三蟠鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート中国  減速進行

 地区:岡山県岡山市 区間:国清寺〜三蟠7.3km 軌間:762mm単線 動力:蒸気・内燃

岡山の玄関口として、また四国への連絡港としても重要な地位を占めていた三蟠港。だが宇野港の開港によって、その存在は大きく揺らいだ。劣勢を挽回すべく、地元資本により岡山市内までの軽便鉄道が開業された。当初は業績も良かったようだが、市街中心地まで直通出来ないことも影響してか、徐々に旭川を運航する汽船に利用客を奪われ、十数年の短期間でその使命を終えた。


 略史
大正 4 (1915) - 8/ 11 三蟠軽便鉄道 開業
12 (1923) - 2/ 5      全通
4/ 10 三蟠鉄道に改称
昭和 6 (1931) - 6/ 28    廃止

 路線図



 廃線跡現況
A 始発駅の国清寺(A参照)は、岡山電気軌道門田屋敷駅の西側に位置していた。駅跡はすべて市街地に取り込まれ、鉄道の雰囲気を感じ取ることは出来ない。

現在は南北に一車線道路が走り、この東側の一区画が駅構内にあたる。駅舎は国道250号線に面し、道路と西隣の歯科医院またがって建てられていたようだ。
なお一車線道路そのものは、鉄道廃止後に旭東小学校の東端を削って造られている。
16年3月
駅を南に出発すると、やや東に曲がって県道45号線に合流する。合流手前には鉄道跡を転換した路地(B参照)や、その北側には路盤境界に沿った住宅を見つける。県道上では何も発見できず、網浜も同名のバス停付近かと推測するのみ。

旭東町交差点で県道がやや左に曲がると、鉄道側は逆の右方向に進路を取り両者は別れる。鉄道用地はコンビニや駐車場、宅地等に利用され路線のトレースは難しい。
B
16年3月
C 荒神社付近まで進むと、左急カーブで向きを変える。

開業当初のルートは、ここから北西の桜橋(C参照)に向かっていた。機関庫や給炭設備を備えた大きな構内は、跡地に建つ冷凍倉庫会社の北半分を占めていたと考えられる。
16年3月
倉安川を挟んで西側に隣接するガス会社へも側線が延び、当時としては珍しいクレーンで石炭の荷下ろしをしていたと聞いた。

河川の架橋部には大きな壁画(D参照)が描かれ、三蟠鉄道に対する地元の思いが伝わってくるようだ。
D
16年3月
E 荒神社をかすめて南に進む本線は、再び県道に合流する。この手前にも、当時の路盤に沿ったと思われる土地境界線が100mほど続く。
さらに県道上を進むとに着く。駅位置は、地図により専光寺の前付近を示すものと、新道元町バス停付近を示すものがあり、混乱する。どちらにしても痕跡を見つけられないため、位置の特定は出来なかった。

すぐ南方の倉安川交差点で再び県道を西に離れる。この南西角に当時の路盤が一部残され、復元された線路と貨車が展示(E参照)されている。今のところ程度はいいが、屋外のため今後の劣化がやや心配される。そばには駅名標を模した説明書も設置されている。
16年3月
この先は県道沿いに建ち並ぶ大型店舗の中に入り込み、痕跡は消える。その区画内に一箇所、小さな水路に架かる橋台跡(F参照)を見つけることが出来る。場所はメガネ店の南隣となる。説明板も設けられているものの、文字が見づらいのがやや難点。

続けて店舗、駐車場等を通り抜けると、一車線の生活道同士の三叉路に出る。この北角が上平井。駅の先には路盤をそのまま利用した農地等も見受けられる。
その後は左カーブで一旦県道に接近したのち、すぐに右カーブを描いて離れていく。鉄道の跡地は市街地に取り込まれ、ルートをトレースすることは難しい。
F
16年3月
G 下平井(G参照)は民家等に利用され、駅跡の一画は鉄道用地に沿って住宅が建ち並ぶため、周囲の建物とは向きが異なっている。

直線で南東方向に続く路線は痕跡の消えた新興の住宅街を進み、国道2号線バイパスを越すと宮道に着く。駅の南に位置したはずの寺院も今は無く、ただ空き地が広がるのみとなっている。
16年3月
ここからは区画整理された農地に飛び込み、再び痕跡は消える。

浜中(H参照)には駅名標を模した案内板が新たに立てられ、その位置を教えてくれる。駅の南で徐々に旭川に近づき、堤防道路の東脇に移るが、廃線跡は宅地や工場等に飲み込まれ、やはり路線上を直接たどることはできない。
H
16年3月
I 終点三蟠(I参照)は一時期バスの待合所に利用されていたが、今は釣具店に変わり、当時の駅舎が鉄道資料館として活用されている。この建物は開業当初の桜橋から移築したもので、築百年以上経過していることには驚かされる。
待合所時代の写真を見るとかなり荒れていた印象だが、その後瓦屋根等の修復もされたのか、以前より状態が良くなっている気がする。

当時は駅に隣接して旭川に三蟠港が設けられ、石炭の積み込み場などもあったようだが、今は堤防の護岸工事により港は消滅し、道路脇に石碑が残るのみとなっている。
16年3月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  岡山南部
1/25000  岡山南部 [T14修正]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開2016-5/24  無断転載禁止 Copyright (C) 2015 pyoco3 All Rights Reserved.