中勢鉄道を訪ねて
 地区:三重県津市 区間:岩田橋〜伊勢川口 軌間:762mm 動力:蒸気・内燃

廃止鉄道ノート東海  減速進行

明治42年、大日本軌道により津の岩田橋から久居間が開業。のちにこの路線を引継いだ中勢鉄道により伊勢川口までの延長工事が行われ、大正14年に全線開通したが、惜しくも昭和18年に廃止となった。
津〜久居間は軌道、久居〜川口間は鉄道と法規上区別されていたが、実際の運用は共通で、まさに「けいべん」と呼ぶにふさわしい鉄道であった。


 略史

明治 41 (1908) - 7/ 28 大日本軌道 設立
11/ 10   〃   伊勢支社 開業
大正 9 (1920) - 3/ 3 中勢鉄道 大日本軌道伊勢支社線を譲受
昭和 18 (1943) - 2/ 1   〃 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと中勢鉄道を表示します


 廃線跡現況

A 94年4月
旧版地形図と下記参考資料を頼りに探索を開始するが、岩田川沿いにあった始点の岩田橋駅をはじめ次駅の弁財天など市街地では痕跡を発見できず、正確な線路跡をたどることは出来ない。


密集地を抜け郊外との境目に位置する阿漕駅付近に、旧国鉄参宮線をオーバークロスしていた跨線橋の橋脚(A参照)が残る。
ここから国鉄駅に向けて300m弱の貨物支線もあったようだがこちらも痕跡が見つからない。しかし、その後この鉄道は郊外に移るに従って当時の面影をしのぶ構造物をいくつか見つけることが出来る。
B 94年4月

参宮線を越えると同時に、名張へ向かう旧国道165号線と合流する。向かって左側の歩道がやけに広いが(B参照)、ここが線路跡。

岩田池を左手にしばらくはこの道路上を緩やかな上り勾配で続いていくが、やがて近鉄をアンダークロスするとそこが聖天前駅跡。

更に旧国道上を進むと目の前に広がる池を避けるよう、右に急カーブを描く。ここに二重池駅があったが、場所の特定は難しい。ちょうど近鉄南が丘駅の駅前にあたり、連絡駅のようにもとれるが、近鉄駅は中勢鉄道廃止後に設置された駅で現実にはまったく関係がないといえる。

池に続く三重運転免許センターを過ぎたあたりで中勢鉄道跡は旧国道と離れ、徐々に近鉄路線に近づいていく。宅地などに利用され跡地をたどることは難しいが、不動院禅寺を過ぎたあたりが相川駅跡。その先は近鉄線と並行して進んでいく。

久居駅は近鉄駅と同じ場所にあったが今は駅前広場に利用され、更に最近はマンションなども建設され様相は一変している。もちろん駅跡の詳細な特定は難しいが、現駅よりほんの少し北側に位置していたことは間違いない。
久居からいきなり右に急カーブを描いた中勢鉄道は、西を向いたまま久居市街を抜ける。成美小学校の南西側境界線脇を通り、確証はないが本妙寺付近からは狭い舗装路として転用されているようだ。

C 94年4月
その先、寺町交差点からは県道と合流し、やはり西へと続いていく。この県道上にあったのが寺町駅と万町駅。

県道は更に西へと続き、伊勢自動車道久居IC付近で国道165号線バイパスに合流する。ここからの国道は中勢鉄道跡を利用して建設されているが、跡地をそのままトレースしたものではなく幾分ルートが異なっている個所もある。

当初2車線で開通したが後に一部4車線化され、軽便鉄道跡が国道用地に飲込まれてしまったと言ったほうがより正確な表現になる。
国道上を西に進み戸木口交差点の西にあったのが戸木駅、続いて羽野交差点付近には羽野駅、この間には久居工業団地等も造成されている。更に大師前駅、七栗(C参照)と続くがすべて道路上で、駅跡、路盤跡などの痕跡はまったく見つからない。ただ七栗付近に、鉄道廃止後60年以上経つ今も「駅前」の地名が残されていることには感心する。
七栗を過ぎるとすぐ国道から南にはずれ、舗装された生活道に転用され続いていく。

この鉄道の後半は雲出川に沿って走っていたため、各支流には橋梁の跡が比較的よく残り、この生活道にも道路橋の横に軽便の橋台(D参照)が姿を現している。
D 94年4月
E 94年4月
其倉も道路上だが位置の特定につながる痕跡などは見つからなかった。

続く石橋(E参照)ではこの鉄道が廃止される一因ともなった参急路線(現近鉄)と交差。
写真前方に向って延びる道路が線路跡で、左側の大木手前が駅のあった場所。 軽便の中勢鉄道の頭上を標準軌電車が直角に飛越えて、走り抜けていくといった図式が構成された。

参急石橋駅が近くに設置されたが、特に乗換えを考慮したわけではないだろう。
雲出川に沿ってしばらく南下すると川の流れに沿って大きく右カーブを描き、北西に向きを変える。


このカーブ途中に集落が散在し、その中心にあったのが大仰駅。こちらは痕跡もないが、集落のはずれにある誕生時(F参照)にはホーム跡を見つけることが出来る。
F 94年4月
G 94年4月
鉄道跡は更に北西方向に向うが雲出川に再接近したあたりからは道路転用を免れ、築堤も削り取られた個所や放置に近い状態等様々で、しばらくは旧道の北側を平行して連なっていく。


この中にも支流の橋梁跡(G参照)を見つけることが出来る。ただ、付近は桜の名所となっていて、シーズン中道路は大渋滞となるので注意が必要だ。
亀ヶ広駅を過ぎると再び生活道に利用され、林業技術センターの周囲を廻り伊勢二本木(H参照)に到着する。


駅跡は工場敷地に取込まれるが、当時のホームが未だ健在で外からでも窺うことが出来る。
H 05年4月
 
I 94年4月
途中に小さな橋梁跡(I参照)なども散見され、目を楽しませてくれる。


この先は民地、農地、道路などに利用されるが、はっきりした跡地の特定が難しいまま雲出川へと向う。
川を越す大橋脚(J参照)がなぜか1本だけ残されているが、この見上げるような構造物からは建設当時の難工事の様子が偲ばれる。
J 94年4月
K 94年4月
橋脚は道路橋の新広瀬橋からも望むことが出来る。また左岸の橋台は、民家の一部に取入れられている(K参照)


雲出川を越えた後、鉄道跡は宅地と農地に変換され再びその跡地をたどることは難しくなる。
その農地のど真ん中に突如としてコンクリートのモニュメント(L参照)が姿を現し、ここに鉄道が敷設されていた確かな証を示しているが、これが鉄道の遺構だと考える人が果たしてどれだけいることか。


さて、新広瀬橋からの地方道が県道15号にぶつかる手前付近にあったのが広瀬駅だが、周囲に人家も少なく今では駅のあったことすら想像が出来ない。
L 94年4月
M 05年4月
中勢鉄道はここから国鉄名松線と並走をはじめ、終点へと向い、その線路跡は一車線の舗装路に転用されている。


終点伊勢川口(M参照)は国鉄線との接続駅だったが、ここも当時の面影は消え失せ、道路の片隅にひっそりとホーム跡が残るだけとなっている。

 参考資料


 参考地形図

1/50000  津東部    津西部    二本木 [S12二修]
1/25000  津東部 [S12二修]  津西部 [*T9測図/S12二修]  大仰 [S12二修]  二木本 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2000 pyoco3 All Rights Reserved.