下津井電鉄を訪ねて


廃止鉄道ノート中国  減速進行

 地区:岡山県倉敷市 区間:茶屋町〜下津井21km 軌間:762mm全線単線 動力:蒸気・内燃→電気

岡山県鷲羽山の梺。険しい地形の中に四国への玄関口、下津井町民待望の軽便鉄道が開通した。一時は倉敷への延長も計画されたが果たせず、やがて瀬戸大橋の開通をはじめとする道路の整備がこの鉄道を廃止に追いやる原因となった。軌道はなくなったが現在も社名を変更せず、バス事業を中心として発展を続けている。


 路線図  略史



大正  2 (1913) - 11/ 11 下津井軽便鉄道 開業
11 (1922) - 11/ 28 下津井鉄道に社名変更
昭和 24 (1949) - 5/ 1      電化
8/ 20 下津井電鉄に社名変更
47 (1972) - 4/ 1       茶屋町〜児島間 廃止
平成  2 (1990) - 12/ 31        鉄道線 当日を以て廃止

 廃線跡現況
A 宇野線との接続駅でもあり、開業時に終点の置かれていた茶屋町(A参照)。 地上時代の国鉄駅南西に隣接していた跡地は、現在公園等に利用されている。

JRに移行した現駅は瀬戸大橋線開業と同時に高架化され、将来の新幹線駅予定地として大きな用地が確保された。周囲の整備も進み、今ではこの駅前から超狭軌線が出発していた気配はみじんも伺えない。
16年7月
駅を出ると郵便局や自転車置場を抜け、その先から下津井電鉄の廃線跡を転換した茶屋町児島自転車道(B参照)が始まる。

しばらく続く桜並木の中に設けられた小橋梁は、当時の石積橋台を再利用(C参照)している箇所が多い。
B
94年8月
C 架け替えが済んだ六間川を越えると、一旦県道に並んでその歩道を兼務する。が、下り坂に掛かるとすぐ左に離れ、そのまま天城に着く。

一般道との交差部には歩行者道路の標識はあるものの、一部で地元車両の通行は許可されているようだ。
16年7月
ほぼ平坦に戻った路線は倉敷川を渡り、次の藤戸(D参照)まで進むと当時のホームがそのまま残されている。駅名標は既にはげ落ちて、文字が見えないのはやや残念。

自転車道が郷内川は越え、わずかに西にふくらむとそこが。駅跡は駐車場と民家に変わっている。
D
94年8月
E 駅を過ぎ右カーブを描くと県道21号線に合流する(E参照)。ただ道路に取り込まれているわけではなく、正規の歩道脇に更に並んだ自転車道として豪華な二本立てとなっている。

その先の瀬戸中央道水島インターにより鉄道のルートは一旦消滅するが、西に抜け出ると県道の南に位置を移した自転車道が再び現われ、左にぐるりと回って福田に到着する。駅跡の一部は民家等に変わっている。
16年7月
上り勾配で続いてきた下津井電鉄は、山の中で小さな峠を越え下り坂に変わる。すると道路脇にスリップ注意の標識(F参照)が出てくる。最初は存在意義を理解できなかったが、しばらく考えて、自動車通行可能だった時代の名残だと気が付いた。北向き一方通行路として利用されていたようだ。

さらに細かな上り下りを数回繰り返したのち瀬戸中央道をくぐると、再び連続した上り勾配で県道21号線脇を併走する。なお瀬戸中央道建設に伴い、当時の路盤と自転車道のルートが一部で異なっている。
F
16年7月
G 左手に広がる福林湖の南端まで進むと、やや西に向きを変え県道と別れる。入口には歩行者専用の標識が立つものの、沿線には住宅や車庫も目立ち、やはり指定車両の通行は許可されているようだ。ただ、しばらく進むと、車止めにより自動車は入り込めなくなる。

その後一車線の舗装路が横に並び、更に交差(G参照)して位置を変えると、自転車道側はなぜか西方に大回りする。
16年7月
途中の小田川には当時の石積橋台と橋脚(H参照)が残り、道路用として再利用されている。鉄道時代の橋台が道路下に何カ所も隠された自転車道の中で、ここが一番のハイライトとなる。

