宮城バス仙北鉄道線を訪ねて

廃止鉄道ノート東北  減速進行

 地区:宮城県登米市 区間:築館〜登米41.1km 軌間:762mm全線単線 動力:蒸気→内燃

国有鉄道の培養線を目的として仙北鉄道が設立され、東北本線瀬峰駅を基点に北西へ向かう築館線と東に向かう登米線が敷設された。築館線の開業は遅かったが、戦後の台風被害により登米線に先立って廃止されている。登米線も損傷を受けたが、なんとか復旧しその後しばらく小康を保った。
この登米には二つの呼び名がある。登米市の[とめ]と登米町の[とよま]だ。地元で正確に区別されているのか、外部の人間にとっては大変興味を惹かれるところ。また明治初期の短期間ではあるものの登米県が存在し、その県庁が設置されていた事実を知る人が果たしてどれだけいることだろう。県都に開業した鉄道となれば、世間の見方も少し変わるのかもしれない。


 略史
大正 10 (1921) - 7/ 5 仙北鉄道 開業
昭和 39 (1964) - 5/ 1 宮城バスに合同
43 (1968) - 3/ 25     仙北鉄道線 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと鉄道線を表示します


 廃線跡現況
A 平成の大合併により誕生した栗原市。市役所が設置された旧築館町の東外れに、築館線の終着駅築館(A参照)が設けられた。廃止後は税務署やミヤコーバスの営業所に利用されるが、駅舎跡にあった楓の木が保存され、その説明書きも添えられている。南北の市道が当時の駅前通で、信号交差点より南側は鉄道廃止後に延長されたもの。

西に向かう路線は道路に転換され、市道として利用される。県道29号線を越えるとやや北に向きを変え、国道4号線築館バイパスで突き当たって終了する。国道の先も生活道として続くが、すぐ宅地に変わる。ここは当時の掘割りを埋め戻して分譲されたもので、県営アパートなども建つ。
15年9月
住宅地を抜けると今度は東北道に分断されるが、その先は築堤(B参照)で大きく左にカーブしつつ下り勾配となって続く。築堤は今も当時の姿をとどめ、作業道として使われているのか、車の轍も残されている。

轍が途切れると徐々に荒れ地に変わり、そのまま荒川を渡り右岸の堤防として続いていく。橋梁跡は草に覆われ見つけ出すことはできず、堤防上も草が生い茂っている。
B
15年9月
C 県北道路との交差点付近からは路盤に沿って電柱が建ち並び始め、しばらく進むと一車線の舗装路として利用され始める。その先、新幹線の真下あたりに玉萩が設けられていたと思われるが、痕跡も消え位置の特定は難しい。

駅を過ぎると農道状の未舗装路となり、途中の水路に架かるコンクリート橋(C参照)はかなり丈夫な構造をしている。鉄道廃止後、バス専用路として使用するにあたり橋桁だけをコンクリートに変えた可能性が高い。
15年9月
南東に進む築館線跡は荒川の支流、照越川を越えると右カーブで向きを変え、二車線の市道に合流する。ここからの市道は鉄道用地を拡幅転用して建設されている。
列車交換可能な設備を持つ太沢(D参照)はその道路上に位置し、相対式ホームが道路両脇付近に設けられていたこと、駅舎は東側にあり今は民家が建つこと、蒸気時代は石炭の灰も落としたこと等の話を地元で聞いた。

ゆるやかな上り坂の続く道路を南に向かうと、やがて県道29号線に合流する。
D
15年9月
E この先には峠があり道路はやや急な坂道で越えるが、築館線はその西隣に葉ノ木山トンネルを掘削して抜けていた。放置された路盤上を進んでみたが、路面は底なし沼のように極端に状態が悪く、途中で断念せざるを得なかった。これは並行する県道改修時に、側溝の廃水を全て流し込むように工事したことが原因と考えられる。

