庵原軌道を訪ねて

廃止鉄道ノート東海  減速進行

 地区:静岡県静岡市 区間:江尻〜庵原金谷5.5km 軌間:762mm単線 動力:蒸気

農産品等の輸送を目論み、地元資本で建設された軌道。全国各地が鉄道ブームで浮き立つ中、当初の見通しが甘かったのか業績は低迷し、わずか三年弱で終焉を迎えている。その短い運行期間も影響し、地元の記憶からは忘れ去られた存在になりつつある。


 路線図  略史

大正 2 (1913) - 12/ 16 庵原軌道 開業
3 (1914) - 5/ 22    全通
5 (1916) - 7/ 17    廃止
* 地図上にマウスポインターを置くと鉄道線を表示

 廃線跡現況
A 大正時代、東海道線清水駅は現在地の南方に位置し、駅名も江尻と称していた。この駅前にあったのが庵原軌道の始発駅江尻(写真A)

駅跡を料理店付近と紹介する資料もあるが、地元で情報を集められず、旧版地図からその周辺と推測するにとどまる。ただ、終端駅として大きな構内を持っていたことは想像に難くない。
18年9月
駅を出ると道路上の併用軌道として北に進む。アーケード街となった清水駅前銀座通(写真B)が、古くからの里道であることを確認できたため、ここを軌道のルートと判断した。

アーケードはJRの清水駅前で終了し、その先に辻学校前が設けられていたが、正確な駅跡の特定はできなかった。なお参考資料2は駅名を本郷と記している。
B
18年9月
C 駅を出ると左に緩くカ-ブを描き、路線は専用軌道へと変わる。その歩道脇に、変則的な小区画(写真C)が取り残されている。同様の例は全国でも散見され、これが軌道跡に沿っている可能性もあるが、断定するには至らなかった。
18年9月
その後、痕跡の消えた駐車場内を抜け、北西に向きを変えると辻町(写真D)に着く。ちょうど新旧国道の中間点となり、ここからは再び道路上の併用軌道に戻る。

道路はやがて変則五差路に突き当たり、右に曲がった地点が秋葉前(写真E)で、さらにそのまま進むと西久保(写真F)が続く。正確な位置を確認するため現地で話を聞いてみるが、軌道に関する情報は皆無に等しいと言わざるを得なかった。
D
18年9月

E F
18年9月 18年9月

G この先は間路と称される里道上から、専用軌道へとつながっていく。間路の一部は生活道として今に残るが、他は住宅や学校に転用されたと考えられ、跡地を直接たどることは難しい。

専用軌道区間に位置した神明前(写真G)も、袖師中学校北方の街地内に飲み込まれているようだ。駅名は参考資料2でとなっている。
18年9月
駅の先で県道75号線に乗入れ、道路上を北に向かう。さらに国道1号線静清バイパスと交差し、しばらく進むと庵原生涯学習交流館が近づく。ここが当時の村役場で、正面に庵原役場前(写真H)が置かれていた。参考資料2では松花となる。

列車交換駅の名残なのか、道路に広がりが見受けられる。
H
18年9月
I 県道はやがて庵原川に接近して右岸堤防上に移り、庵原郵便局前に着く。 続く庵原新田(写真I)と共に地形図には駅の記載がなく、前者は小原入口バス停付近、後者は庵原小学校バス停付近かと推測するにとどめる。

参考資料2は庵原郵便局前を小路としている。
18年9月
終点庵原金谷(写真J)も軌道の面影はなく、機関区や転車台等を備えた当線最大の駅跡には、既に民家が建ち並ぶ。

当初目的地とした伊佐布には届かなかったが、金谷不動尊への参拝に便利だったのは間違いないようだ。また製紙工場への引き込み線もあったと言われるが、情報が集まらず調査は諦めざるを得なかった。
J
18年9月

 参考資料
  1. 鉄道ピクトリアル通巻572号/庵原軌道/山崎寛 著 ・・・失われた鉄道・軌道を訪ねて
  2. しずおか懐かし鉄道/庵原軽便鉄道/静岡新聞社

 参考地形図
1/50000  清水
1/25000  清水 [T4測図]

 
 お断り・連絡先     ページtop
制作公開日2018-12/4  無断転載禁止 Copyright (C) 2018 pyoco3 All Rights Reserved.