羽後交通雄勝線を訪ねて

横荘線  廃止鉄道ノート東北  減速進行

 地区:秋田県湯沢市 区間:湯沢〜梺 軌間:1067mm 動力:電気→内燃

明治期に奥羽本線が開通し恩恵を受けた湯沢。これに対して湯沢の西に位置する西馬音内をはじめとする各町村は雄物川によって分断され、地域交通に不便が生じていた。これを解消すべく計画されたのが雄勝鉄道。その後横手からの路線を持つ横荘鉄道と合併し、更に後年羽後交通と名称を変えた。
昭和40年代に入ると収支も厳しくなってきたのか、動力を電気からディーゼルに切換え生残りを計ったが、努力むなしく同年代に廃止されてしまった。


 略史

大正 15 (1926) - 1/ 31 雄勝鉄道 設立
昭和 3 (1925) - 8/ 10    〃 開業
18 (1943) - 12/ 5 横荘鉄道に合併
19 (1944) - 5/ 羽後鉄道に社名変更
27 (1952) - 2/ 羽後交通に社名変更
42 (1967) - 12/ 1    〃  雄勝線 西馬音内〜梺間廃止
48 (1973) - 4/ 1    〃  雄勝線 廃止

路線図


 廃線跡現況

湯沢(A参照)は当時の国鉄との共同駅。
西側に位置したホームと共に連絡橋も既に撤去されているが、今でもそれなりの雰囲気を残している。
雄勝線敷設以前には、松岡鉱山専用線がここで荷扱をしていた様だ。


また羽後交通とは特に関係のない話だが、このJR奥羽線湯沢駅の北側の駅名が下湯沢、南側の駅名は上湯沢となっている。不思議と云えば不思議な取り合せだ。
93年4月
雄勝線は湯沢を出るとすぐ左に急カーブを切り西へと向うが、このカーブ跡に小公園(B参照)がある。


線路跡に沿ったと推測できる土地境界線を持っているが、地元の人への聞取りでは確認が取れなかった。
07年1月
C 西に向きを変え、しばらく進むと雄物川にぶつかる。その手前の短い区間には放置されたままの低い築堤(C参照)が残されている。
鉄道の匂いがもっとも強い場所だ。

築堤の一部は生活道に転用されハローワーク等の横をかすめるが、近年は湯沢横手道路に直結するR13号バイパスによって分断されてしまった。


雄物川橋梁は、この路線敷設時に最大の費用を要した構造物と考えられるが、その橋台(D参照)を見つけることが出来る。
ただ写真に写る左岸側は既に撤去され、現在では右岸にのみその姿をとどめている。また右岸堤防は桜並木となっており、春のシーズンにはものの見事に咲誇る。
93年4月
雄物川を渡ると区画整理が済んだ農地の中を進むこととなり、線路跡をたどることは不可能となる。


ほぼ東西に一直線で延びていた様だが、羽後山田(E参照)の東付近で微妙にS字カーブを描いていたことが参考地形図から読み取れる。

この駅には一時期松岡鉱山専用線が接続していたとの情報もあるが、雄勝線建設前に既に廃止になっていたともいわれ詳細は不明。
今は深堀保育園となった駅跡前後には小さな橋梁跡が残る。
93年4月
E 羽後山田を過ぎると鉄道跡は北西に向きを変え、再び区画整理された水田の中に取込まれるため遺構の発見は困難となる。
その水田の中をレールは一直線に伸びていた、と書きたいところだが、旧版地形図によれば一ヶ所だけ曲り箇所があり、くの字の形を描いていたことになる。


さて、その跡地の特定が不能な水田の中を北西に進むと、次の集落に設けられのが貝沢、ここは雄勝線廃止後に新設された2車線道路に飲込まれたと推測される。
93年4月
更に路線は圃場整備で区画を変えられた農地の中を一直線に羽後三輪(F参照)へと向い、途中R398号線とも交差するが当時の痕跡は何も見つからない。

駅の手前で左にカーブし向きを西に変えながら進入していた。この駅跡は現在JAこまち三輪支店として活用されている。
ここから貝沢に向って撮影した運行当時の写真が下記参考webに掲載されているが、背景にある木立が今も同じ場所に残っていることはたいへん嬉しい。

駅より西、数百メートルの間は鉄道跡が生活道に変化し、地元の人に利用されている。
F
07年1月
G あぐりこ付近にはそれらしき農道が続くが、鉄道廃止後区画が整理されており、鉄道跡をそのままトレースしたものではない可能性が高い。


三度、四度と水田の中に姿を消した線路跡が次に姿を現すのは、電車区を抱え大きな敷地を有していた主要駅の西馬音内
駅舎は農業巨福会館、構内(G参照)はサトウ美容室や丸源食堂といった商店、民家などに変っている。
07年1月
また、駅前にある三浦屋の店先に当時のマスコンが鎮座する(H参照)。今回訪ねたときも休業中で、営業しているのを見たことがないとのうわさの店だ。・・・はてさて。

駅構内から西に向う舗装道路は廃線跡を利用し、羽後病院の前を通り、西馬音内小学校北側まで続いていくが、その先は再び区画整理された農地の中へと消えている。

雄勝線跡はそのまま農地内を走り、県道57号を斜めに横切った後、単に元西とも呼ばれる元西馬音内に至る。が、しかし、ここもやはり水田の中に埋没してしまった。
H
07年1月
I 再び県道57号に接近し更にJAスタンドの裏手を抜け、閉鎖されたJA羽後元西支所前を過ぎると 終点(I参照)


ここには復元された腕木式信号機と共に建物内に車両も保存されている。屋内で、しかも常時公開ではないため程度は非常にいい。
ただし見学には事前に管理者への連絡が必要で、ファンにとっては痛し痒しと言ったところか。
93年4月
かつては湯沢市役所横の中央公園にも車両が保存(J参照)されていたが、こちらは既に解体されてしまった。 J
93年4月

 

 参考資料


 参考地形図

1/50000  浅舞 [S28応修]    湯沢 [S39改測]
1/25000  湯沢 [該当無]  西馬音内 [該当無]

 参考web


 保存車両


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2006 pyoco3 All Rights Reserved.