南口も切通しに堰が設けられ貯水されているため、ルート上をたどることは不可能で、またトンネル上方からも藪に遮られてその存在を確認することは出来なかった。
切通しの法面はかなり崩れて、既に埋まっているのではないかとの話も聞いた。一時期バスの専用道路であったことが、にわかには信じがたい光景でもある。
15年9月
トンネルの先に小さなため池があるが、東岸のコンクリートが新生園のホーム跡(E参照)といわれている。

その少し先で県道の西に並んで未舗装路が姿を現わす。これが廃線跡で、目印となる電柱が路盤に沿って建ち並び、道路脇には「仙北鉄道築館線跡」の石柱も設けられている。左カーブを描くと県道からはやや離れ、鉄道時代の築堤上に一車線の舗装路がつながっていく。しばらく進むと農地に突き当たり、道路は一旦途切れる。
F
15年9月
G 当時の路線は区画整理された田圃の中にその姿を隠すが、一箇所だけ小川に架かる橋梁跡(F参照)が痕跡を見せている。

更に併走する県道と交差したのちは、一車線の舗装路に転換され再び姿を現わす。道路に接する瀬峰八幡神宮の参道北に藤里(G参照)が設けられ、駅位置を示す石柱も建つ。合併前の瀬峰町教育委員会の置きみやげだが、東日本大震災の影響かやや傾いているのは気掛かりなところ。
15年9月
鉄道跡らしい雰囲気を残した舗装路は南東方向に続き、そのまま東北本線をくぐる(H参照)

跨線橋の構造からJR側は当初単線で、後に複線となったことがよくわかる。ただ道路側の幅員は当時の狭いままで、車のすれ違いは不可能となっている。
H
15年9月
I 道なりに進むと南北に延びる二車線道路に合流し、JR駅の裏手に出る。ここが瀬峰(I参照)で築館線と登米線の接続点でもあった。機関庫や工場を備えた主要駅で、その広い構内は現在駐車場や住宅に利用されている。また駅跡を示す石柱も建てられているが、こちらもかなり傾き、いつ倒れてもおかしくないような状況となっている。

南に続く路線は登米線の名称となるが、今は生活道に転用され両脇には住宅が建ち並ぶ。少し進むと左カーブで南東に向きを変え県道1号線に合流する。ここからの県道は仙北鉄道の跡地を拡幅転用したもので、自動車にとっては走りやすい二車線道路となっている。
15年9月
県道上を道なりに進み、北東に方向を変えると沼崎下に着く。同名のバス停が設けられ、やや西の集落には既に閉鎖されているものの、当時の駅前商店と思われる仙北屋の屋号を持つ店舗建物が残されているのは面白い。

西郷(J参照)も道路上に位置し同じくバス停も設けられるが、こちらは待合室の横になぜかトイレがあるのが不思議。ただ県道は大きく拡幅され、駅位置の詳細な特定は難しい。
J
15年9月
K 次の高石(K参照)は県道脇に駐車場が広がり、西側に登米南商工会南方支所の建物が建つ。駅前広場は道路に変わっているが、この地区には不似合いなほど異様に広い。

駅の東で下り勾配と共に北東に向きを変え、やはり痕跡の残らない板倉を過ぎ、しばらく進むと佐沼市街地に入る。ここで登米線は一旦県道から東にはずれ、その跡地は公園等に変わりるためルートをトレースすることは困難となる。
15年9月
登米市役所も置かれるこの地区に設けられたのが佐沼(L参照)。市町村合併の前から当地域の中心地であり、仙北鉄道最大の主要駅でもあった。跡地は駐車場やJA等に利用され、残念ながら痕跡は見つけることが出来ない。

周囲は今でこそ建物も多いが、開業当初は市街地の西外縁にあたる場所で、東からの二本の市道がアクセス路の役割を担っていた。
L
15年9月
M 駅のやや南から線路跡を転用した舗装路が姿を現わし、西隣の用水路上につくられた緑地帯と共に北に延びていく。そのまま民家に突き当たり、さらに荒川を越えると東に向きを変え、県道36号線に合流する。ここからは鉄道跡地が再び県道用地に供されている。また市街地を分断する迫川も河川整備が終了し橋梁の痕跡は残存しない。

