同和鉱業片上鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート中国  減速進行

 地区:岡山県備前市 区間:片上〜柵原33.8km 軌間:1067mm単線 動力:蒸気→内燃

当時東洋一ともいわれた柵原鉱山の鉱石輸送を、舟運や人車軌道から切り替える目的で建設された鉄道。当初は矢田と片上港を結び、鉱山から矢田(井ノ口)間は索道を利用していた。後年、輸送量の増大に応じて鉱山まで線路を延長し、旅客営業も手がけていたため沿線の貴重な足となっていたが、鉱石の産出量減少や車の普及に伴ってその役目を終えた。


 路線図  略史

大正 12 (1923) - 1/ 1 片上鉄道 開業
昭和 6 (1931) - 2/ 1    全通
    25 (1950) - 6/ 20   藤田興業に合併    
    32 (1957) - 8/ 1   同和鉱業に合併    
平成 3 (1991) - 6/ 30     片上鉄道 廃止
* 地図上にマウスポインターを置くと片上鉄道線を表示  

 廃線跡現況
A 片上湾に面した起点の片上(A参照)は、ショッピングセンターとなり痕跡はない。入口正面にレールと0キロポストが移設され、モニュメントを形作っている。
鉱産物輸送が主力のため旅客用の乗り場は小さく、駅の西側に物資集積の大きな構内が広がっていた。こちらも今はドラッグストアーや倉庫に利用され、その片隅にはDLが保存されている。

駅東側の流川には橋台(B参照)が残り、そのまま左カーブで市街地を抜ける。線路跡は、道路や空き地(C参照)に変わっている。
18年4月

B C
18年4月 18年4月

旧山陽道との交差後は、廃線跡を転用した自転車道(D参照)がつくられ、片上ロマン街道と名付けてれている。正式な起点はやや北側、新幹線との交差部からのようだ。
D
18年4月
E 自転車道は最初から連続した登り勾配で始まり、道路脇には勾配票(E参照)も残されている。表示は28.6‰と結構きつく、当線最大の勾配との説明書きも添えられている。
18年4月
左手のサイクリングターミナルを過ぎると、峠トンネル(F参照)が現れる。ポータルはレンガだが、内部はコンクリートで補強され、照明も完備している。

トンネルを抜けしばらくすると連続勾配はいったん終了し、清水(G参照)に滑り込む。残されたホーム上に駅名標も立つが、これが当時のものなのか判断できなかった。
F
18年4月
G 痕跡の消えた山中の北で宿瀬川を渡り、ここに架かるスルーガーダー橋(H参照)は、鉄道用を再利用している。

自転車道はこの先で一旦終了するものの、平行する国道374号線に合流した地点から再び復活し、山陽道をくぐって最初の橋は、やはり当時のデッキガーダー橋(I参照)がそのまま使われている。
18年4月

H I
18年4月 18年4月

さらに国道脇を併走した後、左カーブで山陽本線に接近し和気(J参照)に到着する。

JRとの貨物受け渡しに備え大きなヤードを持っていた跡地は、駅前広場や駐車場として整備されたため、痕跡は探し出せなかった。
J
18年4月
K 駅を後にした片上鉄道は登り右カーブで山陽本線を乗り越え、続いて金剛川を渡る(K参照)

四スパンの長大橋梁は、そのまま片上ロマン街道として再利用されている。しかしプレートガーダー橋として、なぜ上路式ではなく費用のかさむ下路式を採用したのか、興味を惹かれる点だ。
18年4月
川を越えると県道96号線をまたぎ、その跨道橋東側には古い橋台(L参照)が姿を見せている。金剛川堤防かさ上げ以前の旧橋梁跡と思われる。 L
18年4月
M 本和気(M参照)は駅名標を模した案内板がその位置を示しているが、実際の駅は北側の病院付近に設けられていた。

駅の先、鵜飼川にはコンクリート橋が架かる。昭和51年3月竣工となっていることから、途中で架け替えられたと思われる。
18年4月
川を越すと右手に交通公園が現れる。正面に貨車が展示保存され、益原の駅名標も立てられているが、裏面には当地に復元したと書かれている。本来の駅跡に痕跡は残されていないが、自転車道が若干屈曲することで、その場所を確認することができる。

その後は国道374号線の東脇を並走し、途中の天瀬(N参照)にはホーム跡が姿を見せる。
N
18年4月
O 吉井川沿いに北上する路線は、連続した二本のトンネル(O参照)を抜け、大きな左カーブを終えると河本に着く。

