光明電気鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート東海  減速進行

 地区:静岡県磐田市 区間:新中泉〜二俣町 軌間:1067mm単線 動力:電気

沿線の集落を東海道本線に結ぶと同時に、天竜川上流からの物資輸送をも視野に入れて計画された光明電気鉄道。競合他社を押さえて線路敷設の許可を得たものの、見通しの甘さから天竜川には接続することが出来ず、わずかな営業期間で終焉を迎えている。その結果幻の鉄道とも呼ばれるが、地元ではこの鉄道の名を知る人は意外に多く、忘れ去られた鉄道の仲間入りはまだまだ先のようだ。廃止後、国鉄二俣線に譲った路線の一部は、第三セクターの天竜浜名湖鉄道に移行した今も現役で頑張っている。

 路線図  略史

昭和 3 (1928) - 11/ 20 光明電気鉄道 開業
5 (1930) - 12/ 20      全通
10 (1935) - 1/ 21      休止
11 (1936) - 7/ 20      廃止
* 地図上にマウスポインターを置くと光明電気鉄道を表示

 廃線跡現況
A 当時は中泉と呼ばれた東海道本線の磐田駅。光明電気鉄道の始発駅新中泉(A参照)はこの北東に設けられていた。今では周辺の再開発が進んだため、駅跡の痕跡は既に消え失せ、舗装路に転換された線路跡もすぐ市街地に飲み込まれてしまう。

北東に向かう路線は、公園を抜けてしばらく進むと二車線の市道に合流する。この手前に位置した二之宮は、旧版地形図にも記載がなく場所の特定は難しい。
16年4月
市道は市民文化会館の前を過ぎて二手に分かれる。ここで鉄道は道路から離れて加茂川沿いを進み、正確なルートを把握できないまま、旧国道1号線の変則交差点に出る。
この東南角が遠州見附(B参照)と言われている。列車交換可能駅で、車庫等も備えた大きな構内を有していた。
B
16年4月
C 旧国道を越えると再び住宅地の中に飛び込み、一部の民家には当時の路盤境界線(C参照)が残されている。さらに西光寺の境内を抜けると、再び加茂川の右岸に接近する。

路線の一部は舗装路に転換されていること、稲荷橋付近で右岸から左岸へと渡っていたこと、川の左岸では再び一車線道路に転換されていること、変電所付近に川原が設けられていたこと等が資料に記されているが、現地では情報が集まらず線路跡を特定することはできなかった。
16年4月
北に向かう路線は緩やかな上り勾配が終わると、国道1号線磐田バイパスの下をくぐり、再び川を越えて左カーブで県道44号線に接近し、そのまま気賀坂トンネル(D参照)へとつながる。県道下付近を通っていたはずだが、両側とも抗口がふさがれて痕跡を確認することは出来ない。

トンネルを出ると右にカーブを描き、グランドや農地の中を通り抜ける。その途中に置かれていた加茂東にも既に住宅が建ち、今は跡形もない。
D
16年4月
E 駅の北で小さな右カーブを描くと、鉄道跡は生活道路(E参照)に変わる。ただ当時から鉄道と里道が併走していた区間で、現在の道幅を考えると、鉄道用地が直接道路に転用されたかの判断は微妙なところ。

さらに東名高速を越え、民家に突き当たって道路は終了する。その先で寺谷用水を渡るが、東岸の二階建て民家敷地内に鉄道施設の構造物が残ると聞き、探してもらったものの、残念ながら既に地中に埋没したのか見つからないとの返答だった。もし残っているとすれば橋台跡と考えられる。
16年4月
用水の右岸に三ッ入が設けられていたようだが、ここも地形図に記載がなく、おおよその位置さえ把握できない。平行する県道44号線に同名バス停もあるが、むしろ一区手前の三ッ入下バス停により近いと推測する。

駅を出ると県道44号線と交差し、続いて北に向かう一車線の舗装路(F参照)が現われる。この道は光明電気鉄道のルートに一致するものの、やはり元々の里道に隣接して線路を敷設した区間で、路盤跡は道路東沿いの農地に戻ったと考えるのが自然だ。
F
16年4月
G 舗装路上を進むと、最初の交差点北東角が遠州岩田(G参照)となり、列車交換設備を備えた広い構内は、自動車店等に利用されている。

しばらく進むと右手に小学校が近づいてくる。この校内でやや東に向きを振ると匂坂[さぎさか]に到着する。小さな墓地の南付近に位置していたようだ。
16年4月
駅の北には一車線道路がつながるが、線路跡と断定する情報は得られなかった。直線で続く路線は、そのまま農地の中を通り抜けて用水路に合流する。水路の東脇には空き地も見受けられ、資料にはここが入下(H参照)と記載されている。

駅を後にし、正確なルートの特定が出来ないまま北に向い、やがて県道44号線と交差する。この手前に設置されていたのが寺谷で、相変わらず痕跡等は見つからない。
県道の西に移り数軒の民家を抜けると、一車線道路に近づき合流する。くどいようだが、この道路も鉄道跡を転換したとの確実な根拠は得られない。
H
16年4月
I 道路上を進むと左側から堤防が接近してくる。と言っても河川があるわけではなく、当地の西方を流れる天竜川の洪水対策として造られた、霞堤と呼ばれるものらしい。地元で簡単な説明も受けたが、予備知識がないために全く頭に入ってこなかった。

しばらく堤防の東側に沿って進んだのち、切り通し(I参照)で斜めに横切り、西側に位置を変える。
16年4月
痕跡の消えた掛下を過ぎ東西に延びる二車線の市道と交差したのちは、再び左手から接近する堤防の東脇を併走する。この堤防も霞堤の一部と思われるが、今は本来の目的から外れ、地区の生活道として利用されている。両者の合流地点に平松(J参照)が設けられ、今もホーム跡を見つけることができる。

