長門鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート中国  減速進行

 地区:山口県下関市 区間:小月〜西市18.2km 軌間:1067mm全線単線 動力:蒸気・内燃

地域開発と木材搬出を目的とした鉄道が地元有志の努力により開業した。最終的には長門市仙崎まで路線を延ばし、陰陽を連絡することも視野に入れていた。しかし資金不足のため開業は西市までにとどまり、木材輸送に必要な山岳地への線路敷設すら出来ず業績は低迷した。不振打開のためにバス運行を開始したが、これがかえって鉄道の収支を悪化させ、モータリゼーション到来前に終焉を迎えてしまった。


 路線図  略史

地図上にマウスポインターを置くと長門鉄道を表示します


大正 7 (1918) - 10/ 7 長門鉄道 開業
昭和 17 (1942) - 11/ 1 山陽電気軌道に合同
24 (1949) - 4/ 1 長門鉄道として独立
31 (1956) - 5/ 1     廃止

 廃線跡現況
A 山陽本線駅前に始発駅の小月(A参照)を構えていた長門鉄道。ロータリーに面した駅舎跡は、当時の流れを汲んだサンデン交通のバス乗り場等に変わっている。
北東へ向かう路線は市街地の中に埋没するため、跡地を直接たどることは難しいが、一部には鉄道用地をそのまま利用したアパート等も見かけることができる。

浜田川に接近したのち、数軒の民家を抜けると長門上市に到着する。駅跡の雰囲気は既に無く、情報も集まらないため位置の特定は諦めた。
16年7月
ここからは線路跡の一部を転換した小道が北へ続いていく。道なりに進むとやや道幅が広がり、地元の生活道としてそのまま新幹線をアンダーパスする。

続いて中国道の小月インターに突き当たると道路(B参照)は終了し、一旦痕跡は消える。インターを抜けると再び一車線道路が始まるものの、やがて国道491号線に吸収されてしまう。
B
16年7月
C しばらく進むと国道から右に別れ、ここに鉄道時代の石積み橋台を再利用した道路橋(C参照)を見つけることができる。

北東へ向かう路線はすぐ県道260号線に合流するが、右手から中国道が接近すると、路盤跡はこちらに位置を移す。
16年7月
その後県道に並んでいた高速道が離れ始めると、鉄道は中間地点を進み、左カーブを描く築堤(D参照)で北に向きを変える。

築堤の一部は今も当時の姿を残し、草刈り等の手入れが地元で継続して実施されているようだ。
D
16年7月
E カーブ終了地点で一旦県道に合流する。この先のごく短区間のみは、廃線跡を転用して県道が建設され、下大野もこの区間に設けられていた。駅跡には同名バス停が設けられ、その位置を示している。

鉄道跡は駅の北で県道から左に分岐し、今度は一車線の生活道(E参照)に転換される。ただ途中には幅員の狭い箇所があり、軽自動車でも通り抜けは難しく、実際に車に出合うことはなかった。
16年7月
道路上を進み連続する上り坂が終了すると、東方を平行していた県道と交差する。交差点の南西角に空き地が広がり、ここに上大野が位置した。片隅には駅跡の表示も設けられる。

県道との交差後は道路入口中央にポールが設置され、自動車の進入を阻止しているものの、歩行者専用の標識はなく、何とも中途半端な用途を担った道となっている。
F
16年7月
G 再び下りの左カーブで西に向きを変え、道路脇にホーム擁壁が残された田部(G参照)に滑り込む。
駅跡には教育委員会の手による案内板も立てられ、長門鉄道の歴史を後世に伝えている。
16年7月
駅の北にある小さな橋梁(H参照)は、橋台が石積み、橋脚が煉瓦造りとちぐはぐな構成で、鉄道橋をそのまま再利用した思われる。

