矢作水力電気軌道線を訪ねて

廃止鉄道ノート東海  減速進行

 地区:岐阜県恵那市 区間:大井〜岩村12km 軌間:1067mm全線単線 動力:電気

女城主の城下町として知られる岩村に鉄道が開通した。全国的には鉄道が普及途上の明治末期のことで、動力は蒸気や馬力が中心だった。そんな時代に電気を動力として選択したのは、将来的に電力事業への進出も視野に入れていたためと思われる。ただ道路上に敷設した軌道であったため輸送量には限界があり、明智線の開業によりその使命を終えた。


 略史
明治 39 (1906) - 12/ 5 岩村電気軌道 開業
大正 9 (1920) - 矢作水力に合併
昭和 10 (1935) - 1/ 30     電気軌道線 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと矢作水力線を表示します


 廃線跡現況
A 当時は大井と呼ばれた中央本線の恵那駅。駅前(A参照)から南東方向に向って延びる中央通りと呼ばれる県道415号線上に軌道線が敷設され、事務所は駅前交差点の南東角に設けられていた。

県道は市街地の中をほぼ真っ直ぐ縦断し、旧中山道を越えて更に国道19号線と交差する。ここからは国道257号線へと道路管轄が変り、ゆるやかな上り勾配で徐々に高度を上げていく。
93年7月
市街地を抜けると正家のバス停(B参照)を見つける。円通寺への入口にあたり、この付近に正家[しょうげ]が設けられていたと考えられる。円通寺前と呼ばれた時期もあったようだ。
当時の軌道は道路上から直接乗降することも多く、ホーム等の設備も省略されていたためか正確な記録が少なく、途中駅(停留場)の数、名称、位置等の正確な把握が難しい。

円通寺川を渡ると右手に大木が近づく。正家のカヤと呼ばれる天然記念物で、教育委員会の案内標柱が立てられている。
B
15年12月
C 道路上をしばらく進むと変則的な向島交差点に出る。交差点手前に位置したのが東野口で、地形図にも駅の記載がある。ここも向島と呼ばれた時期があったようだ。

交差点から斜め右に折れるのが旧道(C参照)で、岩村電車はこちらの道路上を進んでいた。阿木川ダム建設に伴って道路の拡幅、付け替えが実施され、その工事現場からは枕木が出てきたとの事。
15年12月
旧道を進み左急カーブ、右急カーブを過ぎるとダムの堰堤に突き当り(D参照)、行く手を阻まれる。この先は阿木川湖に飲み込まれ、跡地のトレースは不可能となる。
湖岸には公園が整備され、その中の防災資料館には当時の資料が数点展示されている。

駒瀬は完全に湖底に沈み、その跡を偲ぶことすら難しい。
D
93年7月
E 続く小沢[こさわ](E参照)には動力源となる発電所が造られ、その発電用水を利用した人工の滝を持つ遊園地も開園し、また鹿の湯温泉も隣接しており結構にぎわっていたらしい。
駅構内は複線で電車二両分の行き違いが可能となっていた。

なお温泉旅館の建物はダム建設時に移設され、今も個人の家として使われている。
15年12月
ダム湖と岩村川の境付近に歩行者用の吊り橋が架かかり、ここから上流に向かっては左岸に旧道が通っていたはずだが、既に自然に還ってしまい判別が付かない。

右岸の道路を少し進むと橋台跡(F参照)を発見する。ただ昭和28年竣工と表記されており、軌道廃止後に架け替えられた道路橋の跡であることがわかる。開業時は道路との併用橋であったのか、軌道専用橋が別途架橋されていたのかは不明だが、その位置が大きく変わらないことは地図等から判断することが出来る。
F
15年12月
G 橋によって左岸から右岸へと移った旧道は、現在一車線の舗装路(G参照)として使用されている。軌道を敷設するにはやや幅員は狭いが、各方面への働きかけにより当局の許可を得たものと思われる。

この道は登り勾配がきつく、電車が岩村に近づくとモーターの消費電力が増え、同じ発電所から送電される当地の電灯が電圧不足で一斉に消えかけたとの逸話も残されている。
15年12月
浄化センターを過ぎ勾配もゆるやかになると、一旦国道257号線に合流する。ただ岩村川を橋梁で越す国道に対し、旧道側は右岸沿いを走るため両者は再び分離する。

ここでは山王神社(H参照)の横を通り、その階段下に停車中の電車を写した写真も多数目にする。ただこの場所を山王下と考えるにはやや疑問がある。
理由として、列車交換駅にもかかわらずその用地がないこと、神社への参拝客が駅を設けるほど多いとは思えないこと等が挙げられる。写真は開業前の記念撮影、あるいは臨時停車と考えれば納得がいく。
H
93年7月
I 駅はこのやや南方、県道416号線との交差点北付近(I参照)と判断する。下切集落の端に位置し、阿木村からの道も接続するため集客に都合がよいこと、旧版地形図もこちらを示していることが判断の基準となる。

その先は再び国道に吸収されるが、大きく右カーブを描いたのち逆方向の左にゆるやかに曲がる。この地点で岩村電車は国道から分岐してそのまま真っ直ぐ進み、一車線の生活道として続いていく。
15年12月
しばらく南西方向に進むと左斜めに分岐する細い道が見つかる。これが軌道の跡地を転用したもので、ここからは道路併用から専用軌道に変わり南に向かっていた。

この分岐点に設けられていたのが中切(J参照)で、箕之輪、もしくはそのまま分岐点と呼ばれていた時期もあるらしく、列車交換可能駅でもあった。資料によっては飯羽間の駅名も登場するが、同所を指すのか別の場所にあったのか、現地で確認を取ることは出来なかった。
J
15年12月
K 近くの店舗には当時の貴重な荷扱い資料も残され、道路整備時にはやはり枕木が出てきたとの話も聞いた。また電車道と呼ばれる軌道跡を中心として、「飯羽中切電車道まつり」が毎年開かれる。

その電車道を進むと途中に山上があったと教えられたが、場所の特定は困難だった。可能性があるのは、根ノ上に抜ける道路との交差点付近かと考える。
その先小さな切り通しを過ぎて国道と交差するが、ここには歩行者用の地下道(K参照)が設置されている。
93年7月
さらに一色川を渡れば終点の岩村(L参照)に到着する。駅跡は一時期木材の集積場として活用されていたが、今は空き地が広がり、この軌道を廃止に追いやった明知線の岩村駅が隣接する。
その明知線も既に第三セクターに転換され、イベント列車などで生残りに全力を挙げている。

なお岩村町の有力者が中心となって設立した軌道でもあり、書類上はこちらが起点となっている。
L
15年12月
M 軌道開業後、木ノ実峠を越えて上村までの貨物索道が建設され、岩村電車もこれに接続すべく線路を延ばした。

接続点は現在の岩村コミュニティーセンター付近(M参照)と思われるが、残念ながら聞き取り調査も出来ず、確証を得る遺構も何一つ発見できなかった。
15年12月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  岩村 [S8要修]
1/25000  恵那 [該当無]  岩村 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開2015-12/12  無断転載禁止 Copyright (C) 2015 pyoco3 All Rights Reserved.