駅は跡形もなく、新たなコミュ二ティーセンター等に変わっている。鉄道はここで、道路の北から南へと位置を移す。この間の線路跡は国道の拡幅に利用され、正確なルートを特定することは難しい。
18年4月
位置を変えた後も両者はしばらく併走するが、国道が右カーブを始める地点で鉄道側は左に分離する。同所には陸閘が設けられ、当時のレール(P参照)が一部残されている。 P
18年4月
Q 吉井川の蛇行に合わせて、大きく右にカーブする自転車道。その途中には保存目的と考えられる、四灯式信号機(Q参照)が現存する。
18年4月
備前矢田(R参照)はホームが一面だけ残されている。相対式の駅なので他方は撤去されたことになる。
構内の北端にも信号機が残され、こちらは二灯式で場内用かと思われる。
R
18年4月
S 駅の先で再び国道と交差し、東脇を並走することになる。両者には勾配の関係から高低差が生じ、鉄道側が高所を走る箇所が多い。

しばらく進むとコンクリート桁の跨道橋(S参照)に出会う。晩年に架け替えられたものが、そのまま再利用されているようだ。
18年4月
次の苦木(T参照)にはホームと駅舎が残り、管理状態は良好で訪問者用のノートも置かれている。保存清掃活動が、地域で積極的に実施されているようだ。

枝谷は駅跡に標柱が立てられ、同名バス停も設けられているが痕跡はない。
T
18年4月
U 再び吉井川に沿って大きな左カーブを描くと、右手にコミュニティーハウスが近づく。 備前塩田の駅跡で、踏切警報器や東側には小さな溝橋の橋台も残されている。

自転車道はここから片上鉄道のルートを外れるため、利用目的が消滅した線路跡は、しばらく空き地(U参照)として続いたのち、やがて藪地に変わってしまう。
18年4月
藪地の先には橋台と二基の橋脚(V参照)を確認できる。吉井川の河川整備によって、新堤防の外側に押し出されたため混乱するが、当時の第一吉井川橋梁の一部に相当する。

再び北へと向きを変え始める路線は、川の右岸で先程まで軌を一にしてきた自転車道と交差し、その先は一車線の舗装路に転換される。
V
18年4月
W 備前福田は道路にやや広がりが見られるものの痕跡はなく、駅前商店も既に閉鎖され廃屋となっている。かなり離れた国道374号線沿いの公園に、駅舎を模したトイレと駅名標が展示され、説明文も添えられている。

道路は川で途切れたりしながら、やがて周匝[すさい](W参照)に達する。跡地は材木店に利用され、ホーム上の上屋は当時からのものと言われている。
18年4月
駅を出て国道と交差したのち、再び吉井川を渡る。鉄道時代の遺構はなく、若干ルートを修正した歩行者専用橋に変わっている。ただ車両通行止ではなく、バイクや農耕車の通行は可能となっている。

川の左岸に設けられていたのが美作飯岡(X参照)で、二面のホーム跡が残され、正面には駅前商店と思われる二階建の建物が放置されている。
X
18年4月
Y 駅の北側には踏切跡(Y参照)もあり、そのまま当時の路盤が郵便局まで続く。さらに倉庫や空き地等が混在する中を進むと、やがて山裾の掘割(Z参照)に入り込む。路面には湧水による水も流れ、さながら小さな川のようだ。

掘割から築堤に移ると、旧県道との交差跡に橋台(AA参照)が姿を見せる。但し、この先の築堤はきれいに撤去され、墓地公園の一部に組み込まれている。
18年4月

Z AA
18年4月 18年4月

公園を抜け吉井川の左岸堤防道路に合流した後は、再び自転車道に転用され、片上ロマン街道の一端を担う。

道路が川に沿って西に向きを変えると、自転車道は北に分離し、柵原ふれあい鉱山公園内の吉ヶ原(AB参照)へと進む。登録有形文化財に指定された駅舎と共に線路、車両が保存され、定期的な展示運転も実施されている。
AB
18年4月
AC 線路は幸福柵原(AC参照)まで続くが、ここは展示運転のために新たにつくられた駅で、当初からあったわけではない。

駅の先は道路へ転換工事中の箇所もあるが、大半の路盤(AD参照)は特に活用されるわけでもなく、藪地化した区間も存在する。途中県道349号線との交差部には、跨線橋の橋台(AE参照)を確認できる。
18年4月

AD AE
18年4月 18年4月

終点柵原(AF参照)は関連会社の資材置き場兼駐車場として使われ、ホーム跡とともに、撤去を免れたレールの一部が顔をのぞかせている。
また構内のはずれには、雑草に絡まれた信号機を見つけることも出来る。

基本的には貨物駅で、旅客列車は鉱山関係者の利用が大半であったと考えられる。
AF
18年4月

 −保存車両
AG 吉ヶ原の保存車両と共に、片上にもDL(AG参照)が展示保存されている。
18年4月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  和気  周匝                
1/25000  日笠 [S51修正]  和気 [S62修正]  周匝 [S51修正]    棚原 [S51修正]    片上 [S62修正]

 
 お断り・連絡先     ページtop
制作公開日2018-5/17  無断転載禁止 Copyright (C) 2018 pyoco3 All Rights Reserved.