から各々奥羽本線に接続する形で私鉄線が延びていた。敷設の目的には幾分の違いがあったが、第二次世界大戦時に他のバス会社等も含めて統合され社名は羽後鉄道となった。
戦後羽後交通と再び社名を変更、しばらくは小康状態を保っていたが、道路の整備、自動車の発達に伴って昭和40年代に2路線とも廃止された。今はバス運行を中心とした会社として発展している。
横荘線となった横手鉄道は横手と日本海側の本荘(由利本荘)を結ぶ目的で設立された。両都市からそれぞれ東線と西線として順調に敷設されていったが、西線は昭和12年に国有化され東西連絡の夢はこの時点で断たれている。


 略史

大正  3 (1914) - 7/ 15 横手鉄道 設立
 5 (1916) - 12/ 5 横荘鉄道に社名変更
 7 (1918) - 8/ 18    〃 開業
11 (1922) - 8/ 1    〃   西線 開業
昭和 12 (1937) - 9/ 1    〃   西線国有化、矢島線となる
18 (1943) - 12/ 5    〃  雄勝鉄道を合併
19 (1944) - 5/ 羽後鉄道に社名変更
27 (1952) - 2/ 羽後交通に社名変更
46 (1971) - 7/ 19    〃  横荘線 当日をもって廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと横荘線を表示します


 廃線跡現況

A 旧国鉄駅へ乗入れていた横手。構内には当時のホームが残り、改札をくぐれば今でもその上に立つことが出来る。
写真(A参照)中央が横荘線の残されたレール、右は奥羽本線。
左の建物は羽後交通の検車場。


横荘線は奥羽本線としばらく並走した後、西へと別れる。
93年4月
ここに当時の路線跡が放置された状態で姿を見せ(B参照)、農道として地元で利用されている。小さな橋梁等、当時の遺跡がもっともよく残る場所だ。


そのまま進むと秋田道の横手JCTに行く手を遮られる。湯沢横手道路との交差個所で、そのほぼ真下を横荘線が通り抜けていた。
短命で郷土史にその名を連ねることの少ない栄村もこの付近にあったはずだか、既に場所の特定は不能。
B
93年4月
C 高速道により分断された線路跡は、その先で一部が2車線道路、一部は放置され、続いて農免農道として利用され始める。

樋の口付近もこの2車線の農免農道が線路跡に沿って通るが、区画は大規模な圃場整備より整理され、残念ながら駅前後は鉄道跡地をそのまま素直にトレースしたものではない。

駅の西を流れる吉田排水幹線も羽後交通線廃止後に整備されたものだ。
07年1月
その後、東浅舞東のS字カーブで廃線用地上に戻った農免農道(C参照)は、次の浅舞(D参照)で一旦途切れる。 D
93年4月
E 北西方向に向う横荘線跡は用水路に沿って国道107号線を北に越え、JAスタンドの裏手を斜めに抜けると再び道路としてその姿を現す。


道路に転用された線路跡はさらに北西方向へと一直線に進み、沼舘の手前で北へと向きを変える。
93年4月
その転用道路は1車線であったり、また時には2車線に広がったりするが、この道路上に豊前羽後里見(E参照)、更に北へ向きを変え県道13号線と名称を変えた後には沼舘(F参照)船沼館合と各駅が続いていく。

よくある話と云えばそれまでだが、駅跡にはJAの施設が建ち、まさに廃止された地方鉄道の典型を地でいく教科書のような場所だ。

なかには館合駅跡を利用した館合農協のように、中に照明もつかず寂れた感じが漂うものもあるのは時代の趨勢か。
F
93年4月
G 平成の大合併によって今は横手市の一部となった旧雄物川町に属した各駅には、当時の教育委員会の手により駅跡の案内柱(G参照)が建てられ、その存在を後世に伝えている。




館合を出るとやや西に進路を曲げ、当地の主要河川である雄物川を越える。
確認は取っていないが、ここにも橋脚の痕跡が残るとの情報もある。川の前後は築堤が当時のまま放置されたり、生活道に利用されたりといった細切れの活用がなされている。
07年1月
雄物川を渡り大森の集落に近づいた地点が羽後大森(H参照)。ここも駅跡はやはりJA。大森の集落から駅へと延びる取付け道路が跡地の探索を容易にする。

