鹿児島交通知覧線/万世線を訪ねて

枕崎線  廃止鉄道ノート九州  減速進行

 地区:鹿児島県枕崎市 区間:阿多〜知覧(16.3km)/加世田〜万世(2.5km) 軌間:1067mm/全線単線 動力:蒸気→内燃

特攻隊で有名な知覧。この地に薩南中央鉄道による鉄道が敷設された。本来は南薩鉄道の加世田駅と知覧を結ぶ予定が、地元の反対に遭いやむなく阿多を接続駅に選んだようだ。両社は第二次世界大戦を契機に合併したが、自動車の発達に押され、万世線、更に水害も重なった知覧線と順に廃止された。跡地の大半は現在も鹿児島交通が所有するが、痕跡の発見はかなり難しくなっている。


 略史

大正 3 (1914)- 4/ 1 南薩鉄道 開業
5 (1916)- 10/ 22     万世線 開通
昭和 2 (1927)- 6/ 1 薩南中央鉄道 (知覧線) 開業
6 (1931)- 3/ 10 南薩鉄道 (枕崎線) 全通
18 (1943)- 2/ 1     薩南中央鉄道を合併
37 (1962)- 1/ 15     万世線 廃止
39 (1964)- 9/ 1 鹿児島交通に改称
40 (1965)- 11/ 15     知覧線 廃止
59 (1984)- 3/ 18   〃  枕崎線 廃止

 路線図




 廃線跡現況
知覧線
A 枕崎線の阿多(A参照)から分岐する知覧線。駅跡には市営住宅などが建てられている。南に向かって出発する路線は両線とも生活道に転用され、右カーブで南西に向かう枕崎線に対して、知覧線は左にカーブを描き始めるとすぐ遊歩道に変わる。
15年5月
国道270号線との交差後はフラワーロードと名付けられ、しばらく水路沿いを走ったのち東阿多(B参照)に着く。跡地は公園として整備され駅名標を模した案内板も立てられているが、手入れが行き届かず草が生え放題となっている。

駅の東からは砂利道の生活道に利用され、右カーブで南に向きを変える。数軒の民家を過ぎると荒れ地に変わり立ち入りが難しくなる。その手前には数本の枕木が立てられ、進入禁止の意思表示をしているようにも受け取れる。近くには当時のレールを利用した杭も立てられているが、なんの目的かは不明。
県道297号線に近づくと再び未舗装路として姿を現わし、そのまま県道に合流しその拡幅に利用される。
B
15年5月
C 花瀬(C参照)とそれに続くトンネルも道路建設によってまるごと埋め立てられ、当時の痕跡はない。またここから先は県道の建設工事中のため進入禁止となる。途中、鉄道跡をオーパークロスする市道の跨線橋から、建設作業道となった路盤を視認することが出来る。

通行止め区間が終了する時点で再び県道297号線に接近しそのまま交差、道路脇を流れる用水の北側に位置を移す。ただ路盤上は藪に邪魔されて立ち入るのは困難。木立を抜け視界がやや広がると、道路脇に当時のものと思われる石垣擁壁が残されている。
15年5月
県道に沿って走る知覧線の次駅は薩摩白川(D参照)で、跡地に白川バス停が設けられた。線路が二本敷設されていたこと、バス停付近に駅舎がありその奥にホームがあったこと、鉄道用地の一部を利用して県道が拡幅されたこと等を地元で耳にした。

駅を過ぎると二車線に広がった県道の南側に移動し、当時の築堤も残されている。大きなカーブを曲がると旧道と新道に挟まれるように進むが、すぐ藪により行く手を塞がれてしまう。
D
15年5月
E 藪地の先の町境には短い赤土坂トンネルも掘削されていたが、廃止後盛土されたためか入口側出口側共に確認は取れない。

トンネルの南は林道状の道路として利用され、現在も車両の通行が確認出来る箇所から轍がかすかに残るだけの箇所(E参照)を経て、藪地で全く進入不可能な状態へ変わり、そのまま佐々良トンネルへとつながる。
15年5月
山道を迂回して南口へ廻るが、こちらはその路盤すら確認が難しくなっている。左カーブで養豚場の脇を抜けた先に、やっとその一部を見つけることが出来る。地元生活道との交差部では、知覧線で使用されたと思われるレールが路盤脇に立てられている。たぶん通行止めのワイヤーでも張られていたのだろうが、今はレールだけがポツンと残されている。

南に進む路線が左カーブで向きを変え始めると同時に二車線の市道に合流し、一部は道路拡幅に利用されている。カーブが終わり路線がほぼ真東を向くと田部田(F参照)に到着する。中通集会所が建ち、手入れされた跡地は駐車場としてはちょうどいい。
F
15年5月
G ここからの知覧線は集落の中を進み、特に跡地が再利用されるでもなく一部には草の深い箇所も点在するが、路盤脇に電柱が建ち並ぶためルートの特定は比較的容易。柞木バス停付近の橋梁は草に邪魔されて残念ながら確認は取れない。