橋の先では一旦県道276号線に飲み込まれてしまうが、それも短区間で終了し、すぐ右に分離、再び独立した自転車道として南に延びていく。
H
16年7月
I 稗田(I参照)は休憩所兼用の稗田さくら公園として整備され、当時のホーム跡がきれいな形で保存されている。構内は複線で列車交換可能駅でもあった。
続く柳田にも駅名標を模した案内板が設けられ、その駅跡を教えてくれる。

なお自転車道と交差する一般道側は、全て一時停止の規制がなされ、自転車にとっては走りやすい道となっている。
16年7月
歩道橋(J参照)で二車線道路と共に小田川を越えると、道路はやや東に振れる。ここに位置したのが児島小川で、ホーム跡は民家の車庫等に利用されている。

当地主要産業のひとつ、ジーンズ製造工場の横を通り抜け、右カーブで小田川を渡り戻すと、開業当初の旧児島に到着する。駅跡は一時期バスターミナルとして利用されていたが、今はそれも縮小され、大半は市営駐車場に変わっている。
J
16年7月
K 一次廃線後に終点となった新児島(K参照)は、西方に移転し新しい駅舎となったが、活躍したのは短期間にとどまる。

廃止時の設備がそのまま残され、下津井電鉄の路盤を転換した「風の道」の拠点として、内部を見学することも出来る。
94年8月
茶屋町児島自転車道の一部でもある「風の道」は、未舗装ながらしっかり踏み固められ、自転車での通行になんら支障はない。

ここからは平成初期に廃止された区間で、道路沿いには未撤去の架線柱(L参照)を見つけることも出来る。廃止直後はレールや駅施設はそのまま放置されていたが、当初から既に自転車道として整備する計画はあったようだ。
L
16年7月

備前赤崎(M参照)には相対式ホームが残り、駅跡の案内もある。次の阿津(N参照)にも、ホーム跡と駅名標を模した案内板を確認することが出来る。

M N
94年8月
94年8月

O 駅を後にすると、鷲羽山越えのため最後の連続上り勾配に差し掛かり、道は舗装路へと変わる。そのまま瀬戸大橋線と交差し、児島競艇場を左眼下に見ながら高度をぐんぐん上げていく。遮るものがないためか、かなり離れた場内のボート音が大音量で響いてくる。

勾配が一服すると琴海(O参照)に着くが、16年7月時点でこの先は通行止となっていた。
94年8月
その原因は道路崩落(P参照)によるもので、現在復旧作業中のため迂回せざるを得ない。

通行止箇所を過ぎると、一体となった瀬戸大橋線、瀬戸中央道をアンダークロスし、右に急カーブを描き向きを西へと変える。
P
16年7月
Q カーブ終了地点に位置していたのが鷲羽山(Q参照)で、ホーム跡と共に案内板、トイレ、さらには瀬戸大橋を望む展望台も設置され、休憩所の役割を果たしている。

なお駅名の元となった鷲羽山山頂へは、山道をかなり歩く必要がある。
94年8月
県道393号線と交差した後の東下津井(R参照)にも、同様にホーム跡と案内板があるが、ここのホームは草に埋もれてはっきりと確認することはできない。 R
94年8月
S ここからは再び未舗装に変わり、連続した下り勾配で木立の中を駆け抜ける。
道なりに進むと幅員が徐々に狭くなり、田圃の畦道といった雰囲気に変わってくる。そんな中に架線柱がポツンと建っているのは何とも不思議な光景。

最後の左大カーブ(S参照)を過ぎ下り勾配が終了すると、終点下津井(T参照)に到着となる。
94年8月
しばらく残されていた駅舎は解体されたが、構内のレールとホームは今も現存し、車庫跡には車両が展示保存されている。駅跡が開放され誰でも見学できるのはうれしい限り。

当地はその昔、北前船の寄港地でもあり、また四国への連絡港として重要な役割を担っていたが、今はその地位も他所に譲り、険しい地形にも拘らず一帯には長閑な雰囲気が漂う。
T
94年8月

 保存車両

U 下津井構内に程度良く保存されている。
16年7月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  岡山南部 [S37資修]    下津井 [S35修正]
1/25000  茶屋町 [S45修正]  下津井 [S45改測]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2016-12/21  無断転載禁止 Copyright (C) 2002 pyoco3 All Rights Reserved.