庄内交通を訪ねて

廃止鉄道ノート東北  減速進行

 地区:山形県鶴岡市 区間:鶴岡〜湯野浜温泉 軌間:1067mm 動力:電気

この鉄道の設立目的は大変複雑で、明確な意図が掴みづらい。歴史を紐解くと政治家の姿が見え隠れし、当初から単純に二点間を結ぶ鉄道として計画された訳ではなかったようだ。
紆余曲折を経た後に決定した路線は、国鉄線と観光地を結ぶ中小都市に良くあるパターンに落ち着いた。


 略史

昭和 3 (1928) - 9/ 8 庄内電気鉄道 設立
4 (1929) - 12/ 8    〃 開業
9 (1934) - 5/ 14 庄内電鉄に社名変更
18 (1943) - 10/ 1 庄内交通に統合、湯野浜線となる
50 (1975) -  3/ 31    〃  湯野浜線 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと庄内交通湯野浜線を表示します


 廃線跡現況

JR駅に隣接していた鶴岡(A参照)は今、駐車場等として利用される。

鶴岡を出てJR線から緩やかに離れるあたりは日通などの敷地として利用され、当時の境界線が今もはっきり残る。

その先は放置されたままの箇所と宅地に転用された箇所に分かれるが、宅地の中には残された当時の橋台跡(B参照)を発見できる。

続いて青龍川に突き当たるが、橋脚等は既になくなっている。ただし廃線跡の確認は今でも可能だ。
A
02年8月

B 川を渡ると、そのまま鶴岡中央高校の敷地に飛び込み、さらにその先は農地に転用され、路盤を確認できるものはなにも残されていない。

廃線跡の確認できない田園の中を進み、国道7号鶴岡バイパスと交差すると京田に到着する。駅を避けるようにして鉄道と交差していた道路が、鉄道廃止に伴ってまっすぐに改良されている。付近の聞き取り調査では、はっきりとした確認は取れなかったが、当時の駅は現在の道路上を含めた場所に位置したと考えられる。

国道7号の西、六所神社付近から京田を過ぎたあたりまでは鉄道境界線が今でも残り、当時のままの低い築堤などには植林なども確認できる。この先再度農地に転換され、直線の線路跡は一旦消える。
02年8月

次の安丹も周辺の区画整理が進み、駅への取り付け道路すら姿を消したため駅跡の特定を困難にしている。

安丹を過ぎると大山川を渡る。この河川敷には遺構が残っていそうな雰囲気が濃厚だが、あまりにも雑草が鬱蒼としすぎ、踏み入って調査することは不可能。

農地に吸収された庄内交通線跡は山形道を越え、北大山の手前で右に大きくカーブを描き、向きをほぼ真北に向ける。
カーブ途中の農地の中にそれらしき土地境界線と、橋台もしくは暗渠らしきコンクリートの構造物(C参照)を発見することが出来る。
C
02年8月

D 北大山付近は農地以外に宅地にも転用された形跡がみられる。駅は旧版地形図から判断し現在の歯科医院付近かと思われる。
県道38号沿いに用水路があるが廃線跡はこの5m程西を通り、さらに進むと県道に吸収される。

善宝寺の手前で県道38号から左に別れると、その先が駅跡(D参照)
ここはしばらく鉄道記念館として利用されていたが、いまは閉鎖されかなり荒れている。保存車両もあるが程度は悪化しつつ、このまま朽ち落ちるのを待つばかりといった風情。

この先から庄内交通の跡地は自転車専用道に再利用されるが、行く手を阻む加茂台地によって連続した上り勾配が続くこととなる。サミット付近で並行する県道43号線に一旦吸収されるが、すぐに専用道として分離する。
02年8月

こんな山越えの自転車道なんか誰が利用するのか不思議に思うものの、それなりに利用者は多い。一番のお得意さんはやはり地元の中高生のようだ。

この自転車専用道は七窪付近のみ自動車通行可能となり、生活道として活用されている。駅跡はなんの手がかりもなく、旧版地形図から公園付近かと推測するのみ。

七窪を過ぎたあたりから再度自動車通行禁止となり、今度は連続した下り勾配で終点湯野浜温泉を目指す。

この区間の直線路は日本海を見渡す、とても景観の良いところを通り(E参照)、絶好のサイクリングロードだ。
E
02年8月

F 湯野浜温泉(F参照)は既に駅舎もなく、跡地は地元の振興会館のビルとして再利用されている。
02年8月

 保存車両


 参考資料


 参考地形図

1/50000  鶴岡
1/25000  鶴岡 [S49測量]  湯野浜 [S49測量]

 
 お断り     連絡先     ページtop
公開2003-1/15 最終更新2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2003 pyoco3 All Rights Reserved.