福井鉄道南越線を訪ねて

鯖浦線  廃止鉄道ノート北陸・甲信越  減速進行

 地区:福井県越前市 区間:社武生〜戸ノ口14.4km 軌間:762→1067mm単線 動力:蒸気→内燃→電気

暮し良い県として時々上位にランクされる福井、だが実際にはどうだろう。一番の問題は雪だ。大雪を経験したことのない温暖な地域で暮す人には理解もできない過酷な現実が目の前に迫ることがある。
こんな福井に私設鉄道の建設計画が乱立した時代があった。今ではえちぜん鉄道、福井鉄道の2社に統合されたが、明治から大正に掛けてはそれこそ百花繚乱だった。


 略史

大正 3 (1914) - 1/ 28 武岡軽便鉄道 開業
7 (1918) - 3/ 19 武岡鉄道に社名変更
13 (1924) - 7/ 31 南越鉄道に社名変更
9/ 1    全通
昭和 16 (1941) - 7/ 2 福武電気鉄道に合併
20 (1945) - 8/ 1 鯖浦電気鉄道と合併、福井鉄道となる
46 (1971) - 9/ 1 福井鉄道 南越線 粟田部〜戸ノ口 廃止
56 (1981) - 3/ 31        〃 全廃

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと南越線、鯖浦線を表示します


 廃線跡現況

開業当初新武生と称した始発の社武生(A参照)は、北陸本線の武生駅に隣接し、連絡通路により乗換の便を図っていた。

現在線路跡は道路、駅跡は駐車場や公園として利用されている。
A
94年3月
B JR線に沿って北に進むと、すぐ福武口(B参照)に着く。駅名の通り市街地側に路線を持つ福武線との連絡用で、駅間距離はきわめて短い。現在は自転車置場に変わっている。

その後は一車線道路に転換され、東西に走る県道2号線の陸橋をくぐると、コンクリート工場に吸込まれてしまう。陸橋の下には主にこの工場の製品を取り扱う、貨物駅の北府が設けられていた。
94年3月
コンクリート工場の中で東に向きを変え、九頭竜川支流の日野川を鉄橋で渡る(C参照)。川幅はかなり広く、建設にはかなりの資金を要したと考えられる。この路線の中では一番の金食い虫だったのだろう。

幸いにも現在まで撤去されずに、当時の橋梁が歩行者専用橋として再利用されている。橋には八幡歩道橋の名称も付く。
C
94年3月
D 川を渡ると二車線道路に転換され、さらに信号交差点を越えると道幅が広がり、痕跡を見つけることはできない。

村国(D参照)は道路脇に電車が保存され、その位置を示している。個人での管理と思われ、その苦労が忍ばれる。
16年4月
駅の東も二車線道路が続くが、国道8号線を越すと右にカーブし、まず沿線の店舗や農協を通り抜け、続いて区画整理された農地の中を進む。

農地を過ぎると、今度はプラスチック工場の中に入り込む。その工場東脇に橋台(E参照)が残されている。
E
16年4月
F 橋梁に近接して塚町(F参照)が設置されていた。ここからは再び線路跡が道路に利用され、やや広めの生活道として南東に延びる。

道なりにしばらく進むと北陸道をアンダーパスし、高架下だけは細い未舗装路として供用されている。
94年3月
北陸道を越えると県道2号線にぶつかる。この交差点東に位置したのが北村(G参照)。列車交換のできた構内には既に住宅が建ち並び、駅舎部分は県道194号線と呼ばれる二車線道路に取り込まれている。

交差点対面の農協施設には、側線も引き込まれていた。ただしこれは駅から直接つながっていたのではなく、踏切を避けるためかやや西方から分岐していた。
G
94年3月

駅の先は南越線跡と県道194号線が重なる。道路上を進むと県道は右に曲がり、真っ直ぐ進む鉄道側は小さな公園に利用される。路盤跡を「電田ひろば」として整備したとの説明書きも添えられている。
ここに二カ所の橋梁跡を見つけることができる。短い用水側(H参照)は片側の橋台、長い浅水川(I参照)はガーター桁を載せたまま残されている。

H I
16年4月 16年4月

J 公園の先は放置された路盤があぜ道として続き、すぐ県道262号線と交差する。この手前に小さな橋梁(J参照)が、橋桁と共に残されている。

南東に進む路線が右にカーブを描き始めると、南北の二車線道路と交差する。この交差部に、踏み切りの痕跡が一部顔をのぞかせている。
16年4月

ここで南越線は再び舗装路に転換され、大きな左カーブを描くと五分市(K参照)に到着する。駅前道路が突き抜けたため、かつての面影はどこにもない。駅前商店もしばらく営業を続けていたものの、既に閉鎖されてしまった。
駅の西からは化学工場への引込線(L参照)が分岐し、当線の重要な収入源である貨物輸送の拠点でもあった。

K L
94年3月
16年4月

鉄道の痕跡を消した道路は北北東に真っ直ぐ進み、やがて東に向きを変える。ここに設置されていたのが、廃止時の終点粟田部(M参照)。跡地は地元のコミュニティーセンターや公園等に利用されている。

ここから先は先行して廃止された区間で、一旦道路に利用されるが、すぐに突き当たって終了する。
M
94年3月
N 南東方向に進む路線は住宅や農地等に取り込まれ、ルートをたどることは難しい。
ただ鞍谷川の五反田橋北側には、線路跡に沿った土地境界線を持つ民家が一軒、更に川を越えた住宅地の中に、鉄道用地を転用した生活道(N参照)を一カ所認めることができる。
16年4月
続いて県道2号線と交差し、和紙の里通りと名付けられた道路へつながる。遊歩道のようでもあるが、実際には自動車の通行は可能だ。

ここに武生方面と戸ノ口方面とのスイッチバック駅、岡本新(O参照)が設けられていた。
O
94年3月
P 駅で折り返すとすぐ右に曲がり、再び県道2号線と交差する。北を目指す南越線は二車線道路に変わり、国道417号線との交差点南側に位置した定友を過ぎると、一旦住宅地の中に飛び込む。

しばらく進むと鞍谷川に接近し、ここに橋台跡(P参照)を見つける。ただルートには一致するものの、かなり手が加えられており、鉄道用かの判断は微妙なところ。現地でも確認は取れなかった。
16年4月
川から徐々に離れると再び道路として利用されはじめ、公民館が目印となる野岡を通り過ぎたのち、県道25号線に合流する。ここからの県道は鉄道用地を拡幅転用して建設されており、快適な二車線道路となっている。

道路上には順に庄境(Q参照)越前赤坂と設置されていたが、駅跡のバス停は既に無く、地元での関心も薄れてきたのか、現地で尋ねても場所の特定が難しくなっている。
Q
94年3月
R 戸ノ口市街地の手前で県道から市道へと変わり、道幅はかなり狭くなる。
終点戸ノ口(R参照)は運送会社の拠点として使用されている。各地の廃線跡でも時々目にする光景で、貨物輸送で関係の深かった物流会社が利用したり、鉄道の後継会社が直接運営していることも多いようだ。

なお旧版地形図からは駅構内が北西方向を向いているように読みとれるが、ここから西に路線を延伸し、鯖江駅とを結ぶ計画に由来すると考えられる。ただし、この計画は残念ながら夢に終っている。
94年3月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  鯖江 [S35資修]    
1/25000  武生 [S33修正]  鯖江 [S33修正]  河和田 [S36資修]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2016-12/8   無断転載禁止 Copyright (C) 2006 pyoco3 All Rights Reserved.