佐賀関鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート九州・沖縄  減速進行

 地区:大分県大分市 区間:日鉱幸崎〜日鉱佐賀関 軌間:762mm 動力:蒸気→内燃

日本鉱業の専用鉄道が計画されたのは、第二次世界大戦中だった。
製錬所の貨物輸送を海運から陸運へ転換することが目的で、なんと着工から7ヶ月でのスピード開業を目指していた。ところが、いやむしろ当然というべきか実際に開業したのは2年後の戦後になってからだった。しかもこの区間には橋梁9ヶ所、隧道4ヶ所を含んでいた。
その後この専用線は地元民からの要望もあって客扱いをする地方鉄道に変更されたが、残念ながらわずか十数年の短命で終ってしまった。
九州地方の軽便鉄道は914ミリ軌間が主流だったが、ここ佐賀関は全国で主流の762ミリを採用した。険しい地形を通過するための建設費抑制と、上記の工事期間短縮が、この軌間を採用した大きな要因と考えられる。


 略史

昭和 21 (1946) - 3/ 11 日本鉱業専用線 開業
23 (1948) - 6/ 11      〃 地方鉄道に変更
38 (1963) - 5/ 15 日本鉱業佐賀関鉄道 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと佐賀関鉄道を表示します


 廃線跡現況

A JR日豊本線の幸崎(A参照)はこの鉄道の始発駅。
当時の佐賀関鉄道の駅名も日鉱幸崎だが、この地の中心集落は神崎と書き、駅名と同じく「こうざき」と読む。


ここから北に向かって出発していた佐賀関鉄道の跡は、一部新興のニュータウンに取込まれるがその先に当時の築堤が放置されたままの姿で残る。
02年12月
この築堤で方向を東に変えると、そこが日鉱本幸崎(B参照)
現在の神崎バス停付近で、早速ホーム跡を見つけることができる。なかなか幸先よいスタートだ。


この先は国道197号線のバイパスとして利用される予定で、現在工事の真っ最中。
B
02年12月
C バイパス予定線が、現国道に合流する手前付近から廃線跡は右に分離し、未舗装の生活路として活用され始める。


佐賀関鉄道跡は、ここから国道197号(通称愛媛街道)に沿って佐賀関を目指す。

鉄道時代のコンクリート橋(C参照)等も、当時の状態を保ったままで利用されている。
ただ橋梁部分は道幅が狭く、自動車の通行は不能で、必然的に歩行者及び自転車しか利用できない。
02年12月
続く日鉱大平(D参照)にもホーム跡らしきものが残り、海岸側からの急勾配の取り付け道路が今もそのまま健在。


このホーム跡らしきコンクリート、軽便にしては少し立派な気もするが、他に考えられる用途もなく少し不思議な存在。近辺で聞取り調査もできなかったのが心残り。

下記資料によると、この駅のみ昭和28年に移転しており、その名残かもしれない。
D
02年12月
E 付近の廃線跡は一応自動車通行可能となっているが、利用者は地元の車に限られるようだ。また、平行する国道上からも、路盤を確認することができる。


日鉱太平から東にしばらく進むと、国道沿いに造られた「道の駅 佐賀関」付近で佐賀関鉄道跡と国道が交差、左右を入れ替える。
交差後の廃線跡は海岸に沿う未舗装の細い道(E参照)へと変わり、利用価値を失ってしまう。
02年12月
次の日鉱大志生木跡は、現在幼稚園に模様替えしている。廃線跡に歩行者専用道の標識あるが、これもこの幼稚園を配慮したものと考えられる。


駅の東側には大志生木トンネル(F参照)も残され、利用者もそれなりに多いようだ。


また、この歩行者専用道には、珍しく送水管が併設されている。鉄道跡が二つの目的に上手に利用されており、他にこのような例をあまり聞いたことがない。
F
02年12月
G トンネルをくぐると鉄道跡はいったん国道に吸収され、日鉱小志生木(G参照)もこの国道上で、現在のバス停付近と思われる。


駅の先で、一旦国道の下をトンネルでくぐり位置を変えるが、この鉄道最長の小志生木トンネル入口は現在ふさがれている。
写真左側中央に、小さいがその様子がかすかに見える。
02年12月
トンネルを出ると再度鉄道跡が海岸側に入れ替わるが、線路跡をたどることができない。国道に吸収されたか、はたまた自然に帰ったか。
何にせよ跡地の確認がとれなくなってしまう。


日鉱辛幸跡もやはり国道上で、タクシー会社、もしくはバス停付近と推測する。この先から佐賀関まで、線路跡の一部が「佐賀関サイクリングロード」として生まれ変わっている。


次の日鉱古宮までの間にもトンネルが一ヶ所あったが、この古宮トンネルも現在出入り口とも閉鎖されている(H参照)。それにともなって、サイクリングロードもこの区間のみ海岸沿いに別経路で造られている。
H
02年12月
I 日鉱古宮は佐賀関港の西に位置するフェリー発着場に至近で、駅跡はこの集落の中学校東端付近だが、当時の遺構などは全く発見できず確認は取れなかった。


駅の東にも金山トンネル(I参照)が当時のまま残り、今は歩行者道として利用されるがこれを抜けると日鉱金山跡。ただし、ここも正確な場所の特定は難しい。


終点日鉱佐賀関は現在のバスターミナル付近(J参照)だったはずだが、どうもすっきりしない。
その理由が参考地形図Aに記載された場所と異なるからだ。
地形図の「さがのせき」駅はこのバスターミナルの更に500m程先、現在の日鉱金属轄イ賀関製錬所の敷地内で、関係者以外は入れない場所を示している。
02年12月
ところが現役当時の写真、あるいは参考資料等で日鉱金山からの駅間距離を追いかけると、今のバスターミナルにたどり着く。
旧版地形図では駅・停留所の記載省略はよくあることから、こちらが旅客用の駅跡と判断するのが妥当なようだ。

では地形図にある 「さがのせき」駅は客扱いをする駅だったのか、それとも単に専用線時代の貨物駅だったのか詳細は不明だが、いまは跡形も残っていないことだろう。

日鉱金属轄イ賀関製錬所の正面に立ち、守衛所の後ろのでかい建物あたりか、またはその奥にあったかと、工場敷地外から当時の様子を想像するしか手だてはない。
J
02年12月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  佐賀関 [S28応修]    
1/25000  佐賀関(旧) [S35資修]  坂ノ市 [該当無]  高島(旧) [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2003 pyoco3 All Rights Reserved.