雲仙鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート九州  減速進行

 地区:長崎県雲仙市 区間:愛野村〜雲仙小浜17.4km 軌間:1067mm単線 動力:蒸気・内燃

雲仙や小浜温泉への観光客誘致を目的に、ふたつの鉄道会社がそれぞれの路線を開業した。しかし計画時の思惑通りに事は運ばず、両社は合併して経営にあたったが、長崎から雲仙への直通バス運行等も影響し、短期間で終焉を迎えてしまった。


 略史
大正 12 (1923) - 5/ 5 温泉軽便鉄道(愛野村〜千々石) 開業
13 (1924) - 5/ 31 温泉鉄道に改称
昭和 2 (1927) - 3/ 10 小浜鉄道(千々石〜雲仙小浜) 開業
8 (1933) - 6/ 15 雲仙鉄道に改称
10/ 2     温泉鉄道を合併
13 (1938) - 8/ 16    廃止

 路線図
* 地図上にマウスポインターを置くと雲仙鉄道を表示

 廃線跡現況
A 島原鉄道との接続駅、愛野村(A参照)には駅名標を模した石造りの案内板が設けられている。制作費も高そうだが耐久性も高そうで、鉄道の歴史をしっかり後世に伝えてくれるものと期待される。

現駅の南側に乗り入れていた跡地は通路等に利用され、痕跡を見つけ出すことは難しい。なお現在の駅名は愛野に変更されている。
17年5月
西に向かう路線はすぐ島原鉄道と別れ、左カーブで市街地の中を抜ける。農協施設やパチンコ店、更に数軒の民家を越えた先の用水路に、当時の橋台(B参照)を見つけることができる。両岸とも石積みで、桁を結合したアンカーボルトも残されている。

ここからは区画整理された農地に飛び込み、ルートを直接たどることは不可能となる。
B
17年5月
C しばらく進むと生活道路と交差し、その先は有明川右岸の民家や倉庫の中を進む。以前は、民家庭先に道床とバラストが残っていたとの話も聞いた。

更に右カーブで西に向きを変え始め、二車線の市道と交差したのちは再び農地内に飲み込まれる。交差部西方の市道沿いには愛津の駅名標(C参照)が立てられ、その存在を伝えている。この路線は全ての駅跡に同様の案内があるため、場所の特定が容易なのはありがたい。ただし当駅が設置されていたのは道路の50m程南で、跡地は取り付け道路を含めて農地に再利用され、鉄道の雰囲気は完全に消えている。
17年5月
駅を出ると山腹に向かって上り築堤で進むが、その築堤も撤去され、跡地を特定するものは何も残されていない。

そのまま左カーブで南に向きを変え、平行する市道に一旦合流するもののすぐに分離し、ここからの線路跡は歩行者専用道(D参照)に転換される。
D
17年5月
E 分岐点の小川に架かる歩行者橋は、当時の石積み橋台(E参照)を再利用し、更にもう一箇所、同様の橋梁が続く。

ゆるやかな上り坂の道路は歩行者専用であったり、一部区間では自動車通行可能となったりしつつ、市道の東奥を南下する。
17年5月
登り勾配を過ぎ、大きく左に曲がると国道251号線に合流する。ここからの国道は、鉄道路盤を拡幅転用して建設されている。
合流点の少し先に水晶観音が設けられ、駅名標は道路沿いに立てられている。なお水晶観音は寺社名ではなく、近くの補陀林寺に安置された観音像名を指している。

駅を後にし、東に向きを変えた国道上を進むと、下り坂の終了地点で一車線道路(F参照)が右に分岐する。この道が雲仙鉄道の線路跡で、今は生活道として利用されている。
F
17年5月
G 道路はやがて民家に突き当たり、しばらくは住宅地の中に消える。この一画にが位置し、駅名標は南側の迂回路に置かれている。

駅の先は海岸沿いの舗装路(G参照)となり、右手に橘湾を望みながら東進する。北側に山が迫る崖っぷちの危ない箇所を走るため、沿線に集落はなく、当然駅もない。
路面はやや荒れたコンクリート舗装で、国道が平行するためか通行車両も少ない。
17年5月
道路上を道なりに進み、少し右に曲がると北から国道57号線が近づき、塩屋バス停付近で合流する。ここからの国道はやはり線路跡を利用して造られ、旧島原街道が海側を並走する。

温泉軽便鉄道と小浜鉄道の接続駅千々石(H参照)は市街地の北に位置し、現在は千々石海水浴場前バス停が設置されている。
H
17年5月
I 南東に向かう路線はやがて国道から右に別れ、県道201号線に変わる。その後右カーブで向きを南に変えると、道路脇にホーム跡が現われる。ここが上千々石(I参照)の駅跡となる。

市街地を抜けると入り江を見下ろす眺めのよい場所を走り、次第に上り勾配で山あいに入っていく。ここは命綱を頼りに測量したと言われる程急峻な地形で、工事も難航を極めたようだ。
この区間に二箇所連続で掘削されたトンネル(J・K参照)は、今もそのまま道路用として供用され、片や直線、片や曲線で、照明にも明暗の差があるのは面白い。
17年5月

J K
17年5月 17年5月

その後眼下に再び海が見えてくると、前駅に続きホーム跡の残された木津の浜(L参照)に到着する。

駅は集落のかなり高所に設けられ、眺望はよいものの、利用者にとって不便であったことは想像に難くない。また同所に木津駅跡バス停も置かれているが、時刻表は錆びて読み取ることができず、実際にバスが運行されている様子はうかがえない。
L
17年5月
M 駅の先で長い切り通しを抜け、さらに深い左カーブを過ぎると富津地区に入る。入り江を囲むように進むルートの途中にトンネルが一箇所掘削され、一部がコンクリートで補強されるものの、ほぼ原型を保ったまま道路用として利用されている。ただ出口の見通せないカ−ブトンネルの上、内部でのすれ違いも不可能なため、通行車両はかなりの注意を払って進入しているようだ。

地区の東端に位置したのが富津(M参照)で、ここも中心部あるいは港との高低差はかなり大きい。
17年5月
県道は橘湾に沿って南東方向に進み、同時に下り勾配で徐々に高度を下げて、視界の開けた海岸沿いの平地に降りる。

少し道幅の広がった道路上を進むと、消防の施設に突き当たって左に折れ、国道57号線に合流する。この突き当たりに終点の雲仙小浜(N参照)が設置されていた。南側の民家前に残る石垣はホーム擁壁跡と言われているが、狭い空間で確認しずらいのは残念なところ。
また小浜温泉街とは大きく離れており、バスとの競争に不利であったことは否めない。
N
17年5月

 参考地形図
1/50000  肥前小浜 [S7部修]
1/25000  愛野 [T15測図]  肥前小浜 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2017-6/15  無断転載禁止 Copyright (C) 2017 pyoco3 All Rights Reserved.