山鹿温泉鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート九州・沖縄  減速進行

 地区:熊本県山鹿市 区間:植木〜山鹿 軌間:1067mm 動力:蒸気→内燃併用

九州肥筑鉄道を誘致した南関地区同様、国鉄鹿児島線から取り残された山鹿地区。温泉地復活の思いは強く、地元資本により鉄道が建設された。
ただ国鉄線との接続部が災害に弱く、水害による築堤の崩壊が数次に亘り、これが原因で休止そして廃止に追込まれてしまった。


 路線図  略史

大正 5 (1916) - 12/ 10 鹿本鉄道 設立
6 (1917) - 12/ 22   〃 開業
昭和 27 (1952) - 6/ 4 山鹿温泉鉄道に社名変更
35 (1960) - 12/ 1    〃 休止
40 (1965) - 2/ 4    〃 廃止
* 地図上にマウスポインターを置くと山鹿温泉鉄道を表示

 廃線跡現況
A JRの植木(A参照)は電化に際して改良され、共同使用していた山鹿温泉鉄道の面影は発見できない。当時は鹿児島本線の北側に平行するホームから出発し、直通運転も実施されていた。

駅の東から廃線跡を利用した「ゆうかファミリーロード」と呼ばれる自転車専用道が延び、山鹿まで続く。ゆうかは熊本の熊、山鹿の鹿を合わせた熊鹿から命名されている。
02年6月
北上する当線と共に南下するJRの旧線も同様の自転車道となり、両者の接続点には、休憩所を兼ねた公園(B参照)がつくられている。 B
02年6月
C 左カーブで北に向いた路線は築堤(C参照)で一気に高度を上げ、植木町の市街を目指すが、この築堤が崩落を繰り返し、鉄道廃止の最大の要因となった。

築堤の先は短いトンネルに入るが、既に埋め戻されているため、自転車道には勾配のきつい迂回ルートが設定されている。
02年6月
植木町(D参照)には長く駅舎が残されていたが、今は跡地が整地され新興の住宅が数軒建ち並ぶ。
駅構内に沿って、自転車道も若干屈曲する。
D
02年6月
E 駅の先から連続した長い下り坂が始まり、両側を竹林で囲まれたやや寂しい区間(E参照)も通過する。
18年4月
一ツ木(F参照)は駅のあったことすら判然としない。現在は近くに団地が造成されたが、当時は周囲に集落のない孤立した駅だった。

次の今古閑も痕跡はなく、位置の特定は難しい。
F
02年6月
G 山本橋(G参照)付近は山裾に沿って走り、県道3号線との交差部にあった駅跡は休憩所兼用の公園に変っている。

さらに豊田川に沿って北上し、九州道をくぐると今藤で、それらしき広がりが見られるものの、旧版地形図ではその東側に駅が記されている。
02年6月
自転車道は徐々に向きを東に変え、国道3号線との交差点東方には肥後豊田(H参照)が設けられていた。駅跡では当時のホーム跡を今も確認することができる。

その後しばらく県道53号線と並走したのち、植木北中学校付近で南から北へとその位置を変える。県道沿いの舟島は聞取り調査がままならず、場所の特定はあきらめた。
H
02年6月
I 続く伊知坊は公民館に利用されているが痕跡はない。

平島温泉(I参照)は休憩所併設の公園となり、駅跡の判別は容易。一部ホーム跡も残されている。駅のやや東、合志川沿いに温泉宿が建ち並び、以前は駅名と同じ平島温泉を名乗っていたが、町村合併によるものか今は植木温泉と名称を変えている。
02年6月
山城を過ぎさらに北上を続けると、宮原(J参照)に到着する。

貨物側線などを備えた広い構内の面影はうかがえず、駅跡を示す標識もすでに撤去されてしまった。ただ自転車道沿いにはホーム跡らしき石垣も見受けられる。
J
02年6月
K 次の奥永も痕跡はなく、そのまま道なりに進むと、やがて菊池川にぶつかる。川を越えるための築堤上に分田(K参照)が置かれ、地上の駅舎とは階段で結ばれていた。
その跡地は休憩所となるが、さらに南側に休憩所が二箇所連続するという、なんとも理解に苦しむ配置となっている。

なお菊池川橋梁は自転車専用橋へ架け替えられ、鉄道時代に使用されたトラス橋は「水辺プラザかもと」に保存されている。
02年6月
来民(L参照)はこの鉄道の主要駅であり、大きな構内を有し利用客も多かった。その広い跡地を利用し、今は録田団地と称する公営の住宅地に再利用されている。 L
02年6月
M 徐々に西へと向きを変えた路線は、付近に民家のない白石、更に県道301号線との交差部にあった肥後大道を過ぎた後、その県道と並走し、終点山鹿(M参照)に到着する。

当時の駅舎、ホームを残したまま長く自動車教習所として運営されていたが、現在は閉校されて住宅地に変わり、終着駅の雰囲気はどこにも残されていない。
02年6月
正面に飾られていたSLのモニュメント(N参照)も消えたため、入口横の二階建ビルと牛乳販売店により、かろうじて駅跡を特定することが出来るといった状況に変わってしまった。

なお軌を一にしてきた「ゆうかファミリーロード」は、市街地の西はずれにある鍋田橋まで続いて終了する。
N
02年6月

 保存
O 菊池川橋梁で使用されたトラス橋(O参照)が「水辺プラザかもと」に展示保存されている。

九州鉄道から譲受したもので、九州最古の鉄道トラス橋として歴史的な価値が高い。
02年6月

 参考資料
  1. 鉄道ピクトリアル通巻557号/山鹿温泉鉄道の廃線跡を歩く/中村良成著
  2. RM LIBRARY57/山鹿温泉鉄道/田尻弘行 著/ネコ・パブリッシング・・・沿革と現役時代の紹介

 参考地形図
1/50000  玉名(高瀬) [S26応修]  山鹿 [S26応修]
1/25000  植木 [S32三修]  来民 [該当無]  山鹿 [該当無]

 
 お断り&連絡先     ページtop
最終更新2018-5/14   無断転載禁止 Copyright (C) 2007 pyoco3 All Rights Reserved.