松本建設構内線を訪ねて
廃止鉄道ノート東海 減速進行

 地区:愛知県豊田市 区間:作業所〜貯木場 軌間:508mm 動力:内燃
貯木場と製材所、加工所を結ぶ構内軌道。そのユーモラスな姿から鉄道ファンに限らず子供たちにも人気を博したが、道路拡幅によって惜しまれつつ撤去された。一時は事務所を同県みよし市に移し、入口横に当時の車両を展示していたが、その後廃業してしまったようで、今はその姿を見ることはできない。
  路線図


 当時(左)と現状(右)の対比
A A’
93年12月 17年4月
工場内で休憩中の機関車。 同左。道路拡幅により跡形もない工場と軌道。

B
93年12月
道路に沿って走る列車。

C

C’

同左
93年12月 17年4月


作業所間を結ぶ線路。

D D’
93年12月 17年4月
阿摺川対岸の作業所はこの時点で既に撤去されている。 同左.。橋の痕跡は認められない。

E E’
93年12月 17年4月
一部区間は複線で、列車交換可能となっていた。 同左

F

F’

同左
93年12月 17年4月


東端部。以前貯木場があった地点は倉庫に変わっている。

今も片隅に残されたレール。屋根が設けられていることから、廃止後の車両保管庫として利用されていたのかもしれない。 G’
17年4月

 お断り・連絡先     ページtop
制作公開日2020-3/19  転載禁止 Copyright (C) 2020 pyoco3 All Rights Reserved.