山口県営軌道を訪ねて

廃止鉄道ノート中国  減速進行

 地区:山口県岩国市 区間:港〜新町 軌間:1067mm 動力:電気

錦帯橋の名所を抱える岩国。明治期に山陽本線は開通したものの駅が市街地から離れていたため、国鉄駅と町の中心を結ぶため岩国電気軌道が計画された。日本の電車発展に尽力した藤岡市助により中国地方最初の電車として開業したが、20年後に平行する国鉄岩徳線が開通したことに伴って廃止された。
廃止時に経営は山口県に移って岩国電気軌道の名称は消えていたが、これも既に70有余年を経過。
半日は徒歩で、また半日は車で沿線をたどったが、当時の遺構は見つけられなかった。いまでは町の中心もJR岩国駅に移りつつあり、すでに「岩国電気軌道」とか「山口県営」では通用せず、非電化の岩徳線と比較し単に昔の「電車」と呼ばれている。この鉄道を訪問するには聞き取り調査可能な、今がラストチャンスかもしれない。


 略史

明治 42 (1909) - 2/ 2 岩国電気軌道 開業
45 (1912) - 2/ 21   〃  岩国駅〜港 延長
大正 10 (1921) -   〃  柳井中外電気と合併 中外電気に改称
13 (1924) - 4/ 1 山口県営となる
昭和 4 (1929) - 4/ 5   〃 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと山口県営軌道を表示します


 廃線跡現況

A この鉄道は軌道と名が付くもののほぼ全線にわたり専用軌道上を走り、併用部はごく一部だった。

当時の岩国町の起点新町(A参照)は現在の郵便局付近。近くの交番で確認したが情報は得られなかった。

新町を北東方向に出発した電車は数百メートル先で右にカーブを描き、向きを変える。
02年10月
B
02年10月

この地点から一方通行路の生活道(B参照)に転用され新小路を目指す。

新町からこの一方通行路の入口までは跡地が消滅しており、上記交番や現図書館付近にそれらしき土地境界線が見受けられるものの推測の域を出ない。
また道路入口角に商店があり当時の様子を訪ねるが、郵便局まで線路は続いていなかったとの話となる。旧版地形図からも線路が敷設されていたことは確認できるのだが、昔の話なので記憶から薄れてしまっているのかもしれない。

余談だがこの一方通行路、狭いが路線バスも運行され、逆方向のバスは錦帯橋につながる旧道を通る。
また図書館の向かいにあるのが岩国学校教育資料館。数少ない資料を保存する唯一の場所。この鉄道を探索するには、真っ先に訪れるべき場所としてお奨め出来る。

C 先程の一方通行路を東進すると途中に錦見があったが、ここは森木口バス停付近。
そしてこの一方通行路の出口側にあったのが新小路(C参照)。現在の西岩国駅前を通る道路と交差するあたりに駅があった。当時はホームもなく駅と呼べるほどの物ではなかったらしく、正式には停留所であった可能性が高い。
早い時期での廃線にもかかわらず、このあたりはまだまだ聞き取り調査が可能だ。

その先JRの西岩国駅構内を斜めに横切り発電所を目指すが、すべて宅地として利用され土地境界線等を含めいっさいの痕跡は発見できない。
発電所付近からは再度2車線道路に転用され、県道15号の名が付く。駅は切り通しの西側付近にあったと考えられるが、場所の特定は難しい。
02年10月
県道はさらに続き、白崎八幡宮(D参照)をかすめる。岩国教育会館に当時の写真があるが、たぶんこれと同じと思われる方向から写真にとどめる。右手の山上に白崎八幡宮が建つ。

神社最寄りの八幡は現在のバス停付近だろうか。旧版地形図によると、ここから今津までの間にトンネルらしき印が2ヶ所描かれているが、今では跡形もない。

地図からは跨線橋のようにも受け取ることが出来るが、いずれにしろ何も発見できない。
D
02年10月
E
02年10月

今津は交差する道路が目印か。ただ新旧地形図で比較するとかえって混乱してしまう。

前駅の八幡から今津の間はこの鉄道唯一の併用区間。といっても大正時代では道路に舗装がしてあろうはずもなく、電車が砂埃を巻き上げながら疾走していた姿が目に浮かぶ。

さらにこの県道15号は岩国駅前を通る国道188号線と交差するまで続くが、途中この鉄道が廃止される原因ともなった岩徳線と交差する(E参照)

この鉄道の最終運転日が昭和4年4月4日、岩徳線西岩国までの開業が昭和4年4月5日となっており、交差部のレール切り替えが一夜にして実施されたのか、なんとも気になるところ。
この岩徳線、実は現在の海岸廻りの線が複線化されるまでの一時期、山陽本線に組み込まれていた時期もあった。

さて廃線跡は国道188号線に突き当たったところで左にカーブし、国道に沿う形で岩国駅を目指す。戦前は鉄道跡を利用した道路が造られていたはずだが、現国道がこれを利用して生まれ変わったものか定かではない。
当時の道が第二次世界大戦時の空襲によって壊滅的な被害を受け、全く新しく作り替えられてしまったのだ。

周辺も新しい商店街として生まれ変わったため、聞き取り調査も思うに任せない。したがってこの軌道の岩国駅(F参照)も場所の特定は難しいが、現在のJR駅前広場の一部にあったのは間違いないと思われる。
F
02年10月
G
02年10月
開業当初岩国駅から南に向かって出発していた路線は、その後北に延長され(G参照)まで到達した。場所は堅石神社の前、現ゴルフ練習所の南隅付近にあった。
駅名は港となっているが、ここから海岸まではまだまだ遠い。またの文字は資料によって湊と記される。

ゴルフ練習場の脇を走る堤防道路が旧国道2号線で、このあたりも空襲によって昔の様子は完全に消失している。

流石に廃止からの年月が経ち過ぎ、鉄道の遺構が全く見つからないため探索するには少々寂しいが、岩国駅から錦帯橋を見学するハイキングコースとしてブラブラ歩いてみるのも良いかもしれない。

 参考資料


 参考地形図

1/50000  岩国 [M43鉄補]    大竹 [S2修正]
1/25000  岩国 [該当無]  大竹 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2002 pyoco3 All Rights Reserved.