土佐電気鉄道安芸線を訪ねて

廃止鉄道ノート四国  減速進行

 地区:高知県高知市 区間:御免〜安芸26.8km 軌間:1067mm全線単線 動力:蒸気・内燃→電気

高知の私鉄として唯一の郊外路線となった安芸線。市内線や土讃線への乗り入れも実施し、戦後しばらくは業績も好調に推移していたが、自動車の発達と共に収支も徐々に悪化し始めた。そんな折り、国鉄による阿佐線の計画が浮上するとその用地を譲って廃止された。ただ状況の変化により阿佐線の建設は長らく凍結され、第三セクターの土佐くろしお鉄道が計画を引き継いで開業したのは21世紀に入ってからだった。


 略史
大正 13 (1924) - 12/ 8 高知鉄道 開業
昭和 16 (1941) - 7/ 21 土佐交通に改称
23 (1948) - 6/ 3 土佐電気鉄道に改称
49 (1974) - 3/ 31     当日を以て廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと鉄道線を表示します


 廃線跡現況
A 土佐くろしお鉄道阿佐線の始発駅となった土讃線の御免(A参照)。橋上設備に変わた構内には当時の面影はなく、隣接した土佐電気鉄道の駅跡も駐車場付近かと想像するのみ。なお阿佐線は愛称のごめんなはり線と表記されることが多い。

そのごめんなはり線は駅を出るとすぐ高架橋に駆け上がり右カーブを描くが、このあたりは地上を走っていた安芸線のルートと重なる。
16年3月
カーブ終了地点の舟入川には当時の橋台(B参照)が残る。ここから両者は徐々に別れ、安芸線の用地は南北に延びる生活道沿いの住宅に生まれ変わっている。川を越えるための築堤部に相当するため、住宅の敷地幅が南北で異なる。

その後は保育園や舗装路、駐車場等に利用されている。
B
16年3月
C 路面線との接続駅であった御免町(C参照)はコンビニやバスターミナル、駐車場等に変わり、広い構内を持っていたことを教えてくれる。

コンビニ横には安芸線電化開通記念碑が建てられ、英文が先に書かれているのは当地の先進の気風を現わしているのかもしれない。
16年3月
駅の東には小さな水路の橋台(D参照)や、放置された路盤、架線柱の基礎なども残されている。

その先で再びごめんなはり線に合流すると、高架橋の下に小さな橋梁跡(E・F・G・H・I参照)が連続して続く。
D
16年3月

E F
16年3月 16年3月

G H
16年3月 16年3月

I 立田は新旧で同一場所に設けられ、駅の西にも橋台(I参照)が顔を覗かせている。

東に向かう路線はやがて右にカーブを描き、しばらく一車線の舗装路が併走する。
16年3月
次の日章にも痕跡はないが、構内を示す空き地が広がっている。また駅の東には桁が乗せられたままの橋梁跡(J参照)を見つけることができる。

高架橋の下は駐車場や家庭菜園等に利用され、南東方向に続いていく。
J
16年3月
K 県道364号線と交差すると、両者は南北に別れる。安芸線は北側のルートを取り、その東方にガーダー付きの橋梁跡(K参照)を発見する。閉鎖されたレストランの裏手にあたる。

続いて五階建てのアパートを抜けると、用水のコンクリート擁壁に埋め込まれた橋台も見つける。こちらはものの見事に擁壁と同化している。
16年3月
更に空き地、料理店を過ぎると物部川に突き当たる。安芸線最長の橋梁となる河川で、左岸には橋台(L参照)が残り、川底には橋脚の基礎が今も姿を見せている。

川を渡ると両線は再び重なり西野市にすべり込む。ただ土佐くろしお鉄道側には駅は設置されず、旧駅の痕跡も残されていない。
L
16年3月
M 東に向かう高架橋の下は、相変わらず駐車場等への貸し出しが多い。野市は現駅とほぼ同一場所で、当時の駅前通りが少しだけその雰囲気を伝えている。
駅の東を流れる烏川には橋台(M参照)が認められ、安芸線の痕跡であることは間違いないと思われるが、物部川の橋脚以外では見られない石積構造を採用した経緯には興味を惹かれる。

ごめんなはり線はここから一旦地上に降り、線内では珍しい踏切を過ぎると再び高架に戻る。
古川の先で香宗川にぶつかるが、ここでも両線は分離する。安芸線の跡地は広めの一車線道路に転換され、両者が交差したのちは再び同一ルートをたどり赤岡に達する。
16年3月
ここからは国道55号線が北側に併走を始める。香宗川放水路に半分飲み込まれた岸本、峯本神社の前に設置されていた月見山、一部にはフェンスで囲われた敷地が残るものの当時の痕跡はなにも見つけられない。

