山鹿温泉鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート九州・沖縄  減速進行

 地区:熊本県山鹿市 区間:植木〜山鹿 軌間:1067mm 動力:蒸気→内燃併用

九州肥筑鉄道を誘致した南関地区同様、国鉄鹿児島線から取り残された山鹿地区。温泉地復活の思いは強く、地元資本により鉄道が建設された。
ただ国鉄線との接続部が災害に弱く、水害による築堤の崩壊が数次に亘り、これが原因で休止そして廃止に追込まれてしまった。


 路線図  略史

大正 5 (1916) - 12/ 10 鹿本鉄道 設立
6 (1917) - 12/ 22   〃 開業
昭和 27 (1952) - 6/ 4 山鹿温泉鉄道に社名変更
35 (1960) - 12/ 1    〃 休止
40 (1965) - 2/ 4    〃 廃止
* 地図上にマウスポインターを置くと山鹿温泉鉄道を表示

 廃線跡現況

A JRの植木駅(A参照)は電化に際して改良され、共同使用していた山鹿温泉鉄道の面影は発見できない。


当時は鹿児島本線の北側に平行するホームから出発し、直通運転も実施されていた。
02年6月
駅の東から廃線跡を利用した「ゆうかファミリーロード」と呼ばれる自転車専用道が延び、終点の山鹿まで続く。

自転車道には休憩所を兼ねた公園(B参照)がつくられているが、北上する山鹿温泉鉄道跡と共に南下するJRの旧線も同様の自転車道となり、この公園は両者の接続点に位置する。

北に向いた山鹿温泉鉄道は築堤で高度を上げ植木町の市街を目指すが、この築堤が崩落を繰り返し鉄道廃止の最大の要因となった。
B
02年6月
C その築堤を抜けると(C参照)短いトンネルにはいるが、入口はすでに両端とも閉鎖されている。
写真はトンネル南口上部から自転車道を写したもの。


北側出口付近は団地への進入路となり、見る影もなくなっている。


この間自転車道は大きく迂回するルートを取る。
02年6月
植木町(D参照)には当時の駅舎と思われる建物が現存するが、塀で囲われ確認することは出来ない。

ここには交差する国道208号線よりの取付道路が残る。
D
02年6月
E 一ツ木(E参照)は駅のあったことすら判然としない。現在は近くに団地が造成されたか、当時は民家のない地域だったようだ。


鉄道跡を利用した自転車道には県道330号線の標識が建つが、このような標識は珍しい。県の所有であることをアピールしているのだろうか。

その先今古閑も判然としない。
02年6月
山本橋付近は山裾に沿って走り、県道3号線との交差点にあった駅跡(F参照)はやはり休憩所兼用の公園に変った。


豊田川に沿って北上し、九州道を越えると今藤
駅跡はそれらしき広場がありその東側が駅跡とおもわれるが、参考とした旧版地形図との整合性が取れず位置の特定は出来なかった。
F
02年6月
G 徐々に向きを東に変え国道3号線と交差すると肥後豊田(G参照)で、当時のホーム跡が残るが立ち入りが難しくなっている。
そのうち自然消滅しそうな雰囲気だ。

廃線跡を利用した自転車道はこの後しばらく県道53号線と並走し、植木北中学校付近で南から北へとその位置を変える。

この並走区画に舟島伊知坊と続けて設けらていたが、聞取り調査が出来ず正確な場所の確認は取れなかった。
02年6月
平島温泉(H参照)は小公園となり駅跡の判別は容易。

駅からやや東に離れるが菊池川の支流、合志川を渡ると温泉宿が数件固まって居を構える。当時はその名の通り平島温泉を名乗っていたが、町村合併により今は植木温泉と名称を変えている。

このあたりの自転車道は自動車通行可の部分があるようで注意が必要だ。
H
02年6月
I さらに北上し山城を過ぎ、宮原(I参照)に到着する。ここには駅跡を示す標識がぶら下がり、ホーム跡らしきものも残る。構内は広く貨物用の側線なども配置されていた。

廃止後、一時期保存されていた菊池川橋梁で使用されたトラスは既に撤去され、近くの「水辺プラザかもと」に移設されている。
このトラス、九州鉄道で使用させていたものを山鹿温泉鉄道が譲受したもので歴史的にも価値のあるもの。一見することをおすすめする。
02年6月
奥永集落脇の奥永を過ぎ、菊池川を越えるための築堤を駆上がると分田(J参照)。菊池川の左岸に位置した。

駅跡の案内標識もあるが、これは駅舎跡を示したものだろう。
ホームは築堤上に位置し、改札口とはかなりの高低差があったことが想像できる。

その先、上に記した菊池川橋梁も掛け替えられ、今は遊歩道として地元の人に親しまれている。
J
02年6月
K 来民(K参照)は利用客も多く、この鉄道の主要駅であった。

駅跡は録田団地と称する宅地に変り、一部には空地も残る。「駅通り」と呼ばれる地名がいまだに残り、鉄道のあったことを伝えている。

山鹿温泉鉄道はこの前後で左カーブを描き、西に向きを変える。
02年6月
付近に民家のない肥後白石、そして県道301号線との交差部にあった肥後大道を過ぎ、その県道と並走し目的地山鹿(L参照)へと到着する。


駅跡は自動車教習所となり、当時のホームなどもそのまま残る。
日曜は教科が休みなのか、教習生の姿は見えずゆっくり写真を取らせて頂くことが出来た。都市部では考えられないのんびりした風情だ。
L
02年6月
M 教習所の表玄関に廻ると鉄道を記念するモニュメント(M参照)がそびえ、鉄道への思いがいまだ強いことがうかがえる。


なお探索を共にした「ゆうかファミリーロード」は、この先鍋田にある山鹿サイクリングターミナルまで続いて終る。
02年6月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  玉名(高瀬) [S26応修]  山鹿 [S26応修]
1/25000  植木 [S32三修]  来民 [該当無]  山鹿 [該当無]

 保存


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2014-10/14   無断転載禁止 Copyright (C) 2007 pyoco3 All Rights Reserved.