熊延鉄道を訪ねて


廃止鉄道ノート九州・沖縄  減速進行

 地区:熊本県熊本市 区間:南熊本〜砥用 軌間:1067mm 動力:蒸気・内燃

熊延と書いて「ゆうえん」と読む。社名も難しいが更にこの由来も難しい、熊は熊本の熊だがさて延とはどこなのか・・・。種を明かせば宮崎県延岡市のことだが、この鉄道沿線に九州を横断して延岡まで線路をつなぐと考えていた人が果してどれだけいたことか。実際には当面の目的地である矢部町にすら到達することが出来ず、熊本市の郊外鉄道としてその使命を全うした。鉄道なき後はバス事業を主体とした熊本バスとして発展を続けている。
廃止時期が昭和の中頃だったこともあり、この鉄道の現役時代を知る人は多く、まだまだ聞取り調査は各所で可能だ。自転車道への転換もなく鉄道の遺跡、痕跡は豊富で、市街地での跡地消滅、郊外での生活道転用、山間部での自然荒廃など廃線跡探索の醍醐味がすべて味わえるといってもよい。まさにおすすめの一級廃線跡だ。


 略史

大正 4 (1915) - 4/ 6 御船鉄道 開業
昭和 2 (1927) - 1/ 熊延鉄道に社名変更
39 (1964) -  3/ 31    〃 当日を以て廃止

 路線図


 廃線跡現況

A 05年3月
開業当初は春竹と称した南熊本(A参照)を出発した線路跡は、左に急カーブを描きJR豊肥本線と分れる。

JR線と平行する側道の踏切跡が、今も小さくクランク状となって残る。

カーブで向きを変えた後は県道104号線に沿っての南下となるが、ファストフード店、マンション等に変り痕跡は消えている。
土地の境界線すら消えた地を抜け数百メートル程進むと、次は舗装された狭い一車線の生活道として再利用されはじめる(B参照)
この道はマンション等で一時的に途切れ、またクランク状となることもあるが、線路跡に沿ってそれとなく続いていく。
道幅は狭く鉄道跡地をそのまま利用したとも思えないが、雰囲気は十分楽しむことが出来る。

託麻中学の脇を抜け、さらに田迎小学校の脇を通過。この小学校の敷地が熊延鉄道跡に食込んでいることを確認することもできる。
B 05年3月
C 05年3月
田迎駅跡(C参照)は下記参考地形図から判断して国道57号線に半分飲込まれてしまった様子。国道北の民家が駅跡に一番近いと思われるが痕跡は無い。

国道を越えると再び一車線の舗装路となる。しばらく行くと工場に行く手を阻まれが、工場横に狭い道が続く。車の通行は不能で廃線跡としてもあまりにも幅員が狭すぎる。工場脇を過ぎるとさらに自動車通行可能な舗装路として続いていくが、県道104号と平行する手前でこの舗装路は姿を消す。

廃線跡道路も含めて付近の路地には中央に側溝?のある道が多いが、これは他地域ではあまり例が無く、鉄道跡と断定する判断力を鈍らせてくれる。
一旦県道に接近した熊延鉄道はそのまま道路と並走していた様で、道路沿いに建つスーパー「サンフーズ田迎店」の入居するマンションビルが線路跡に合致する(D参照)。この付近に良町駅があったはずだが下記参考地形図には記載が無いため確認はとれなかった。

スーパーを過ぎると県道から離れ再び生活道として再利用されはじめる。しばらくは建売住宅様の団地の中を走り、その先は市街地から郊外への転換点で農地の中に未舗装のあぜ道として続いていく。この中に用水路を渡る橋台(E参照)が今も残り、写真でもわかるとおり鉄道の橋台はそのままに、新たに側溝のフタといった感じの橋が造られている。
D 05年3月
E 05年3月
このあぜ道はその先の田迎公園の裏を流れる小川沿いに延び、公園の端で一旦終了となる。その後は住宅団地となり、敷地内に線路跡に重なるとおぼしき道も延びるが、これは当時の線路をトレースしたものではなさそう。造成時に新たに区画を区切ったものだろう。
この住宅地を抜けると隣り合せの土地も大規模な土地整備中で当時の痕跡などはまったく消え失せているが、熊延鉄道はほぼ直線で国道266号沿いに建つ悠愛病院に向って延びていた様だ。
廃線跡はこの病院付近で小さく右に曲り国道に吸収される、というか、ここからは鉄道跡地が国道に転用されていると云った方が正しい。ただこの道路、片側2車線の広い道路で、残念ながら当時の痕跡を探し出すことはほぼ不可能となってしまっている。
国道上をしばらく進むと小さな川を越すが、この付近が中の瀬駅跡。今では場所の特定も難しいが、餃子の看板のある食品会社付近またはその前後付近と推測する。次いで島原湾に注ぎ込む緑川支流の加瀬川を中の瀬橋で渡ることとなるが、鉄道在りし頃と比較すると河川改修で堤防は補強され、かさ上げも実施されている。