その先で、道路は田部川に突き当たって途切れる。橋梁は既に撤去されたのか、川の両岸とも痕跡を認められない。
H
16年7月
I 川を越えると住宅となった箇所や空き地が混在し、当時の路盤境界線も目にすることが出来る。
その中に小さな水路を渡る橋梁跡(I参照)を発見する。片岸は雑草に隠されるものの、当時の石積み橋台が両岸ともしっかり残されている。
16年7月
更に数軒の民家と未舗装路を抜けると、農協の施設内に入り込む。ここが岡枝(J参照)の駅跡で、かなり大きな構内を持っていたと想像できる。当時の駅前商店と思われるたばこ店は現在も営業中。

駅の北、鉄道のルート上にコンクリート橋を見つけるが、前後に道路の無い孤立状態で、廃止直後に地元の作業道として使われていた名残ではないかと考える。
J
16年7月
K 北に向かう路線は病院の敷地内を抜け、県道233号線を横切ると、一車線道路(K参照)に転換される。未舗装路と舗装路が混在しながら、下関市の施設である菊川温泉までつながっていく。

なお現地で、温泉水排水のため鉄道用地を道路に変え、その下に下水管を埋設し処理場まで送っていること、土地を所有していたサンデン交通は代替地を譲り受け分譲売却したこと、等の話を教えもらった。
16年7月
温泉の北は農地の中に埋没してしまうが、その中で道路沿いの側溝に石積みの溝橋跡(L参照)を見つける。
当時のルートに一致するものの、現地で確証を得ることができず、鉄道の遺構である確率を7割程度と判断した。
L
16年7月
M 痕跡の消えた田圃内を通り過ぎると、その先で歌野川が横切る。以前確認することができた橋台(M参照)は、堰の設置、護岸工事等の河川整備によりその姿を消してしまった。
01年1月
川の北には数軒の住宅が建ち並び、込堂はこの中に置かれていた。当時のホーム跡(N参照)がいまだに残され、跡地に建つ二軒の民家庭先に、それぞれ顔をのぞかせている。

隣接する県道34号線には同名のバス停も設けられ、また東を流れる木屋川右岸堤防から、その気になって眺めると、当時の路盤が鮮明に浮かび上がってくる。
N
16年7月
O 駅を後にすると一旦県道に合流するが、すぐ右に分かれ一車線の舗装路として県道脇を並んで北進する。歩行車道の雰囲気を持つが、特に規制はなく自動車も通行可能となっている。

しばらくして県道から離れると、トンネル(O参照)が目の前に現われる。一時は周辺が荒れ、近づくことすら難しい時期もあったようだが、現在は地元の協力により整備され、通り抜けも可能となっている。
内部は漏水もなく崩落の可能性は少ないと思われ、足下にはバラストが残されている。ただ出口の先に続く道がないため、再び元に戻らざるを得ないのはやや残念なところ。
16年7月
鉄道跡を転換した道路は迂回路でトンネルを越え、その先は木屋川右岸に沿って上流に向かう(P参照)。相変わらず自動車通行禁止の標識はない。

左から県道が接近し、両者右カーブを描くと西中山に着く。同名バス停が駅跡を教えてくれる。
P
16年7月
Q ここからは県道の東脇を併走するが、舗装路から未舗装(Q参照)へと変わると、やがて道路は途切れ農地の中に組み込まれてしまう。

再びルートが現われるのは石町の手前で、県道から左に別れる生活道として北に続いていく。なお、駅跡は公会堂や農協が目印となる。
16年7月
石町の集落を抜けると、道路にはジョギング向けとなる豊田トリムコースの別称が付く。道なりに進み痕跡の消えた阿座上を過ぎると、今度は県道65号線に合流し、トリムコースもここで同時に終了する。

その県道が左急カーブを描き始めると、鉄道側は一車線道路として真っすぐ進み、最後はやや西に向きを振って終点西市(R参照)に到着する。跡地は農業施設に利用され、当時の痕跡が隠されている雰囲気を感じるが、残念ながら何も見つけることは出来なかった。
R
16年7月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  西市 [S24応修]  厚狭 [T11修正]
1/25000  小月 [S26三修]  田部 [*S26三修]  西市 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2016-8/19  無断転載禁止 Copyright (C) 2016 pyoco3 All Rights Reserved.