この先線路跡はしばらく水田の中へと埋没する。

再度鉄道跡が顔を出すのは駅から数百メートル西に離れた県道29号線上。顔を出すと言っても何らかの痕跡が見つかるわけではない。むしろ道路側は直線で建設されており、残念だがどれだけ注意を払っても両者の合流点を探し当てることが出来ない。
H
07年1月
I この県道は横手市内の国道13号につながる主要道で、合流点以西は横荘線跡地を再利用している。

その県道を西に進むと上野の集落で旧道と斜めに交差するが、この前後に設置されていたと思われるのが上溝。短命で地形図にも記載がなく、場所の特定は難しい。

西に向っていた県道がやや南にカーブを描き始めると二井山へと続く道路が分岐し、その三叉路に八沢木(I参照)が位置していた。
駅跡は写真奥のバスが停車している付近。
93年4月
県道から左へ分岐した道路が横荘線跡で、大きなS字カーブも抱えながら南へと延びていく。この鉄道跡を利用した新設の道路建設によって、平行する旧道の一部は既に廃道となっている。

次に現れる駅は集落からすこし離れた二井山(J参照)。一時期、終着駅の役割を果していたのだが、跡地にはとてもそれを連想することが出来ない景色が広がっている。

ここにも教育委員会の手による駅跡の標柱が建てられ、当時を偲んでいる。
J
93年4月
K この先は山岳地帯の峠越えとなり、曲りくねった路線に5ヶ所のトンネルが続く当路線で一番の難所でもあり、建設に多額の出費を強いられたであろう区間だ。しかし、その区間が最初の廃止区間となってしまったのはなんとも皮肉な運命というべきか。



鉄道用地は狭いながらも県道48号線として生れ変わり、車の通行も可能。ただ最初の二井山トンネル(K参照)のみ通行止となっていて、崩落の危険があるとの情報もある。
困ったことに、市販の道路地図のなかにはトンネルも通行可能な県道として描かれている場合があるので注意を要する。
93年4月
その二井山トンネルを迂回し、県道なのか林道なのかよくわからないような廃線跡道路を進み、御蔵?、金谷と連続するトンネルを抜けると峠に位置する浮蓋トンネル(L参照)にたどり着く。

冬季は除雪されず、積雪となればそのまま通行止となることもあるようで、こちらも探索時の要注意個所。 トンネル西方に浮蓋があった。

余計なお世話かもしれないが、冬にこの地方の廃線を探索することは避けた方が得策だ。
L
93年4月
M 更に鉄道跡をトレースした県道を西へと進み、笹倉トンネルを抜けると、今度はすこし長めの切通(M参照)に出会うこととなる。



トンネルとはまた趣が異なり、それでいて鉄道の雰囲気をしっかり残している。
93年4月
しばらくして山あいを抜け出ると同時に石沢川に行く手を遮られるが、ここに当時の橋台(N参照)を見つけることが出来る。

二井山から続く県道48号線はこの川の手前で鉄道跡から離れ、また橋台の前後にはなんの痕跡もみられないため、まさに唐突に目の前に現れるといった感がある。

ただ残念なことにこの橋台は既になく、写真の姿を見ることは今では不可能となってしまった。
N
93年4月
O 川を越え鉄道時代の築堤がきれいに削られ整備された水田を進むと、数百メートルで終点老方(O参照)に達する。
平成の大合併により今は由利本荘市と名を変えたが、93年当時は東由利町の役場となっていた。

ここは東線の暫定終点で、西線の前郷と結び本荘まで直通する予定だったが、その西線は昭和に入ってまもなく矢島線として国有化され当初の計画はこの時点で潰えた。

その矢島線も矢島まで延長された後、今は第三セクターとして運営されている。
93年4月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  横手 [S28応修]    浅舞 [S28応修]    大曲 [S39改測]
1/25000  横手 [S43測量]  浅舞 [該当無]  角間川 [該当無]  老方 [該当無]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14   無断転載禁止 Copyright (C) 2006 pyoco3 All Rights Reserved.