アパートの裏地を過ぎると生活道に並ぶ小さな橋梁跡(G参照)を発見する。放置された橋桁は錆びてボロボロになった姿を晒すが、ここまで腐食したものは珍しい。これはこれで貴重な存在なのかもしれない。
15年5月
更に農地の横を抜けたのちは二車線道路に転換される。その道路上に位置したのが薩摩川辺(H参照)。川辺町の中心駅で、列車交換設備や側線等も備えた大きな構内は、公園、宅地、駐車場等に利用され駅前道路も健在。

道なりに進み文化会館の横を過ぎると左カーブでやや北に向きを変える。ここからは道路と線路が併走していた箇所で、鉄道用地の大半は道路の拡幅に利用されているが正確な区分けは難しい。
H
15年5月
I 野間は石走十文字バス停付近と思われるが、当時の痕跡はなく地元でも正確な情報は得られなかった。その先は田圃に飛び込み右カーブを描く。農地への転用は一般的にはよくあるパターンだが、知覧線を含めた鹿児島交通線では大変めずらしい。

農地を抜けると万之瀬川にぶつかる。橋台等の痕跡は見つけられないが、手前側にほんの短い築堤が残されている。川を渡ったのちはやや広めの生活道に転換されて南東方向に続き、国道225号線と交差する。この交差点南側に東川辺(I参照)が設置されていたが、やはり詳細な位置の確認は取れなかった。
15年5月
真っ直ぐ進む路線が右に大きく曲がり始めると同時に、高度を上げるための築堤が姿を見せ始める。ただ路盤は荒れ、入り込むことは難しい。その中に一箇所橋梁を発見するも、草に覆われてほんの一部が視認できるのみ。

今田地区まで進むと築堤上を歩くことも可能となる。地元住民で年一回草刈りを実施していると聞いた。続く小野地区は放置状態で雑木も茂り、平行する生活道へ迂回せざるを得ない。築堤下には同型の人道トンネル(J参照)が数ヶ所横断している。
J
15年5月
K 知覧線はやがて山腹に沿うように走り始め、跡地の一部は広場として利用されるが大半は藪地となり、小野(K参照)に至る。駅跡は屋根で覆われ、資材置き場の雰囲気が漂う。地元で確認したところ建設会社の炭焼き小屋だと教えられた。なお駅は集落奥のかなり高い場所に設けられていたため、利用するには急坂を上る必要があった。

駅北方の橋梁は自動車通行可能ななコンクリート橋に架け替えられ、ガードレールも付けられたが、現在では背丈以上の樹木で覆われ無用の長物と化している。ここから先の路線は再び山中の木立の中に消える。
15年5月
厚地川南側の林道を登ると、それらしき藪に包まれた路盤を認めるが、残念ながら橋梁まではたどり着けず、痕跡の有無は確認することが出来なかった。

山の中で東に向きを変えると徐々に視界が開け、県道27号線に合流したのちはその南脇を併走する。鉄道用地は歩道と外側の緑地帯に分けて利用される。城ヶ崎(L参照)もこの県道上で現在は店舗の駐車場となり、前後には同名のバス停も設けられている。
L
15年5月
M 駅の東からは洒落た歩道となり、豊玉姫神社まで進むと今度は歩道兼用のような駐車場に変わる。更に畑を過ぎると麓川にぶつかる。
道路橋に並んで鉄道時代の橋台(M参照)が残り、手前には注意喚起用と思われる枕木が立てられている。
15年5月
川を越え、やや手入れ不足かと思われる緑地帯を抜けると終点知覧(N参照)に到着する。市街地の南西に位置し、ドラッグストアーからバスターミナルまでが駅跡と言われている。

跡地が細かく分断されることもなく、大きな構内を持つ終端駅らしい雰囲気を感じることが出来るのはうれしい。
N
15年5月


 −万世線
O 全線の開業後には盲腸線に追いやられたが、枕崎への延伸前は伊集院からの列車は全て直通し、南薩鉄道の本線の一部と捉えられていた。

枕崎線の加世田(O参照)でスイッチバックし、左カーブで西方向に向かう。駅北側のホームセンター駐車場を抜けると、その先はりんりんロードの名称がつく自転車専用道(P参照)に転換され、木立の中を快適に進んでいく。
15年5月

P
15年5月
Q
15年5月
ゆるやかな登り勾配が終わると、跨線橋をくぐる(Q参照)。鉄道時代は短いトンネルも掘削されていた場所だが、今は開削され切り通しで通り過ぎる。
ここからは下り勾配に変わり、最後のに左カーブが終了すると生活道の横に並ぶ。残念ながら自転車道では当時の痕跡を見つけることは出来なかった。
しばらく進むと生活道が左に離れる。ここが万世(R参照)で、駅跡は宅地として造成され今では民家が建ち並ぶ。

道路に沿って旅館や理髪店、あるいは電気店、八百屋など数軒の商店が並んでいたこと、商店の北奥に駅舎や線路が敷設されていたこと、西端に製材所があったこと等を地元で教えてもらった。
道路向い側の旅館は現在も営業中で、それなりに駅跡の雰囲気は感じるが、鉄道を示すものはいっさい残されていない。
R
15年5月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  加世田 *[S36修正]
1/25000  唐仁原 [該当無]  加世田 [該当無]  知覧 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
公開 2015-7/9  無断転載禁止 Copyright (C) 2015 pyoco3 All Rights Reserved.