江名鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート東北  減速進行

 地区:福島県いわき市 区間:栄町〜江名 軌間:1067mm 動力:内燃

小名浜を経由して常磐線の泉まで通じていた磐城海岸軌道。漁港を抱える江名地区にとっては重要な交通手段だったが、会社側の都合により小名浜以東が部分廃止されてしまった。その後、磐城海岸軌道が小名浜臨港鉄道と社名を改め、道路併用であった軌道線を廃し専用路盤を持つ鉄道会社へと脱却する計画を期に地元で鉄道復活の機運が高まり、関係会社、地元自治体等の出資で再び江名の地に鉄道が復活された。
江名鉄道という独立した社名を持つ会社ではあるが、小名浜臨港鉄道の支線的性格の強い路線でもあり運行も同社に委託していた。また将来的は同社との合併も視野に入っていたが、開業後の業績不振により予期せぬ短命のまま廃止を迎えている。
なお小名浜臨港鉄道はその後、福島臨海鉄道と社名変更されている。


 略史

昭和 28 (1953) - 1/ 12 江名鉄道 開業
41 (1966) - 2/ 15   〃 休止
42 (1967) - 11/ 15   〃 廃止許可

 路線図


 廃線跡現況

A 始発の栄町(A参照)は市営小名浜魚市場の建物西側付近と考えられる。

始発といっても片側に簡素なホームを備えただけの停留所で、線路のつながる小名浜臨港鉄道と区別するための目印として設けられたような施設だった。下記参考資料に当時の写真が掲載されている。

確認は取れなかったが鉄道の跡地は平行する道路の拡幅に利用された模様。
04年8月
一旦南東方向の進んだ江名鉄道は、左カーブで東に向きを変える。その跡地は市道に転用され、そのまま第一小名浜トンネル(B参照)へと向う。


2つの道路用トンネルが並んで口を開け、上下車線で分離されている。ポータルがなんとも奇抜だが、港に出入りする船を形取ったものだと聞いた。
この北側の一本が元の鉄道トンネルを改築したもののようで、現在は小名浜港トンネルと呼ばれている。
B
04年8月
C その先に第二小名浜トンネルもあったが、こちらは廃線跡を利用した市道建設時に埋め戻し、もしくは切崩されてしまった可能性が高く、痕跡は発見できない。また、トンネル前後では当時の鉄道路線と市道のルートがやや異なっている。

トンネルを抜け緩やかな勾配を下ると水産高校前(C参照)。当時の水産高校は現在福島県立いわき海星高校へと変っている。

廃線跡は二車線の市道として再利用され、緩い左カーブを描きながら海岸線に出る。その海岸線に沿って北東方向へしばらく走ると、小名浜本町から東進してきた県道15号線と合流し併走をはじめる。鉄道が海寄り、道路が陸寄りだ。
04年8月
その昔、この県道上には磐城海岸軌道が敷設され、江名の南町まで運行していたが、江名鉄道開通以前に廃止となっている。

さて現在、鉄道跡地の大半は県道15号線の拡幅に利用され、次の永崎(D参照)へと続いていく。ここは島式ホームを持つ交換駅で海水浴場の玄関口でもあったが、晩年は無人駅となり、その機能を果すことは出来なかった。

当時の列車は海岸沿いを走行し車窓からの眺めも良好だったと思われるが、それがかえって災いし、昭和40年の台風の高波により護岸が決壊してしまった。残念なことだが、この災害は鉄道の廃止を決定する大きな要因となっている。
D
04年8月
E この地点で磐城海岸軌道が敷設されていた旧県道は既に山側へと分離し、江名鉄道の跡地が拡幅され新しい県道15号線として転用されている。


鉄道路線をトレースした県道は北東方向へ歩を進め、江名中学校の正門付近(E参照)で再び旧県道と合流した後、馬落前[もうじまえ](F参照)へと連続した上り勾配で駆上がっていく。
04年8月
当時の痕跡がないため駅跡の特定は困難だが、勾配区間に駅を設けることは難しいことから旧県道と別れる交差点付近の平坦地が有力候補だ。ただ、道路拡幅に際し勾配が手直しされたのであれば、もう少し西方であったとも考えられれる。


余談だが道路沿いには同名の馬落薬師も社を構え、古くからの伝説がありそうな興味ある地名だ。
F
04年8月
G 旧県道が海側へと分岐する信号交差点を過ぎ、鉄道跡を利用した県道15号線上を北に向うと当鉄道3番目のトンネル(G参照)に達する。

現在は中之作南トンネルと呼ばれるが、鉄道時代は第一中之作トンネルと命名されていた。
続いて第二中之作トンネルも設けられていたが、こちらは道路建設時に開削されている。
04年8月
連続したトンネルを抜けると中之作(H参照)。山間にあった駅で、南側からの取付け道路も急勾配でつながっている。

駅を過ぎると再びトンネルへ入る。こちらも他のトンネル同様、現在名と鉄道時代の呼称が異なり、当時は江名トンネルと呼ばれていた。
これが最後のトンネルとなるが、5キロ弱の路線にトンネルを5ヶ所も必要とした江名鉄道、その地形の険しさが建設費を押上げ、開業後の経営を圧迫したことは想像に難くない。
H
04年8月
I 江名トンネルを出て緩やかな左カーブを終えると、終点江名(I参照)に到着する。

安竜団地南入口北東角の民家は鉄道運行時からのものであり、この民家の東側電柱より先に駅があった。また民家の前および手前側にはヤードが広がっていたこと等、当時の話を地元の方から伺うことも出来た。

参考とした地形図には駅までの進入路の記載がなく、陸の孤島のように描かれているが、実際には荷を積んだトラックが乗入れることも可能だったようだ。
04年8月

この鉄道は全線がほぼ道路に転用されたため、最後まで当時の遺構を見つけ出すことは出来なかった。残念といえば残念だが道路に形を変えて活躍している姿も、それはそれで良しとして喜ぶべきなのだろう。


 参考資料


 参考地形図

1/50000  小名浜 [S37資修]
1/25000  小名浜

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-10/14更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2010 pyoco3 All Rights Reserved.