この堤防上から中の瀬橋の下を覗くと、なんと鉄道橋脚の基礎部分(F参照)がH型の鋼材をむき出したまま水面からぽつんと顔を出している。ここから判断すると熊延鉄道は現国道のほぼ真ん中あたりを走っていたことになる。ちなみにこの道路橋には63年3月竣工の銘板が付いている。
F 05年3月
G 05年3月
鉄道跡を利用した国道は途中で266号線から445号線へと数字を変え、更に南東へと向い、次の駅跡も今では国道にかき消されている。


駅位置は旧道と斜めに交わる交差点付近で、国道の南沿いにたばこ屋があり、これが当時の駅前商店と考えられる。
廃線跡は駅のすこし先で国道から北に離れ(G参照)、未舗装路として農地の中を進んでいく。この道路がやがて舗装路に合流する地点に、当時の鉄橋(H参照)がそのままで残されている。
都市近郊でも橋脚、橋台は比較的よく残っているが橋桁まで残っているのは大変珍しく、貴重な存在だ。場所としては国道沿いの山地外科の裏手あたりに相当する。


ここから舗装路に変った跡地を進むと、突当りの小川の中に橋脚の基礎部分(I参照)が顔を出し、その先は民家の中へと連なっている。
H 05年3月
I 05年3月
民家を抜けると上島駅跡に到着、当時の写真によると駅跡に建つ2階建ての白いビルの裏あたりにかなり広い構内を持っていたことがわかるが、残念ながら民家に取込まれ痕跡の調査は出来なかった。その先はしばらく線路跡に絡んできた小川脇のあぜ道として続き、次いで国道445号に吸収されてしまう。この国道には側道が整備されているためこれが線路跡と捉えることも出来るし、また道路建設と共に側道も新たに造られたと考えることも出来る。このあたりの詳細な部分は地元の人の記憶もあやふやとなってしまっている。ただ国道の南を流れる御船川も河川改修で堤防位置が変り、それに沿って国道が建設されており、熊延鉄道跡はこの両者に区別無く取込まれたと考えるのが自然のようだ。


六嘉駅は熊本市街地から延びる主要道が国道とT字に交わる交差点付近。この交差点に向って延びる斜めの農道も旧版地形図に記載されているが、駅位置の確定は出来ない。
続いて九州自動車道の御船ICに突き当る。
小坂村(J参照)は国道445号の脇、地元の人が「汽車道」と呼ぶ生活道として分れるあたりにあった。汽車道は舗装され一車線ながら自動車通行も可能。現在国道はこの地点から右に曲るが、将来的には汽車道に沿った新たなバイパスが計画されている様だ。

汽車道をすこし進むと嘉島から来る道路と合流する。この道路はセンターラインの引かれた2車線道路で、線路跡探索はこの後しばらくこの道路上をたどることとなる。地元ではこの道も含めて「汽車道」と呼ばれている。
J 05年3月
K 05年3月
御船駅跡(K参照)もこの「汽車道」上でヤマハ音楽教室付近、道路を挟んだ反対側に散髪屋があるがこれは当時からの駅前商店と推測される。
街路灯には城山通との案内板が付けられているが、この通りの正式名称なのだろう。さらに汽車道は続き数百メートル先で国道443号と交差する。

旧版地形図から読みとると辺田見駅はこの交差点南付近からくどう動物病院までの間にあったはずだが、痕跡もなく詳細な位置は確認がとれなかった。
その南、御船川を渡る御船川橋梁付近で再び国道443号線に合流することとなり、ここで汽車道は消滅する。鉄道橋は妙見橋と命名された道路橋に置き換わり、痕跡は見つけられない。
橋に続く妙見トンネル(L参照)は鉄道時代のものが拡張され、国道トンネルとして活用されている。
トンネルを抜け緩やかな勾配を下り、アクセスケーブル工場前を過ぎると、熊延鉄道はその進路を一旦国道上から北に外す。早川簡易郵便局付近で再び国道に合流するが、この区間は区画が整理され痕跡は残らない。
並行する国道の北側には広めの歩道が走り、これがまさに鉄道跡を思わせる様相を示すため勘違いし易い。
その国道に面するコンビニから郵便局の裏手あたりにかけてが下早川駅跡と考えられる。
L 05年3月
M 05年3月
郵便局付近で国道に合流した線路跡はそのまま南東方向に進み、数百メートル先の地点で再び国道から左へとゆっくり逸れていく。その後一旦区画整理された田圃の中へ消えるが、数百メートルで再び一車線の舗装された生活道として姿を現す。