しばらく東に進んだのち県道200号線と交差するが、交差点の東に東佐沼(M参照)が設置されていた。北東角地に建つ建築事務所が駅跡と聞いた。
15年9月
県道がやや北に向きを変えると登米線は更に北に進路を向け、両者は分離する。ただ鉄道側はすぐ二車線道路に変わり、北東方向に一直線で続いていく。
直線路は終端部で道幅がやや狭くなると同時に、北部学校給食センターに突き当たって終了する。ここが石森(N参照)で当時からホーム上にあったとされる松の木が残る。

この先は区画整理の完了した農地内で大きく南東にその向きを変えるが、路線のトレースはもはや不可能となっている。
N
15年9月
O 農地を抜けると再び二車線道路に合流する。この道が国道346号線と交差する手前に上沼が位置した。駅跡は籠檀区会館のあたりで、交差点角の酒屋の北に駅舎があったとの情報もあるが、現地で確認を取ることは出来なかった。
駅を出てしばらく行くと二車線道路は右に急カーブを描き、鉄道側は直進しやや広めの生活道となる。ただその道もすぐに左に曲がって視界から消え、今度は区画整理された農地の中に飛び込む。

田圃の中を抜けた登米線は国道398号線とぶつかった後、再び一車線の生活道として姿を見せる。浅水(O参照)はこの交差点の南東角に設けられていた。
15年9月
生活道が緩く左にカーブし始めると突然自転車専用道に変わり、そのまま登米からのルートと合流して米谷(P参照)に到着する。向きを変えた駅舎が現存し、窓ガラスに描かれた喫茶の文字やコーラの看板が当時の雰囲気を醸し出している。構内は一部が空き地として残され、路盤に沿って電柱が立てられているのも面白い。

この駅でスイッチバックした列車は一旦同じルートを戻るが、その跡地は放置された空き地や民家の一部となっている。
ここに立つと、蒸気時代の列車の運行方法等にもまた新たな興味がわいてくる。
P
15年9月
Q 右手に蛇行する北上川が見えると同時に南にカーブを描き、西からの路線と分離する。こちらもやはり二車線道路に転換され、南南西に真っ直ぐ進路を取るその先の切り通し内にあったのが小島(Q参照)。「大関男前弥三郎生誕」の標柱が建ち、この向かい側が駅跡となる。せっかくなので仙北鉄道駅跡の標柱も兼ねてもらいたいものだ。また線路に沿って道路が並行していたとの話も聞いた。

駅の南で道路への転用は終了し、その先は区画整理された農地に取り込まれ痕跡は消える。
15年9月
しばらく路線のトレースは不能となるが、最近建設された三陸道と交差した後はそのルート上に再び舗装路が現われる。道路はすぐ二車線に広がり、最初の小さな交差点付近に設けられていたのが浅部。同名のバス停もあるが参考とした地形図には記載がなく、聞き取りも出来ないため場所の特定は出来なかった。

道路はそのまま南に続き、終点登米(R参照)に達する。終着駅でもありその構内は大きく広がり、ドラッグストアを中心として北側の民家付近から交差点南のJA施設までを占めていた。鉄道廃止後、駅舎がバスターミナルとして利用されていたが、現在ではそれも取り壊され駅跡の雰囲気は完全に消滅している。
R
15年9月
S 登米大橋から延びる東西の道路が駅前道路に相当し、当時は駅舎前の広場に突き当たって終了していた。

なお市役所の登米支所には仙北鉄道の線路、車輪、腕木式信号機等が展示され(S参照)、説明を添えてその存在を後世に伝えようとしている。
15年9月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  若柳 [S40資修]  志津川 [S26応修]  登米 [S26応修]  涌谷 [S4部修]
1/25000  佐沼  築館 [該当無]  米谷  登米  西野  高清水

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2015-10/8  無断転載禁止 Copyright (C) 2015 pyoco3 All Rights Reserved.