玉野市営鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート中国  減速進行

 地区:岡山県玉野市 区間:備前宇野〜遊園地前 軌間:1067mm 動力:電気

瀬戸大橋が出来るまでは本州から四国への渡航口であった国鉄宇野駅。宇高連絡線として鉄道車両の受渡をしていたため、瀬戸内海に面して大きな駅設備を備えていた。そのターミナル駅に並んで玉野市街へ延びる小鉄道の出発点があった。


 略史

昭和 25 (1950) - 4/ 13 備南電気鉄道  設立
28 (1953) - 4/ 5    〃       開業
30 (1955) - 9/ 10    〃   三井造船所前〜玉間  延長
31 (1956) - 3/ 24 玉野市営となる
35 (1960) - 8/ 3    〃   玉〜玉遊園地前間  延長
47 (1972) - 3/ 31    〃 当日をもって廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと玉野市営鉄道線を表示します

 廃線跡現況

A 01年01月
大正6年宇野地区に建設された川村造船所が三井物産造船部として創業し、同9年には早くも現在地の新工場が完成した。
その後三井物産から独立し三井造船玉野事業所と名を変えたが、第二次世界大戦中に国鉄との専用連絡線敷設を計画したことが、この鉄道の始りとなった。

専用線は未成のまま終ったが、その用地を再利用して旧市街地と国鉄玄関駅を結ぶ地方鉄道が生れた。
わずか5km弱のこの小私鉄を始発駅からたどることにする。

国鉄宇野駅に隣接していた始発の宇野(A参照)付近は、現在駐車場として活用されている。
宇高連絡船の廃止後、国鉄線が短縮されるなどの変更もあり、駅周辺の状況は一変している。駅前のアーケイド商店街も寂れ、シャッターが閉じられたままの店も多い。残念ながら瀬戸大橋の開通は当地に大きな影響を与えているようだ。
なお宇野の駅名は玉野市誕生前の町名に由来する。

現JR線に沿って北上する玉野市営鉄道(B参照)は、やがて大きな左カーブで反転し南へと向きを変える。

カーブ途中で旧国道30号線と交差するが、この西が広方(広潟?)跡で、ここから開業当初の終点まではほぼ全線にわたって歩行者用の遊歩道に転換されている。
B 01年01月
C 01年01月
市街の中心地を直線で通っているせいか、学生を含め自転車での利用者はかなり多い。

カーブが終り線路跡が南西に向きを変えたあたりが玉野高校前(C参照)だが、開業当時は玉野公園前の駅名だった。


写真でもわかるが遊歩道北側にやや高くなった車道があり、ホーム跡との情報もあるが実際の遺構とは考えにくい。
廃線跡を利用した遊歩道を南西方向に少し進むと天狗山トンネルとなるが、ここは当時の鉄道用のものがそのまま利用されている。


トンネルを抜けるとそこが西小浦(D参照)で、ベンチなども置かれ利用者にはちょっとした休憩場所となっている。
D 01年01月
E 01年01月
ここから市役所までは低い築堤(E参照)で続き、両側には自動車通行可能な生活道が並走する。
玉野市役所前(F参照)は今でもそれなりの微妙な駅の雰囲気を残したまま。近くには玉野市民病院などもあり、行政の中心地となっている。

鉄道跡を利用した遊歩道は更に南下し、中山トンネルへ向け緩やかな上り勾配となる。
玉野市役所駅からほんの数百メートルの地点に古塩浜信号所があり下記参考webに場所の説明がある。
この信号所は上下列車の交換を可能にするため、開業後の昭和31年に設けられた。
F 01年01月
G 01年01月
化粧直しされた中山トンネルを出て(G参照)緩やかな左カーブが終った地点が藤井海岸(H参照)。参考地形図には駅名が藤井と記されている。

当時は海岸が近かったのだろうが、現在はかなり沖まで埋立てられて海岸の名はふさわしくない。
また鉄道跡の近くには旧街道と思われる狭い道が通り、つかず離れずといった感じで平行している。


しばらくしてこの旧街道と線路跡が接近する場所があり変則の交差点を形成するが、ここが玉野保健所前
交差点の中もしくは前後にホームがあったのだろう。ただ同所にある現在のバス停名は宇野4丁目と表記されている。
H 01年01月
I 01年01月
駅を出るとすぐに3番目のトンネル大仙山トンネルとなる。この鉄道最後のトンネルだ。
トンネルを抜けるとすぐに2車線の舗装路と交差し、大聖寺の裾をかすめて白砂川の橋梁(I参照)へと続く。2車線道路との交差付近が大聖寺駅と思われるが、下記参考地形図に記載がないため詳細は不明。また付近にそれらしき痕跡も発見できない。再度調べる必要がありそうだ。

白砂川を渡り三井造船所の敷地前を通り抜けると、三井造船所前へと到着する。工場正門の東寄りに駅と車庫などがあった。開業時はここが終点だったが、乗客誘致のためさらに進路を右に取り商店街入口の玉橋まで線路が延伸された。
開業当初は三井造船所前と呼ばれていたが、この延長に伴って新たな終点が(J参照)となった。


運営が備南電気鉄道から玉野市に移ると更に渋川海岸までの延伸が計画され、玉遊園地前までが暫定開業している。
J 01年01月
K 01年01月
この延長部は地形の関係から白砂川内に橋脚を立て、川のど真ん中に鉄道が延びていたが(K参照)、現在はこの橋梁を利用して駐車場が作られている。


河川内での敷設工事は橋梁工事と同様多額の資金が必要なはずで、市営に移管されなければ実現していなかったかもしれない。
現在、白砂川右岸側道路は拡幅され2車線となるが、これに沿って北西に進むと左手に玉比盗_社が目にはいる。
この向い側が玉比盗_社前跡と思われるが、痕跡はなく詳細は不明。

鉄道跡地はやはり駐車場(L参照)として再利用されているが、この付近では白砂川の上部は完全に塞がれ、その状態が次の玉小学校前まで続いている。

その玉小学校前跡は側道の幅員が多少広くなっており、これを元に駅跡と判断する。
L 01年01月
M 01年01月
対岸の道路拡張に邪魔であったためかこの先の鉄道橋脚は撤去されており、代りに河川内に張出した歩道が設置されている。

ただ川底をのぞくと鉄道の橋脚跡(M参照)が今も顔をのぞかせている。
さらに道路沿いに進み、右に大きくカーブすると終点玉遊園地前(N参照)。多少広くなってはいるが、痕跡もなく駅跡らしき雰囲気は一切感じられない。ここが暫定の終点だったことが大きな理由と考えられる。
また駅名の由来となるべき遊園地は下記参考webに説明がある。どちらにしても鉄道を利用して遊園地まで遊びに来た人は、かなり少なかったのではないかと想像する。

計画では更に渋川まで延長し海水浴客を誘致する予定だったが、目的を果すこともなく廃止を迎えてしまった。
N 01年01月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  玉野 [S35修正]
1/25000  宇野 [S45改測]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2004 pyoco3 All Rights Reserved.