次の浅井(M参照)はこの生活道路上で建設会社の倉庫付近、敷地角に駅跡の標柱が立てられている。短い駅前通もあり入口角に酒屋が店を構えるが、これが当時の駅前商店だろう。
浅井を過ぎ甲佐中学校の横を過ぎるあたりから廃線跡はセンターラインの引かれた二車線道路に変るが、近くに整備された国道が平行するためか交通量は極めて少ない。
やがて甲佐市街に差掛かる1〜2キロほど手前から県道152号線の標識が立ちはじめる。市街地入口で最初に甲佐高校にぶつかり、鉄道跡は校内へと延び、道路は敷地脇へと別れる。甲佐高校内の線路跡地には体育館等が建設され、その後南門へとつながり、更に南門を抜けた鉄道跡はそのまま西から近づいてきた国道443号と合流する。

この後すぐ右手に熊本バスの車庫を見つけることが出来るが、ここが一時的に終着駅でもあった甲佐駅跡(N参照)で、この車庫の南側に隣接する道路が鉄道在りし頃の駅前通。この通を挟んだ車庫の反対角に駅舎があったが今は民家に変っている。
N 05年3月
O 05年3月
バス車庫裏の運送屋さんに話を伺うことが出来たが、昔はたばこ屋だったが今は商売替えしたこと、当時はうどん屋などもありにぎやかだったこと、駅構内はかなり広く現国道の両脇に大きく広がり、長いホームが現バス車庫の対面にあったこと、等々の説明を頂いた。
車庫の北側に浅井駅と同様の案内標柱も立つ。

次駅は南甲佐だが下記参考地形図に記載が無く位置の特定は難しい。駅付近で国道から右に別れ工場敷地内に入り込む。
工場裏に大井手川を越える橋台の一部、また対岸にも橋台(O参照)が残るがこちらは民家に取込まれ、橋台を巧く利用したブロック塀が建てられている。
続いて本流となる緑川を越えることになるが、河川整備の影響からかこちらには橋台橋脚等がまったく見あたらない。
直接関係ないことだが平行する国道橋は現在掛替え中で、まもなく完成となりそうだ。
緑川の右岸から対岸を眺めるとかなり遠くに小さな集落が見え、その左端に緑川橋梁から続いていた築堤跡(P参照)を望むことが出来る。

集落に達するまでの大きなS字カーブ状の築堤はすべて削られ、区画も変り、今では田圃の中に消えている。
P 05年3月
Q 05年3月
鉄道跡はこの集落脇を上り勾配の築堤で抜けると、かなり高い位置で地区の生活道と交差する。集落側は藪で踏み入ることは出来ないが、反対側はあぜ道として自動車が通った跡が認められる(Q参照)。農道として利用されているのだろう。今回は残念ながら先へ踏込んでの調査は出来なかった。


築堤はその先で国道443号と交差することとなるが、手前付近の線路跡も今ひとつはっきりしない。特に開発されたわけでもなく、自然に帰っている状態で線路跡の特定をが困難としている。
国道との交差付近は跡地が生活道として利用されている。しばらく舗装路で続くが集落を抜けると生活道と別れ未舗装となり、津留川に沿って延びていく。
ここまで来ると徐々に林道の様相を帯び、変化に富んだ路線への期待がふくらんでくる。この道は自動車通行可能だが今回は道路工事のため途中で通行止となっていた。
途中に落石よけの六角トンネル(R参照)を発見するが、断面がなんともユニークでおもわず唸ってしまう。貴重な存在だ。このトンネルは津留川対岸の旧道からも望むことが出来る。


津留川右岸の山沿いを進む熊延鉄道跡は、佐俣阿蘇神社付近で左岸へと渡る。この役目を果したのが第一津留川橋梁(S参照)だが、神社境内より望むと橋脚の一部がほんのすこしだけ顔をのぞかせている。
R 05年3月
S 05年3月
鉄道現役当時はほぼすべての橋桁が見渡せていたはずだが、その後生育した樹木によって現在は視界がかなり遮られてしまったようだ。



現国道と旧道との合流地点付近から津留川に下ると、この第一橋梁跡を目の当りにすることができる。丸い巨大な橋脚が当時のままきれいな形でそびえ、橋台も同時に残されている。
橋梁から東に続く築堤(T参照)もその姿を残し梅の木なども植えられきれいに咲いているが、残念ながら立入り禁止。この築堤はそのまま一見、建設会社の資材置場風の空地に連なるが、ここは天然温泉「佐俣の湯」敷地だ。さらに続いて商店の中を抜け、その後は国道218号の北を並走する。


