福井鉄道鯖浦線を訪ねて

南越線  廃止鉄道ノート北陸・甲信越  減速進行

 地区:福井県鯖江市 区間:鯖江〜織田19.2km 軌間:1067mm単線 動力:電気

北陸本線の建設後、各駅から接続するかたちで中小の私鉄が設立された。鯖浦電気鉄道もこの中のひとつだ。開業区間は鯖江〜織田間だか、鯖浦の社名から最終の目的地は日本海に面する旧四ヶ浦村だと云われている。今は合併により越前町と名を変えたが、昔から越前海岸の中心で海産物が豊富なところ。廃線を訪ねたあと、越前ガニ料理などを味わうのもいいかもしれない。


 略史

大正 15 (1926) - 10/ 1 鯖浦電気鉄道 開業
昭和 4 (1929) - 4/ 1      全通
20 (1945) - 8/ 1 福武電気鉄道と合併、福井鉄道となる
37 (1962) - 1/ 25 福井鉄道 鯖浦線 鯖江〜水落 廃止
47 (1972) - 10/ 12        〃  西田中〜織田 廃止
48 (1973) - 9/ 29        〃 全廃

 路線図


 廃線跡現況

鯖浦線の起点、鯖江(A参照)は旧国鉄駅の西側に隣接していた。いまではJRに変ったが、北陸本線の複線化工事等により私鉄線が出発していた雰囲気はまったく感じられない。

駅を出ると現JR下り線付近を北上し、最初の停車駅東鯖江はその後建設された馬蹄形跨線橋の下付近に位置していた。
A
94年3月
B 北陸本線と別れたのちは一部が道路に転用されたと思われるが、大半は区画整理の済んだ住宅地内を進み、線路跡をたどることは難しい。

さらに国道8号線バイパスを斜めに横切り、登り築堤で徐々に高度を上げつつ、左に大きくカーブする。北から西へと進行方向が変わると福武線と交差し、ここに連絡駅の旧水落(B参照)が設けられていた。
福武線が上、鯖浦線が下の立体交差で、駅構内は階段によってつながっていた。
94年3月
埋め戻された交差部(C参照)に、以前はなぜか0キロポストを確認できたが、現在は撤去されているようだ。ただ当時の橋台跡は、福武線のバラストの中から今も顔をのぞかせている。

現水落駅につながる連絡線が出来るまでは、軍人さんの乗換えで大賑わいだったことを近くに住む人に教えてもらった。
その連絡線も鯖浦線と同時に廃止され、今では道路に利用されている。
C
94年3月
D 福武線の西は二車線道路に変わり、南北に走る西縦貫道路との交差点からは自転車専用道となる。

すぐに日野川を渡るが、橋は既に架け替えが完了し、平成橋(D参照)と名付けられている。
16年4月

川を越えると市街地から郊外へと移り、土地に余裕があるためか、越前平井(E参照)川去(F参照)の両駅跡が公園兼休憩所として整備、保存されている。

E F
94年3月 94年3月

西に向かっていた路線は右カーブで北西に向きを変えると、今度は和田川にぶつかる。この区間、以前は鉄道の路盤がそのまま放置(G参照)されていたが、今は自転車専用道鯖浦線の一部に組み込まれている。

和田川には痕跡はなく、その先もグランドや農地、宅地等に変わり線路の跡は消える。
G
94年3月
H 旧朝日町の中心地に設けられていた西田中(H参照)。以前はロータリーを備えたバスターミナルとして利用されていたが、現在は道路建設によりかなり縮小され、雰囲気が大きく変わっている。

駅の西は宅地や農地となり、分庁舎を過ぎて南に向きを変えると二車線道路として利用され始める。ただ平行する道路があるためか、自動車の通行量はさほど多くない。
94年3月
道路上を進むと、途中一車線に狭くなる箇所もあるが、やがて県道187号線に合流する。ここで鉄道跡は道路の東端に位置を移す。

次の佐々生(I参照)手前で県道から左に離れ、集落の東を通る。駅跡には相対式ホームが現存し、今も当時の雰囲気を感じ取ることができる。
I
94年3月
J ここからは農地の中に入り込み、鉄道用地の一部は農道として利用されている。その農地の中を和田川が横切り、二度目となる鯖浦線との交差部には当時の橋台(J参照)が残されている。

さらに両サイドから山並みが迫ると、当時の路線は和田川に沿って狭隘区間を抜けるが、その手前に橋梁跡(K・L参照)を二箇所見つけることができる。しかし自動車通行向けにかなり改修され、特に東側の橋梁は上部が大きく削られ鉄道時代の面影はない。
16年4月

K L
16年4月 16年4月

この先は一旦地元の作業道となるが、すぐに放置された藪地へと変わるため、足を踏み入れることはできない。その路盤は山腹に沿って左カーブを描くと再び和田川を越え、蝉口バス停付近で県道187号線に合流する。

南進する路線が右カーブを描き、徐々に県道から離れると陶ノ谷(M参照)に到着する。駅跡には手入れ良くホーム等が保存され、説明板(N参照)も用意されている。ここに当時の車両があれば、更によいのがだが・・・。
M
94年3月
N 駅を過ぎるとほぼ90度向きを変え、峠越えをめざし西へと進んでいく。カーブ地点の大築堤は既に削られて農地となり、痕跡を見つけることは不可能となっている。

進行方向変えた鉄道は、県道104号線を右手に見下ろしながら連続勾配を登っていた。
94年3月
この区間は完全に放置され、ほぼ自然に還った状態を示すが、その中に二箇所橋台跡(O・P参照)を確認する。

県道とその南脇を流れる水路との境には柵が設置されているが、なぜか橋台跡の箇所のみ開口部が設けられ、更に水路を渡るためのコンクリート桁が架けられているのは面白い。
O
16年4月
P 二度三度とカーブを繰り返す県道が登り勾配をやや緩めると、南側山腹を走っていた鯖浦線が合流する。ここからの県道は鉄道用地を拡幅転用したもので、快適な二車線道路となる。

峠を越え小さな集落にたどり着くと、ここが樫津。道路は県道から国道365号線に名称が変化する。駅を出ると左に曲がり、同時に鉄道としては不自然な程の急な下り坂となる。これは廃止後北側の村道にあわせて盛土し、勾配が変えられたとの話を地元で耳にした。
16年4月
西に向かう国道だが当時の痕跡は跡形もなく消え失せ、線路が敷設されていた雰囲気さえも感じられない。

同名のバス停が設けられた下江波(Q参照)をはじめ、終点までには江波矢倉と各駅が国道上に続く。
Q
94年3月
R 旧織田町の中心織田(M参照)は、貨物取り扱いのため北に長く広がる構内を有し、その跡地を生かしてバスターミナル等が整備された。
当初の計画では更に西に向きを変え日本海まで抜ける予定だったが、残念ながらこれ以上の延伸はかなわなかった。

なお交差点に面して織田信長の銅像が建立され、国道には信長通りの別称も付くが、これは織田家発祥の地であることに由来する。但し当地名は濁らずに[おた]と発音する。
16年4月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  鯖江 [S35資修]  
1/25000  鯖江 [S33修正]  織田 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2016-12/8   無断転載禁止 Copyright (C) 2006 pyoco3 All Rights Reserved.