東に向かっていた路線が徐々に南東に向きを変え始めると、小さな橋梁跡(N参照)が目に飛び込んでくる。
N
16年3月
O その西に位置したのが夜須で、現駅の西側に安芸線の旧駅があったと思われる。ここからは地形がやや険しくなり、ごめんなはり線は手結山をトンネルを使ってほぼ直線のルートで走り抜けるが、安芸線は南寄りを国道に沿ってやや大回りする。

駅の東方で別れた安芸線跡は自転車専用道に再利用され、夜須川橋梁(O参照)も当時のままの状態で使われている。道路には高知安芸自転車道の名称が付く。
16年3月
川を渡ると短距離で手結に着く。主要駅でもあり列車交換可能な構内は、西側にあったグランドとともに手結海水浴場の大きな駐車場に生まれ変わっている。

南に向けて高度を上げる路線は鉄道時代の築堤がそのまま残され、当時の橋梁を使用した立体交差(P参照)を一箇所見つける事ができる。
P
16年3月
Q 自転車道としての連続した上り坂が終わると、トンネル(Q参照)が待ち構える。第一手結山トンネルだ。

アップダウンのきつい国道に比べて鉄道跡を利用したこの道は比較的平坦で、自転車で利用するには快適な構造となっている。
16年3月
続いて第二トンネルも掘削されていたが、その手前右側に海兵学校前のホーム跡(R参照)を認めることができる。安芸線の痕跡でまず間違いはないと判断するが、現地で確認を取ることが出来なかったのはやや残念。

最大の難所を越え切り通しを抜けると国道脇に並び、最初の交差点東側に設けられていたのが住吉。ここからは国道の南沿いを歩道兼用の自転車道として駈け降りる。
下り坂の終了地点でごめんなはり線が左から接近し、両線が合流する。と同時に自転車道は海岸沿いに位置を移す。
R
16年3月
S 浜中公民館が目印となる長谷寄を過ぎると再び南北に分離し、安芸線は自然に形成された堤防を越え一車線道路の南沿いを東へと進む。長谷寄津波避難センターへつながる狭い舗装路が路盤跡に相当し、その先も跡地に沿った石垣擁壁が連続して続いていく。

西分は既に民家が建ち並び詳細な位置の特定は難しいが、すぐ東を流れる和食川には右岸橋台(S参照)と橋脚の下部が残され、当時の写真等も展示されている。
16年3月
川を渡ると新旧両線が合流するため、安芸線の痕跡は消える。
和食は現駅のやや東方が旧駅となる。ここにもホーム跡らしき構造物(T参照)が姿を見せているが、現地で情報を得ることはできず、断定するには至らなかった。

ほぼ同一場所に設置された赤野の先で両線は別れ、安芸線の廃止跡は再び高知安芸自転車道の一部に組み込まれる。
T
16年3月

駅の東にはメサイ川(U参照)、赤野川(V参照)と続き、共に当時の橋梁がガーダーも含めてそのまま自転車道に再利用されている。

U V
16年3月 16年3月

W 国道に並んで連続した上り坂を登り切ると、ホーム跡が残された八流(W参照)に到着する。なぜかホーム上も舗装され、通路として使用されているのは面白い。

当時は駅の西に変電所が建てられていた。
16年3月
峠を越えると今度は連続した下り坂に変わり、海岸沿いの平坦地に降りると、トンネルによりショートカットされたごめんなはり線と重なる。ただ穴内川の手前ですぐ南北に別れ、安芸線の跡地は建ち並ぶ住宅等に消し去られてしまう。そのままJAの出荷場を抜けると穴内(X参照)。ホーム跡らしきコンクリート構造物も見られるが、現地で確認を取ることができず断定は難しい。

駅の東からは再び自転車道に利用され、国道55号線に接近する。新城岬で大きな左カーブを描くと自転車道は海岸沿いへと離れていくが、安芸線はそのまま国道の南沿いを進む。路盤跡は宅地や店舗、生活道等に利用され始め、一部には放置された空き地も見受けられる。
X
16年3月
Y この区間に連続した小橋梁跡(Y・Z・AA・AB・AC参照)を複数見つけることができる。

当時の状態を保つ箇所、生活道に転換された箇所、橋台だけの箇所、鉄条網で転落防止策がとられている箇所等、その形態も様々だ。
16年3月

Z AA
16年3月 16年3月

AB AC
16年3月 16年3月

東に進む路線は国道沿いの民家や店舗の裏を通り抜け、終点安芸(AD参照)に到着する。

駅前広場が今も残り、終端駅らしい広い構内は公園やバスターミナル等として利用される。また公園内には安芸線の由来を紹介する説明書きも添えられ、歴史を大切にする地域の想いが伝わってくるようだ。
AD
16年3月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  高知 [S34部修]  手結
1/25000  手結 [S43修正]  御免 [S47修正]  土佐土居 [S40測量]  安芸 [S45修正]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開 2016-4/8  無断転載禁止 Copyright (C) 2015 pyoco3 All Rights Reserved.