佐俣駅は国道218号より未舗装の取付け道路を斜めに十数メートル入った場所にあり、今でも大きな空地を残している。取付け道路の脇に駅舎があり左手に農協倉庫があったが、この倉庫(U参照)は今も現存する。
T 05年3月
U 05年3月
ホーム跡でもないかと探してみたが確実な痕跡は見つからない。地元の人の記憶によれば石灰工場も近くにあり引込線も敷設されていたそうだが、これはどうも構内の一部となっていたようだ。

取付け道路の入口は「佐俣の湯前」バス停付近に位置するが、バス停そのものがすこし広がっているため駅跡と間違いやすいので注意が必要。

駅跡を過ぎ熊延鉄道跡と並走する国道218号から右に分れて旧道に入ると、そこは馬門橋。昭和11年建造で現在は自動車通行止だが、この西隣に鉄道の橋脚跡を発見することが出来る。これが第二都留川橋梁(V参照)
・・・余談だが旧日向街道にも同名の石橋、馬門橋がありこちらも一見の価値はある。また佐俣や砥用にも各所に石橋があり、当地を訪れるならこれらの石橋も是非立寄ってみたいもの。砥用のホームページにも案内がある・・・

この橋梁への線路跡は縫製工場から続いているが、その手前は国道を越えて採石工場の敷地となっている。橋梁跡は前後の土地との高さの違いが際だち、なぜか整合性がとれない、橋梁のレール面が極端に低いのだ。だからといって前後にトンネルがあったわけでもなく、不思議に思って調べると前後の土地は埋立てによって造成されたことが判明する。なぜこんな場所で埋立てが必要かと思う様な所だが、現実に縫製工場も埋立て地に造られている。
V 05年3月
W 05年3月
下記参考地形図から読みとると、旧国道と熊延鉄道は立体交差していた。旧道が上で鉄道が下を通っていたことになり踏切があったわけではない。交差付近の現状を観察すると道路側がかなり削りとられている様にも見受けられる。

津留川はこの先おおきく蛇行するため、川に沿って建設された熊延鉄道もこれにあわせて数度川を横切る。続く第三津留川橋梁も旧道沿いにあり砥用西部農免農道上からでも、下に降りて間近で見ることも出来る。

第四津留川橋梁は旧道からすこし入って下をのぞくと橋脚を発見できるし、第五津留川橋梁(W参照)もすこし歩けば発見できる。この第四第五橋梁は津留川対岸からも覗くことが出来るのかもしれないが、現在圃場整備中で立入ることが出来ないため確認はとれなかった。
また第一から第五までは同形状の橋梁であった様で、すべてに円柱型の橋脚が残っている。
第五津留川橋梁からは砥用方面に築堤が続き、民地として各種の利用方法で現存している。途中に墓地もあるがこれなどは変った利用法のひとつだ。


この築堤の先にある釈迦院(X参照)の線路跡は空地、駅跡は民家として残る。
X 05年3月
Y 05年3月
南甲佐から続いた険しい地形もこのあたり迄来るとかなり穏やかになるが、駅の先は跡地が自動車通行可能な一車線舗装道路として提供され、道路沿いにアーチ石橋(Y参照)などもあり目を楽しませてくれる。
第六津留川橋梁(Z参照)はガーダー橋でそっくり自動車道に転用され、現在もその姿をとどめながら地区の人に活用されている。
橋名は下永富橋と変り竣工は昭和56年3月となっているが、これは道路橋としての供用日と思われる。


橋を渡り、集合住宅の前を横切り、また道路に高低差があったりもするが、道なりにしばらく進むと「ふれあいプラザ」にぶつかる。
Z 05年3月
AA 05年3月
ここが熊延鉄道の終点砥用(AA参照)。旧道からは永富バス停を南にすこし入った所にあたり、この駅前通の左右には今も商店が営業中。
写真右「熊本自動車学校連絡所」の看板が掛る木造の建物は当時の駅舎で、流石に年季が入っていて壁などに一部はがれ落ちた個所が認められるが、貴重な建物だけに今後の存続が心配される。

当時の駅構内はこの駅舎の南側に大きく広がっており、ふれあいプラザやその横につながる工場もその一部だった。また大きな製材所もあり、当然ながら貨物運搬に供する引込線もあったことは容易に想像できる。


熊延の延・・・つまり延岡のことだが、この砥用に立って線路の行く先を見つめると、延岡は手の届かないまさに遙か彼方の地に思えてくる。


 参考資料


 参考地形図

1/50000  熊本 [S26応修]    御船 [S26応修]    砥用 [S29応修]
1/25000  熊本 [S32三修]  宇土 [S32資修]  御船 [S34資修] 甲佐 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2005 pyoco3 All Rights Reserved.