南海電気鉄道加太旧線を訪ねて

廃止鉄道ノート関西  減速進行

 地区:和歌山県和歌山市 廃止区間:和歌山市〜東松江(2.9km)和歌山口〜分岐点 軌間:1067mm単線 動力:蒸気→電気

和歌山市と近郊の加太を結ぶ目的で設立された鉄道。紀ノ川への架橋に手間取り、当初は旧北島橋たもとに暫定の終点が置かれていた。二年後に紀ノ川橋梁が竣工し全線開通したものの、昭和中期の台風で橋に大きな損傷を受け、中心部への乗り入れが不可能となった。しかし既に南海と合併し本線への連絡ルートが完成していたため、橋梁区間はそのまま廃止された。残された旧線部はしばらく北島支線として運用されたが、やがてその使命を終えた。


 略史
明治 45 (1912) - 6/ 16 加太軽便鉄道 開業
昭和 6 (1931) - 1/ 6 加太電気鉄道に改称
17 (1942) - 3/ 14 南海電気鉄道に合併
30 (1955) - 2/ 15       和歌山市〜北島 廃止
41 (1966) - 12/ 1       北島〜東松江 廃止

 路線図



 廃線跡現況
A 和歌山市(A参照)は、構内北東の駐車場から検査場付近に置かれていた。開業当初は和歌山口と呼ばれる独立した駅だったが、南海に合併したことにより連絡通路で結ばれ、名称も統一された。
19年4月
駅を出ると少しだけ道路(B参照)に転換せれた後、すぐ紀ノ川を越える。路線廃止の要因ともなった橋梁(C参照)lは改修の上、現在も歩行者、二輪専用橋として利用されている。 B
19年4月
C ただし一部の橋脚は傾き、路面にも凹凸、うねりがみられる等老朽化が進み、19年時点で既に平行する道路橋建設工事が開始され、数年先の完成時に旧橋は撤去されるようだ。
19年4月
対岸に渡った直後、一車線道路との交差西側に旧北島(D参照)が設けられていた。

紀ノ川橋梁への上り勾配がきつく、列車を押したとの逸話を当地で耳にしたが、おそらく蒸気時代のことと思われる。
D
19年4月
E 駅の先で開業時の暫定線と合流する。しかしその線路跡は市街地に埋没し痕跡は見当たらず、終点の旧和歌山口すら判然としない。存続期間が短かったせいか、地元でもその存在を知る人に出会うことはできなかった。

合流点を過ぎ、建物が並ぶ一画を通り抜けると、県道148号線にぶつかる。この西側に、北島支線の終端となった新北島(E参照)が置かれていた。
19年4月
ここからの路盤は市道に転換されるが、しばらく進むと駐車場に突き当たって終了してしまう。しかし隣接する自動車販売店を抜け県道752号線を越えると、再び一車線道路(F参照)となって姿を現す。

平行してもう一本の市道が走るため通行車両は極端に少なく、駐車場代わりの路地として使われているようだ。
F
19年4月
G 島橋(G参照)の手前で道路は終了し、住宅地に飛び込む。駅は二車線道路との交差付近に置かれ、東側には短い駅前道路も残されている。
19年4月
この先は歩行者道(H参照)として続いていく。以前は車止めもあったようだが現在は規制の標識はなく、車の通行は可能となっている。ただし道幅が極端に狭いため、実際に車が進入してくる可能性はない。 H
19年4月
I 土入川を渡る地点で現加太線が近づき、隣を併走し始める。

橋梁(I参照)は道路橋に転用され、煉瓦造りの橋台が残されている。橋脚は珍しい円筒形の鋼材で、年代物であることは間違いなさそうだが、鉄道時代から使われていたのか判断はつかなかった。
19年4月
橋を渡るとそのまま東松江(J参照)に滑り込む。一時期は新旧両線の分岐駅となっていたが、今は中間駅のひとつに戻っている。 J
19年4月

 参考地形図
1/50000  和歌山 [T11修正/S24応修]
1/25000  和歌山 [S9二修/S22三修]
 和歌山市街地図 [T2]

 
 お断り・連絡先     ページtop
制作公開日2019-8/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2019 pyoco3 All Rights Reserved.