なお地元では、堤防道路脇のコンクリート構造物もホーム跡の一部とする人、いやそれは違うという人の相反する情報に接したが、その形状を観察した結果、ホーム跡ではなく堤防の擁壁と判断した。廃止から長い年月が経つと、聞き取り調査もなかなか難しいと感じた瞬間でもある。
J
16年4月
K 北に向かう光明電気鉄道は堤防沿いの住宅を抜けると、再び農地や空き地の中に姿を消してしまう。その中に橋梁跡(K参照)が一箇所顔を出している。既に川は消滅し場違いな雰囲気も漂うが、貴重な遺構だけに末永く保存されることを願うばかり。

空き地を北上すると、やがてゆるやかに左カーブを描き、その終了地点に神増が位置した。豊岡南小学校とJAとの間だが、境界に流れる用水路との関連を含めて、線路跡および駅跡の特定は不可能だった。
16年4月
やや西寄りに向きを変えた路線は、一旦二車線道路に近づく。道路に取り込まれたのか、道路脇を走っていたのかは不明だが、その北には当時の路盤境界線が農地や宅地の中に連続して続いていく。

上神増(L参照)は細い路地の突き当たり手前で、調査時には住宅の新築中だった。なお当時の状況を確認する中で、昔は映画館等もあったと聞いてやや驚かされた。
L
16年4月
M 駅の北には空き地として残る路盤跡(M参照)なども目にすることが出来る。
さらに新東名高速に近づくと一車線道路が現われるが、これが線路跡に相当するかは微妙なところで、相変わらず判断が難しい。

高速道を後にして、ゆるやかに左カーブを描きつつ一雲済川を渡る。橋梁の痕跡はないものの、前後には当時のルートに沿った土地境界線が散見される。
16年4月
川を越えた路線は小さな用水路に沿って進み、その跡地は砂利道、宅地、空き地(N参照)等に変わっている。合代島下公会堂の前まで進むと、今度は一車線の生活道に転換される。しかし、この道はすぐ突き当たって左に折れてしまう。

真っ直ぐ進んでいた鉄道側は、その先に建ち並ぶ住宅や農地等の中を通り抜け、今は建設会社となった田川に到着する。
N
16年4月
O 駅を出ると右手から接近してきた、天浜線と略される天竜浜名湖鉄道に合流する。ここからの天浜線は、光明電気鉄道の路盤をそのまま利用して開業し、途中に掘削されたトンネル二箇所も大きな手直しをせずに再利用している。また同区間に存在した上野部神田公園前の両駅は駅名こそ変更されたものの、今でも同一場所に置かれている。
天浜線は当初国鉄二俣線として建設された路線で、現在は沿線自治体が引き継いだ第三セクターとして運営されている。

一旦同一ルート上に重なった両線は、現天竜二俣駅構内の西で分離し、光明電気鉄道側は右カーブで北に向かう。分岐点には二俣口(O参照)のホーム跡が残され、線路跡は舗装路として利用されている。
16年4月
この道路は100m程で終了し、続く数軒の民家を過ぎると阿蔵トンネルの抗口が姿を現わす。内部は崩落しているようで立ち入りは出来ないが、北側の抗口(P参照)も当時の状態を確認することが出来る。

余談だがトンネルは入口と出口が明確に区別され、起点に近い方が入口で反対側が出口となる。従って写真の抗口は出口に相当することとなる。
P
16年4月
Q トンネルの北で栄林寺の前を横切り、北東に向かう二車線道路に合流すると、すぐに終点の二俣町(Q参照)に到着する。二俣公民館の北から既に廃校となった二俣高校のグランドやや手前あたりまでが駅構内だったと推測するものの、現地で情報は集まらず、正確な位置の特定は不可能だった。

なお高校の南端沿いに延びる一車線道路が、駅へのアクセス道であったことを旧版地形図から読み取ることが出来る。
16年4月
当初の計画では更に北に向けての路線が予定されており、一部区間はほぼ完成していたが、工事途中で会社が倒産したため、中途半端なまま放置されることとなった。

開通に至らなかった未成線は、二俣高校のグランド内を通り抜け住宅地の中に飛び込む。この一画で二俣川と国道152号線を横切り、その国道沿いの自動車販売店は光明山(R参照)の予定地といわれている。
R
16年4月
S 続いて市営団地をかすめ、大谷八幡神社の前を通り抜ける。この先に掘削されていた大谷トンネルは、既に埋められたのか、痕跡を見つけ出すことは出来なかった。

やむなく国道へ迂回して北側に回り込むと、こちらにはポータル(S参照)が当時の姿を残していた。しかし内部は崩落により完全にふさがれ、悲惨な状況を示している。
16年4月
トンネルの先は新たに造成された墓地を抜け、国道152号線に合流する。この付近が本来の終点船明(T参照)と言われている。
鉄道創業時の目的でもある、天竜川上流の鉱産品や木材輸送の受け渡し拠点として、大きな構内を予想していたが、既に痕跡は全て消し去られ、鉄道とは全く無縁な雰囲気が漂うのは寂しい限り。

なお同所に設けられたバス停名は、船明ではなく島町となっている。
T
16年4月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  磐田  天竜
1/25000  二股 [S5鉄補]  笠井 [S5鉄補]  磐田 [S5鉄補]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2016-7/17  無断転載禁止 Copyright (C) 2016 pyoco3 All Rights Reserved.